« NASCAR:Rd.34テキサス 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.6上海 フリー走行3回目結果 »

2014年11月 1日 (土)

WEC:雨の上海でトヨタ・レーシングが幸先の良いスタート

#8 Toyota TS040 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

2014年10月31日(金)
WEC第6戦上海6時間公式練習初日

10月31日(金)から11月2日(日)にかけて、中国の上海国際サーキットで、FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦上海6時間レースが開催されています。31日(金)は2度にわたる公式練習が行われ、選手権争いでシリーズをリードするトヨタ・レーシングは、雨に煙る中行われた上海6時間レースの練習走行でトップタイムを記録し、幸先の良いスタートを切りました。

ドライバーズ選手権を26点差でリードするアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミの駆るTS040 HYBRID 8号車が、雨脚の強くなる前に公式練習走行2回目でトップタイムを記録しました。

アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、中嶋一貴の乗る7号車がこれに僅差で続き、3週間前の富士6時間レースでの1、2位を彷彿とさせました。

これまでに5レースが消化された今シーズン、トヨタ・レーシングは4輪駆動1000馬力のTS040 HYBRIDで3勝を挙げ、マニュファクチャラーズ選手権でも2位に8点差でトップを堅持しています。

上海の1日目は雨で開けました。トヨタ・レーシングの2台は最初ウエットタイヤで、次に溝のないハイブリッド・インターミディエイトタイヤを履き、最後はスリックタイヤに履き替えての走行でした。コース・コンディションが変化する中、チームはそれぞれのタイヤを試すことが出来、同時にタイムの向上にも繋がりました。

雨が降る前の公式練習1回目で、チームは様々な空力仕様とメカニカルセットアップを試しましたが、2台揃って高い信頼性を誇り、合計392kmの距離を走破しました。このセッションで、今日が誕生日のブエミが操る8号車がトップタイム、サラザンの7号車が2番手のタイムを記録しました。

午後の公式練習2回目も天候の変化に見舞われましたが、序盤に降り続いた霧雨のおかげでドライバーはウエット・コンディションの上海サーキットを経験出来ました。しかし、雨は終盤に向けて強さを増し、17分を残して赤旗が提示され、セッションは予定より早く切り上げられました。その時点でデビッドソンの8号車がトップタイム、ブルツの7号車が2番手タイムをたたき出していました。

明日11月1日(土)は午前9時半(日本時間午前10時半)より1時間にわたる最後の公式練習走行の後、午後1時55分(同午後2時55分)より25分間でLMPクラスの予選が行われます。決勝レースは2日(日)午前11時(同正午)に6時間のスタートが切られます。

トヨタモータースポーツニュース

TS040 HYBRID 7号車:
(アレックス・ブルツ/ステファン・サラザン/中嶋一貴)
公式練習1回目: 2番手(1分50秒981) 34周
公式練習2回目: 2番手(1分49秒806) 22周

アレックス・ブルツ:
予定していたプログラムは全てこなし、やりたいテストが出来た。午後の走行セッションの終わりは、ウエット路面になり、走っていて楽しかった。これからデータを見て明日の公式練習と予選に向けた改善をする。大変意義のある良い日になり、週末が楽しみだ。

ステファン・サラザン:
テストという意味では、とても面白い1日だった。TS040 HYBRIDはとても良い状態で、走りだしの最初から速かったし、いろいろな種類のタイヤも評価出来た。2回目のセッションの最初の周回では完全にウエット路面でしたが、TS040 HYBRIDは素晴らしく、驚くほどグリップも高かった。天気予報によると決勝日はドライのようだが、例え雨が降っても私達のクルマは大丈夫だと思う。

中嶋一貴:
今日はあまり多くの周回はしていませんが、TS040 HYBRIDの戦闘力は高そうなので良いですね。まだバランスが完全ではないので、セットアップを少し変える必要はあると思います。この状況でセットアップをうまく改善するのは難しい作業ですが、データを見ながら予選の前までには決めたいと思います。一日目としては全体に良かったと思います。あとは天気がどうなるか、ですね。

TS040 HYBRID 8号車:
(アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ)
公式練習1回目: 1番手(1分49秒833) 38周
公式練習2回目: 1番手(1分49秒134) 27周

アンソニー・デビッドソン:
天候という点では微妙な日だったけど、あらゆるコンディションを経験出来た。ドライとウエットでのTS040 HYBRIDのバランスには満足している。パフォーマンスは十分だ。いつもの金曜日通り、今夜も宿題が少しある。明日はもう少し天気も良くなって欲しいが、日曜までには晴れてくれることを願っている。

セバスチャン・ブエミ:
我々トヨタ・レーシングの2台のTS040 HYBRIDにとって、良い初日だった。いろいろな条件下でたくさん周回することが出来たからね。決勝日の日曜は、ウエットになって欲しくはないけれど、明日の土曜日は多分ウエットだと思う。なので、今日はさまざまな条件下で走れ、いい経験が出来たと思う。 

|

« NASCAR:Rd.34テキサス 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.6上海 フリー走行3回目結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:雨の上海でトヨタ・レーシングが幸先の良いスタート:

« NASCAR:Rd.34テキサス 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.6上海 フリー走行3回目結果 »