« NASCAR:Rd.27シカゴランド レース結果 | トップページ | NASCAR:“チェイス”開幕。3人の“チェイス”ドライバーが着実にトップ10フィニッシュ (トヨタ) »

2014年9月16日 (火)

WEC:トヨタ・レーシング 新たなドライバーを加え、WEC後半緒戦オースティンへ

(C)Toyota Racing 拡大します

2014年9月15日(月)

トヨタ・レーシングは今週末の9月20日(土)、6月のル・マン24時間レース終了後から3ヶ月にわたるインターバルを経て、アメリカ・テキサス州オースティンで行われるFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間からシリーズ後半戦へと臨む。

2014年シーズン全8戦中3戦が終了した現在、マニュファクチャラーズ選手権ではトヨタ・レーシングが1ポイントリードでの首位。また、TS040 HYBRIDの#8ドライバーであるアンソニー・デビッドソン、ニコラス・ラピエール、セバスチャン・ブエミの3人は、ドライバーズ選手権で2位以下に20ポイント差の首位につけている。

TS040 HYBRIDの#7は、日本のレースとの日程の都合上、中嶋一貴は参戦を見合わせる。代わりに、テスト兼リザーブドライバーであるイギリス人マイク・コンウェイがドライバーラインナップに名を連ね、レギュラードライバーのアレックス・ブルツ、ステファン・サラザンとともにハンドルを握る。

先月31歳の誕生日を迎えたコンウェイは、シリーズ参戦している米国インディカー・シリーズで今季2勝を挙げている。

6月のル・マン24時間レースには専用のローダウンフォース仕様で臨んだTS040 HYBRIDは、オースティンのレースではハイダウンフォース仕様に戻される。このハイダウンフォース仕様は、開幕戦シルバーストーンで1-2フィニッシュを挙げている。

このハイダウンフォース仕様のパッケージは8月にマニクール・サーキットで2日間のテストを行った。テストはコンウェイとラピエールが担当し、オースティンに向けての準備を終えた。

四輪駆動で1000馬力を発揮するTOYOTA HYBRID SYSTEM RACING(THS-R)は、5.516kmのサーキット・オブ・ジ・アメリカズでは3.76MJのハイブリッドブーストをコースのどのポイントでも発揮することが許される。

オースティンでは18日(木)に14:45(日本時間翌19日4:45)と19:30(同9:30)からそれぞれ90分ずつの練習走行セッション。19日(金)は10:20(同0:20)からの1時間の最終練習走行セッションを経て、18:35(同8:35)からLMPクラスの予選が行われる。決勝レースは20日(土)17:00(同7:00)、深夜に及ぶ6時間レースのスタートが切られる。

トヨタモータースポーツニュース

木下美明 チーム代表:
「我々はル・マンで起きたことをつぶさに振り返って、今季はチャンピオンシップを獲る、と固く心に決めた。オースティンは、多忙な後半戦の始まりであり、我々が望む結果を得るためにはベストを尽くさなければならない。レースに向けた準備は整っている。マイクが我々のレースチームに加わるのは歓迎だ。彼は速く、聡明なドライバーで、レギュラードライバーと同等に走ることが出来ると期待している。今週末のレースではTS040 HYBRID をハイダウンフォース仕様に戻すが、このパッケージはシルバーストーンでその強さを証明済みなので、オースティンでも同様の成果を得られると確信している」

アレックス・ブルツ (TS040 HYBRID #7):
「待ちわびたシーズン後半戦がスタートする。私にとっては、オースティンでのレースは初めてだが、実はサーキットの設計時にコースレイアウトのアドバイザーをしていたので、全てのコーナーを熟知している。良いレースが出来る、高速で流れるようなコースなので、自らレースを体験出来るのが楽しみだ。長い夏休みの後だが、今週末のレースに集中し、早くリズムを取り戻すことが重要だ。タフなレースになるが、我々にはTS040 HYBRIDという勝てる武器がある」

ステファン・サラザン (TS040 HYBRID #7):
「この夏は、他のレースやラリープロジェクトで忙しくしていたが、TS040 HYBRIDのハンドルを再び握ることが出来ることをとても楽しみにしている。アレックスと私には今週末、マイクという新しいチームメートが加わる。マイクと一緒にレースが出来る初のレースウィークエンドだが、強力なラインナップになると信じている。オースティンのコースは楽しめるし、アメリカでレースをするのも好きだ。素晴らしい雰囲気だし、ファンはモータースポーツを愛している。アウディ、ポルシェとの激闘になると思うが、ナイトレースというのがまた格別だ」

マイク・コンウェイ(TS040 HYBRID #7):
「TS040 HYBRIDでの初レースに本当に興奮している。特にWECのアメリカラウンドというのも格別だ。他のレースシリーズをアメリカで戦っているので、アメリカのファンを前にレースをするのは本当にアットホームな感じがする。先月のマニクール・サーキットでは良いテストが出来た。おかげで、四輪駆動1000馬力のハイブリッドシステムに順応出来たし、ケルンのTMGではシミュレーターセッションを行い、LMP1でのレースデビューには万全の準備が出来たと思う。チームメンバー、それからアレックス、ステファンと共にオースティンで一緒に戦うことを待ちきれない」

アンソニー・デビッドソン (TS040 HYBRID #8):
「ル・マンでのレースが随分と前のことの様に感じる。レースドライバーにとって3ヶ月もコックピットから離れるのは非常にフラストレーションが溜まるものだ。準備はもう出来ており、オースティンでスタートするのを待ち切れない。オースティンは素晴らしいコースで、走っていても本当に楽しいコースのひとつだ。この週末は、アメリカでチャンピオンシップのリードを更に広げることが目標だ。簡単には行かないことも知っているし、我々のライバルが3ヶ月前のままではないことも承知しているが、同様に我々も挑戦への準備は出来ている」

ニコラス・ラピエール (TS040 HYBRID #8):
「オースティンで去年レースを戦っていないので、今年は初めてのレース。どんなドライビングをすることになるのかとても楽しみだ。素晴らしいコースだとチームメイトからも聞いているので、表彰台の一番高いところに戻りたい。今シーズンは2台体制で素晴しいスタートを切れた。しかし、ル・マンは3位で終わることが出来たとはいえ、TS040 HYBRIDの戦闘力は高かっただけに、とても残念だった。しかし、今はもう過去のことであり、チャンピオンシップを獲ることに完全に集中している」

セバスチャン・ブエミ (TS040 HYBRID #8):
「とてもモチベーションは高い。選手権をリードしてこのレースに臨むのだが、残りのシーズンもこのリードを維持したい。タフなレースになるが、我々は楽観もしている。何故なら、TS040 HYBRIDは今シーズンの勝利を狙える戦闘力を備えている。オースティンのコースは我々のTS040 HYBRIDにうまくフィットしていて、昨年勝利を競い合った良いイメージもある。オースティンはとても暑くなるが、今回はナイトレースなのが救いだ。これはファンにとっても同じで、たくさんの声援を期待している」

オースティンでのトヨタ・レーシングの戦績:
2012 開催なし
2013 TS030 HYBRID #8 予選3番手、 決勝2位 

|

« NASCAR:Rd.27シカゴランド レース結果 | トップページ | NASCAR:“チェイス”開幕。3人の“チェイス”ドライバーが着実にトップ10フィニッシュ (トヨタ) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング 新たなドライバーを加え、WEC後半緒戦オースティンへ:

« NASCAR:Rd.27シカゴランド レース結果 | トップページ | NASCAR:“チェイス”開幕。3人の“チェイス”ドライバーが着実にトップ10フィニッシュ (トヨタ) »