« WEC:ポルシェ919ハイブリッドは3位でポディウムを獲得 | トップページ | WTCC:Rd.10上海 レ-ス結果 »

2014年10月13日 (月)

WEC:911RSRが富士スピードウェイの1コーナーで餌食となる

(C)Porsche Japan KK. 拡大します


プレスインフォメーション 2014年10月12日
世界耐久選手権第5戦Six hours of Fuji :GTE-Proクラス

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)の911 RSR はワークスチームであるポルシェ チーム マンタイとして参戦した世界耐久選手権(WEC)第5戦Six hours of Fuji において、スタートして間もなく1コーナーで起きた接触に巻き込まれ、4位 (カーナンバー91、イェルク・ベルクマイスター/リヒャルト・リーツ組) と6位 カーナンバー92、パトリック・ピレ/フレデリック・マコウィッキ組) でレースを終え、 GTE-Proクラスのタイトルを決定するチャンスを逃しました。

予選で2列目のグリッドを獲得したゼッケン92のスタートドライバーを担当したパトリック・ピレは、ライバルが起こした接触事故に巻き込まれて大きなダメージを負いました。第7世代となるポルシェ911をベースにヴァイザッハで研究/開発された470馬力を誇るGTマシンである911RSRは、修理におよそ7ラップ分の時間を費やしてコースに復帰しました。ピレは最後尾から必至の追い上げを見せてパートナーであるマコウィッキにスタアリングを託しましたが、クラス6位でチェッカーを受けました。もう一方、ゼッケン91の911RSRは初めてコンビを組んだベルクマイスターとリーツによりチームメイトより2ポジション上の4位でゴールいたしました。

GTE-Amクラスではカスタマーチームであるプロスピードコンペティションの911RSRが、エマニュエル・コラール/フランソワ・ペロード/マチュー・ヴァクシヴィエール のフランス人トリオにより3位に入りました。プロスピードコンペティションが表彰台の上るのは今シーズン初めてのことです。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

ポルシェ モータースポーツのGTカテゴリー責任者であるフランク=シュテッフェン・バリサー博士は「残念ながら今日は何もできませんでした。最初のコーナーで1台を失い、その後に挽回することは叶わず、もう1台は素晴らしい仕事をしましたが、これ以上の結果を望むことは不可能でした。ポジティブなことは、ダメージを受けた後もしっかりとレースを走り切ったという点です。GTE-Amクラスの2台の911RSRは素晴らしいパフォーマンスで3位を獲得できたのがせめてもの救いです」。

GTE-Proクラス ポルシェ911 RSR(カーナンバー91)
イェルク・ベルクマイスターのコメント:
「フリープラクティスの時点でタイヤが大きな役割を果たすということは分かっていました。しかしスタート直後からリヤタイヤがどうにもならなかったのです」。

リヒャルト・リーツのコメント :
「最大限の努力はしました。完璧なピットストップをはじめ、チームは素晴らしい仕事をしてくれましたので、我々は満足するべきなかも知れませんが、残念ながら期待通りの結果は得られませんでした」。

ポルシェ911 RSR(カーナンバー92)
パトリック・ピレ(フランス)のコメント:
「最初のコーナーでレースは事実上終わりました。接触を起こしたアストンマーティン同士はアクセルを緩めなかったので、イン側にスライドし私にヒットしてきました。避けることは不可能でした。ダメージは大きくピットで修復している間にレースをする権利を失ったのです。ツイてなかったということでしょう。もう少し運に恵まれることを期待して、次戦の上海へ気持ちを切り替えます」。

フレデリック・マコウィッキ(フランス)のコメント:
「この結果は明らかに我々の準備に値するものではありません。スタートして最初のコーナーで全てが決まりました。しかし、これもモータースポーツです。それ以上のダメージを受けること無くチェッカーを受けたことが重要であり、唯一良かったことです。今回失ったポイントを次の上海で取り返したいと思います。

WECの第6選は上海において11月2日に開催される予定です。

レース結果
GTE-Pro クラス
1. ブルーニ/バイランダー(イタリア/フィンランド)組、フェラーリ458イタリア 、208周
2. リゴン/カラド(イタリア/イギリス)組、フェラーリF458イタリア、 208周
3. マクドウォール/オーヤング/リース(イギリス/香港/ブラジル)組、アストンマーティンヴァンテージ、 207周
4. ベルクマイスター/リーツ(ドイツ/オーストリア)組、ポルシェ911 RSR、 207周
5. ターナー/ミュッケ(イギリス/ドイツ)組、アストンマーティンヴァンテージ 、204周
6. マコウィッキ/ピレ(フランス/フランス)組、ポルシェ911 RSR 、201周

GTE-Am クラス
1. ポールセン/ハンソン/スタナウェイ(デンマーク/デンマーク/ニュージーランド)組、アストンマーティンヴァンテージ、 207周
2. ダララナ/ラミー/ニゴール(カナダ/ポルトガル/デンマーク)組、アストンマーチンヴァンテージ、 207周
3. コラール/ペロード/ヴァクシヴィエール (フランス/フランス/フランス)組, ポルシェ 911 RSR 、204周
4. リード/バッハラー/アルクバイシ(ドイツ/オーストリア/アラブ首長国連邦)組、ポルシェ911 RSR、204周
5. カーティス/ブリークモレン/スキーン (アメリカ/オランダ/アメリカ)組、フェラーリ458イタリア、 203周
6. ワイアット/ルゴーロ/ベルトリーニ(オーストラリア/イタリア/イタリア)組、 フェラーリ458イタリア、 169周

|

« WEC:ポルシェ919ハイブリッドは3位でポディウムを獲得 | トップページ | WTCC:Rd.10上海 レ-ス結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:911RSRが富士スピードウェイの1コーナーで餌食となる:

« WEC:ポルシェ919ハイブリッドは3位でポディウムを獲得 | トップページ | WTCC:Rd.10上海 レ-ス結果 »