« DAKAR:ステージ3結果 (1月6日) | トップページ | DAKAR:2台揃って前半戦のアルゼンチンステージを無事終了、ラリーはアンデスを越えてチリへ向かう (日野自動車) »

2015年1月 7日 (水)

DAKAR:2号車がラジエタートラブルで遅れる、1号車は快調にゴールし、市販車部門首位に浮上 (TLC)

01 市販車部門首位に浮上した1号車 (C)TLC

戦況
1月6日は前半戦のアルゼンチンステージ最終日。サン・フアン~チレシト間で284kmのSSが行われた。アンデス山脈の東側を北上するこのルートは過去に何度も使われているが今回の競技は2輪と4輪・トラックが完全に異なる場所に設定された。4輪のコースはサン・フアン市郊外の山間地に始まり中盤からは枯れ川の底など石の多いところもあった。フェシュフェシュも20㎞ほどあり、酷い埃が参加者を苦しめた。

この区間でTLCにアクシデントが発生。1号車三橋淳/アラン・ゲネック組は手堅くSS総合40位/市販車部門1位でゴールしたが2号車ニコラ・ジボン/三浦昂組はひとつめのチェックポイント手前で跳ね石によるラジエターの破損に見舞われた。水温上昇に気づいた乗員がすぐに車両を止め、水漏れを抑える応急措置を施したが修復に約2時間を要し、1号車から1時間59分50秒遅れの総合73位/市販車部門6位でSSを終えた。

この結果によりこの日までの累積順位では1号車が総合32位で2号車に代わって市販車部門首位に浮上。2号車は総合45位に後退したが同部門2位のポジションを守った。

ラリーは7日、594㎞という長い移動区間でアンデス山脈を越えアルゼンチンからチリへ入国。国境を越えたあとコピアポに向けて315kmの競技が行われる。

本日までの累計順位(第3ステージ終了時点)
号車 No ドライバー&ナビゲーター 市販車部門順位 クラス順位 総合順位
1号車 343 三橋 淳/アラン・ゲネック 1 1 32
2号車 345 ニコラ・ジボン/三浦 昂 2 2 45
本日のステージ順位(第3ステージ終了時点)
号車 No ドライバー&ナビゲーター 市販車部門順位 クラス順位 総合順位
1号車 343 三橋 淳/アラン・ゲネック 1 1 40
2号車 345 ニコラ・ジボン/三浦 昂 6 6 73

TEAM VOICE

角谷監督
2号車にトラブルが発生しましたが、あせりはありません。まだまだ序盤であり、最後まで集中力を保って走って欲しいと思います。

三橋ドライバー
体調は改善してきましたがまだ体力が落ちているようで良いリズムに乗れませんでした。車両は前日ショックアブソーバーの特性を調整してもらった結果、ギャップの通過で乗りやすくなり、ステアリングの応答性も向上しました。

アランナビゲーター
今日のコースのナビゲーションは難しいわけではありませんが分岐が連続するところもあって気を遣いました。前日の成績が良かったためスタート順が早く、SS中に後から追い上げてくる改造部門の車両をパスさせるのも大変でした。

ジボンドライバー
今日は調子の悪い一日でした。ラジエターのトラブルはドライバーとしては避けようがありません。でも2年前にも最後までライバルからの逆転を目指したこともあるので、気持ちを切り替えて明日からも集中して行きます。

三浦ナビゲーター
トラブルによるロスタイムは悔しいの一言です。リタイアにならなくて良かったです。クルマは全く問題ないので明日も頑張ります。

トヨタオートボディ・プレスリリース

|

« DAKAR:ステージ3結果 (1月6日) | トップページ | DAKAR:2台揃って前半戦のアルゼンチンステージを無事終了、ラリーはアンデスを越えてチリへ向かう (日野自動車) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60936545

この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:2号車がラジエタートラブルで遅れる、1号車は快調にゴールし、市販車部門首位に浮上 (TLC):

« DAKAR:ステージ3結果 (1月6日) | トップページ | DAKAR:2台揃って前半戦のアルゼンチンステージを無事終了、ラリーはアンデスを越えてチリへ向かう (日野自動車) »