« NASCAR:デニー・ハムリンとカイル・ブッシュの“チェイス”入り確定 (トヨタ) | トップページ | GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン 予選結果 »

2014年8月22日 (金)

WEC:世界耐久選手権の後半戦に向け919ハイブリッドのテストを実施 (ポルシェ)

M14_3195_fine2

プレスインフォメーション 2014年8月22日

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)のLMP1チームは世界耐久選手権(WEC)の後半戦に向けて、919ハイブリッドのテストをドレスデン近郊のユーロスピードウェイ ラウジッツにて8月19日から21日に行いました。ワークスドライバーのニール・ジャニ(スイス)とロマン・デュマ(フランス)、マーク・ウェバー(オーストラリア)はこの3日間のテストで2,031kmを走破いたしました。3日間のテスト中、ユーロスピードウェイは天候にも恵まれ、最高気温20度、コースは終始ドライで時折強い風が吹く程度という絶好のコンディションでした。
ティモ・ベルンハルト(ドイツ)、ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)、マーク・リーブ(ドイツ)は7月に南フランスのポールリカールで919ハイブリッドのテストを行い、2,167kmを走行しています。

チーム監督のアンドレア・ザイドルはテストの結果をポジティブに受け止めています。「目標は919ハイブリッドのパフォーマンスを向上させるというシンプルなものでした。ル・マン前は信頼性を最重要課題として取組んでいたためマシンの仕様を変更することはできませんでした。これまでの3レースで我々は多くのことを学び、919ハイブリッドのポテンシャルを理解しました。そして今はやるべきことのひとつひとつをリストに従って取り組んでいます。マシンはすべての面において進歩できたので、今回のテストは成功したと言って良いと思います。特に新たに導入した空力パーツにより919ハイブリッドのダウンフォースは大幅に増加したことで、残りのWECシリーズで素晴らしいパフォーマンスを発揮することでしょう。トラブルもなく、すべてのテストプログラムを終えられたことに感謝しています。」

WECの後半戦はテキサス州オースティンで9月20日にスタートし、翌第5戦は富士スピードウェイにて”6 Hours of Fuji”として行われます(予選10月11日、決勝10月12日)。富士同様、今シーズンの残り3戦も6時間レースとして上海(11月2日)、バーレーン(11月15日)、サンパウロ(11月30日)で開催される予定です。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

|

« NASCAR:デニー・ハムリンとカイル・ブッシュの“チェイス”入り確定 (トヨタ) | トップページ | GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:世界耐久選手権の後半戦に向け919ハイブリッドのテストを実施 (ポルシェ):

« NASCAR:デニー・ハムリンとカイル・ブッシュの“チェイス”入り確定 (トヨタ) | トップページ | GP2:Rd.8スパ・フランコルシャン 予選結果 »