« F3:マカオGP 予選レーススターティンググリッド | トップページ | WTCC:Rd.12(最終戦)マカオ 予選結果 »

2014年11月15日 (土)

WEC:トヨタ・レーシング、バーレーン6時間レースを最前列からスタート

# 8 Toyota TS040 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

2014年11月14日(金)

全8戦で戦われるFIA世界耐久選手権(WEC)も残すところ2戦。その第7戦バーレーン6時間レースの公式予選が終了し、トヨタ・レーシングは2番手と4番手のタイムを記録、最前列グリッドからのスタートとなりました。トヨタ・レーシングは、2013年の第6戦富士6時間レース以来、最前列グリッドからのレーススタートを継続しており、ここバーレーンで10戦連続となります。

今週末の結果次第でドライバーズ選手権タイトル獲得の可能性を秘めたTS040 HYBRID 8号車のアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミは、ポールポジションを奪ったポルシェから僅か0.265秒遅れる1分43秒410のタイムをマーク、2番手グリッドを獲得しました。7号車はアレックス・ブルツとマイク・コンウェイが予選を走り、1分44秒260で予選4番手。この2台で現在29点差をつけてリードしているマニュファクチャラーズ選手権を戦い抜きます。

WECのスターティング・ポジションは複雑な予選システムで決定されます。各車2人のドライバーが最低2周のタイムアタックを行い、それぞれ最速2周の平均タイムを合わせたタイムで決まるのです。

25分の予選セッションが始まるとすぐ、トヨタ・レーシングはまず7号車をブルツが、8号車をデビッドソンがドライブ、それぞれ2周のタイムアタックを終えるとブルツはコンウェイに、デビッドソンはブエミにステアリングを託しました。

共に力強い走りを見せ、7号車のコンウェイはこれまで一度しかTS040 HYBRIDで予選を走ったことがなかったにもかかわらず、セッション終盤まで8号車に続く3番手の速さを見せていました。しかし、セッション終了間際にポルシェに0.069秒先を越され、4番手に後退しました。8号車をデビッドソンから受け継いだブエミは、3周のアタックを終えると、決勝レースに向けてタイヤを温存するために、セッションを終えました。これは、すべての出場車が予選を走ったタイヤで決勝レースをスタートしなければならないルールのためです。

決勝レースは、明日・土曜日の現地時間午後3時(日本時間午後9時)に6時間にわたる熱戦の火蓋を切って落とされます。

トヨタモータースポーツニュース

TS040 HYBRID 7号車:
(アレックス・ブルツ/ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ)
公式練習3回目: 2番手(1分44秒710) 26周
予選:  4番手(平均1分44秒260)

アレックス・ブルツ:
我々の予選は計画通りには行きませんでした。クルマの状態もあまり良くなく、性能を引き出すことが出来ませんでした。時にはこうしたこともあり、悩んでも仕方ありません。とにかく、明日の6時間レースでより良い結果を目指して頑張るのみです。

マイク・コンウェイ:
予選は悪くありませんでした。最初の周回は良かったのですが、プッシュした2周目に急にタイヤが垂れてしまいました。クールダウンしてもう1度タイムアタックを行い、、初めは良かったのですが、セクター3でタイムロスをしてしまいました。残念ながら、我々が求めていたレベルには達することが出来ませんでした。ライバルのポルシェに勝つのはたやすいことではありません。明日は心機一転、出来る限りプッシュして行きます。

TS040 HYBRID 8号車:
(アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ)
公式練習3回目: 5番手(1分46秒226) 21周
予選:  2番手(平均1分43秒410)

アンソニー・デビッドソン:
ドライバーとしてはポールポジションが獲得出来ればそれに越したことはありませんし、ボーナスポイントも獲得出来るので良いのですが、納得出来る結果でした。予選でのポルシェの速さを見て、正直なところ彼らを破ることは難しいと思っていました。それだけに、最前列グリッドを獲得出来たことは本当に喜んでいます。明日はタイヤの摩耗やマネージメントという要素もありますし、全く異なる1日になると思うので、決勝レースが楽しみです。

セバスチャン・ブエミ:
全体的に見て我々のパフォーマンスには満足しています。いつもポールポジションを争っていた我々が、今日、平均タイムでコンマ2秒遅れを取ったというのは、ポルシェが良くやったということです。しかし、我々の競争力は高く、決勝レースではハードなバトルとなったとしても良いペースで周回を重ねられることを確信しています。我々の目標は最後までクリーンなレースを戦うことで、そうすれば自ずと結果は付いてくるはずです。

|

« F3:マカオGP 予選レーススターティンググリッド | トップページ | WTCC:Rd.12(最終戦)マカオ 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング、バーレーン6時間レースを最前列からスタート:

« F3:マカオGP 予選レーススターティンググリッド | トップページ | WTCC:Rd.12(最終戦)マカオ 予選結果 »