« WEC:Rd.6上海 レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.34テキサス レース結果 »

2014年11月 3日 (月)

WEC:トヨタ・レーシング 上海6時間レースを席巻。1-2フィニッシュ。昨年の雪辱を果たし、WECシリーズポイントをさらにリード 。

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2014年11月2日(日)

トヨタ・レーシングは、上海国際サーキットで行われたFIA世界耐久選手間(WEC)第6戦・上海6時間レースで、前戦、富士6時間耐久レースに続いて1-2フィニッシュを飾り、選手権争いを大きくリードしました。

アンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミの駆るTS040 HYBRID 8号車は圧倒的な速さを誇り、今シーズン4度目の勝利。この勝利でドライバーズ選手権ポイントは、2位に42点差をつけています。

アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、中嶋一貴の3人が駆ったTS040 HYBRID 7号車も2位に入り、その結果、マニュファクチャラーズ選手権では残り2戦で2位に29ポイントと差を広げました。

予選日までぐずついた天候に見舞われた上海も、レース当日の今日は快晴に恵まれました。秋の日差しが照りつける中、ブエミが2番グリッドから、ブルツが4番グリッドからスタート。しかし、スタートしてすぐに後方グループでアクシデントが発生、セーフティカーが9周に渡って導入されました。トヨタ・レーシングはそのタイミングを逃さず2台をピットに入れ、タイヤ交換と燃料補給を行いました。これは、レース終盤に燃料補給のためピットへ入ってタイムを失うことを回避するためでした。

セーフティカーが退場してレースが再開された時、ブルツの7号車がブエミの8号車の前に出ていました。8号車は1回目のピットストップ時に燃料補給が充分に出来ておらず、予定外の連続ピットインを強いられたためです。

この序盤のピットインで2台のTS040 HYBRIDは一時順位を落としましたが、大きな時間のロスなく上位に返り咲き、トップ6に食い込んだ時には8号車が7号車の前に出ました。その後ブエミはファステストラップを刻みながら上位を次々と抜き去り、デビッドソンにステアリングを渡した時にはトップに浮上していました。ブルツの7号車もペースを上げて2位に付け、TS040 HYBRIDが1-2体制を整えました。

レースが2時間を過ぎて7号車はブルツからサラザンに交代しましたが、8号車はデビッドソンがそのままドライブを続けました。その後、100周目にデビッドソンはブエミに8号車を託し、7号車に対するリードを保ちました。

レースが最後の2時間を迎える頃、7号車はサラザンから中嶋に交代。ブエミはそのまま8号車のステアリングを握り続けました。レースが1時間を残す頃にブエミは再びデビッドソンに交代しましたが、その時点で8号車は2位の7号車以下に1周の差を付けて完全にレースをコントロールしていました。そして、2台のTS040 HYBRIDは8号車がデビッドソンに、7号車が中嶋にステアリングを託しながら、今シーズン3度目の1-2フィニッシュを飾りました。

上海6時間レースを終え、2014年WECはいよいよ最終ステージに突入します。来る11月15日にバーレーンで第7戦が、11月30日にはサンパウロで最終戦が行われます。トヨタレーシングは今回の勝利に安心すること無く、全力で最終戦まで戦い抜きます。

トヨタモータースポーツニュース

木下美明 チーム代表:
これこそが、我々全員が望んで努力してきた成果です。ピットクルー、ドライバー、それに、特にタイヤマネジメントで頑張ってくれたエンジニア、チームの全員に感謝します。僅差でポールポジョションを逃したのは残念でしたが、今日のレースはみんなが頑張ってくれました。これは世界選手権タイトル獲得のために本当に欲しかった戦績であり、おかげで残るレースの励みにもなります。これでバーレーンとサンパウロに向けても、自信を持って臨めます。

TS040 HYBRID 7号車:
(アレックス・ブルツ/ステファン・サラザン/中嶋一貴)
決勝結果: 2位 188周、ピットストップ6回、最高ラップタイム:1分49秒216

アレックス・ブルツ:
我々にとって最高の結果です。チームでの1-2フィニッシュ以上の良い結果はありません。1周目の後、我々のTS040 HYBRID 7号車はセンサーのトラブルに見舞われたため、レース序盤は全てのパフォーマンスを発揮出来ず、8号車と首位争いに加わることが出来ませんでした。とはいえ、その後のチーム全員の努力のおかげで、7号車も2位でフィニッシュ出来、本当に嬉しいです。

ステファン・サラザン:
チームにとって非常に良いレースになりました。富士に続いての1-2フィニッシュは素晴らしい。今日のレース結果で、我々は最大の目標である、マニュファクチャラーズ選手権で非常に多くのポイントを獲得出来ました。私の担当スティントでは、あまりリスクを負わないように努め、周回遅れ車両を抜く際も慎重にこなし、着実にペースを守ることを心掛けました。目標であるチャンピオン獲得へ向け、チームとしてやるべきことを成し遂げられました。

中嶋一貴:
まず、今日、素晴らしい仕事をしたチームにおめでとうと言いたいです。1-2フィニッシュということは、最高のポイントを獲得出来たことであり、両チャンピオンシップにとって素晴らしい結果となりました。私のスティントはポルシェとの激しい接近戦で、2位でフィニッシュするために、本当に気が気ではありませんでした。可能な限りプッシュした結果、最終的には彼らとの差を広げることが出来たので、とても満足しています。

TS040 HYBRID 8号車:
(アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ)
決勝レース:1位 188周、ピットストップ7回、最高ラップタイム:1分48秒694

アンソニー・デビッドソン:
今日はチームの全員が正しい戦略と手堅いピット作業で、とても良い仕事をしてくれました。誰もが落ち着いて結果を手に入れることに集中していました。富士では我々のTS040 HYBRIDがいちばん速いことを証明しましたが、ここ上海でもそれを示すことが出来て本当に良かった。特に先行車の追い抜きなど、あまりリスクは冒したくなかったので、どちらかというと私にとっては落ち着いたレースが出来ました。シーズンのこの時期に、好成績を得られるというのは願ってもないことで、残り2つのレースでも全力を尽くします。

セバスチャン・ブエミ:
チャンピオン獲得に向け、良いステップを踏めて本当に嬉しい。今日は1-2フィニッシュという予想出来る最高の結果が出せました。チームの全員が本当に良くやってくれましたし、アンソニーも然りです。実に良いレースで、我々のTS040 HYBRIDは最初からゴールまで良く走ってくれました。シルバーストーンと富士に続き、今季3回目の1-2フィニッシュ。バーレーンのレースが待ち切れません。この調子でバーレーンも頑張ります。 

|

« WEC:Rd.6上海 レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.34テキサス レース結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング 上海6時間レースを席巻。1-2フィニッシュ。昨年の雪辱を果たし、WECシリーズポイントをさらにリード 。:

« WEC:Rd.6上海 レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.34テキサス レース結果 »