« FRE:Rd.6ロングビーチ レース結果 | トップページ | WEC:Audi、FIA世界耐久選手権(WEC)シーズン開幕に向け万全の準備が整う2015/04/07 »

2015年4月 7日 (火)

WEC:トヨタ・レーシング、 チャンピオンとして開幕戦に挑む

2015年WEC Toyota TS040 (C)Toyota Motorsports 拡大します

WEC第1戦 シルバーストーン プレビュー
2015年4月7日(火)

トヨタ・レーシングは、日本の自動車メーカーとして初めて世界耐久選手権(WEC)を制したチャンピオンチームとして、来る4月12日に行われる2015年WEC開幕戦シルバーストーン6時間レースに参戦します。冬のオフシーズンに行われたテストを順調にこなし、新しいシーズンに向けてチームはタイトル死守へと全力で臨みます。

昨シーズン、トヨタ・レーシングは幸先良く開幕戦シルバーストーン戦を1、2位で飾り、その勝利を皮切りに全8戦中5勝を成し遂げました。その主役であるTS040 HYBRIDは、省エネルギー規則が施行された新時代のモータースポーツにおける最高性能のレースカーであることを証明しました。

しかし、今シーズンはLMP1クラスで戦うアウディ、ポルシェ、トヨタの3メーカーは、いずれも性能を向上させて参戦、WEC史上かつてない激戦が予想されます。

2014年にWECドライバーズ・タイトルを獲得したトヨタ・レーシングのアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミは、開幕戦から新しいチームメイト中嶋一貴を加え、TS040 HYBRID1号車で開幕戦に挑みます。また、デビッドソンとブエミは、1905年以来、タツィオ・ヌボラーリ、スターリング・モス、グラハム・ヒルら偉大なイギリス人ドライバーが獲得して来た伝統ある王室自動車クラブ(RAC)国際ツーリストトロフィー(*注1)の保守にも挑みます。
*注1…シルバーストーンで開催される世界的ツーリングカーレースの勝者に与えられ、2013年からWECの優勝ドライバーに与えられています。

TS040 HYBRID 2号車は今年から、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザンにマイク・コンウェイが正式に加わります。コンウェイはすでに昨年彼らとチームを組んで3戦を戦い、バーレーンで勝利を挙げています。イギリス人のコンウェイが加わることで、TS040 HYBRIDは2台ともイギリス人ドライバーが走る事になり、シルバーストーンでは自国のファンの大きな声援を得ることになるでしょう。

TS040 HYBRIDは昨年仕様から大幅な改良が施され、動力性能と信頼性向上、更に軽量化のために80%の部品が新しく設計し直されました。パワートレインは昨年と比べて信頼性を向上した上に、6MJのハイブリッド・エネルギーを使用し、1000馬力を越える出力を誇ります。空力性能にも当然磨きをかけ、ハイダウンフォース、ローダウンフォースの2仕様を準備しています。高速コーナーの多いシルバーストーンにはハイダウンフォース仕様が持ち込まれます。このハイ、ロー2つのダウンフォース仕様は、3月末にポールリカールで行われたWEC合同テストで試走、満足のいくデータが得られています。

最後に、シルバーストーン6時間レースはトヨタ・レーシングにとって新しいスタートとも言えます。これまでトヨタ・レーシングWECプログラムを牽引してきた木下美明TMG社長が4月1日付けで日本に帰国、後継の佐藤俊男TMG新社長のもとでの初めてのレースになるからです。とはいえ、このレースには木下前社長も来場、佐藤新社長に指揮権の引き継ぎを行います。

レース・スケジュールは4月10日(金)に90分の公式練習が2セッション(午前11時55分、午後3時55分)行われ、翌11日(土)に最終公式練習セッション(午前9時)、続いて公式予選(午後12時30分)が行われます。決勝レースは12日(日)正午(日本時間午後8時)にスタートを切ります。

トヨタモータースポーツニュース

佐藤俊男 チーム代表:
トヨタ・レーシングの一員として最初のレースを迎えるにあたり、とても興奮しています。木下さんとケルンのTMGスタッフ全員から歓待を受け、声援をもらうことが出来ました。今週末、WECのレースウィークという強烈な経験が出来ることを楽しみにしています。私は新しい役割を任されることとなりましたが、何年も前からチームの進化を見守って来ており、チーム代表になることは大きな名誉と思っています。毎年我々は強さを増しており、それは今年も変わらないはずです。勿論、今季も手強いライバルからの挑戦を受けるでしょう。しかし、我々は着実に努力を重ねて来ており、間違いなく更に厳しくなるであろうシーズンへ向け、必要な準備は出来ていると信じています。まずは目前に迫った開幕戦シルバーストーンで、新しいTS040 HYBRIDから最大のパフォーマンスを引き出し、最高のシーズンへとスタートを切るために集中しなくてはなりません。

アンソニー・デビッドソン (#1 TS040 HYBRID):
シルバーストーンは素晴らしいコースで、いつも最高の観客が応援してくれます。それだけに戻れることに興奮し、地元のファンの前で素晴らしい戦いを見せられればと思っています。初めてワールドチャンピオンとしてレースをスタート出来るというのは素晴らしいことで、ゼッケン1のTS040 HYBRIDをドライブするのは最高の気分でしょう。シルバーストーンでその姿を披露出来ることは誇らしく、ゼッケン1を守ることが今年の目標なので、良いスタートが切れればと思っています。セバスチャンと私は昨年、シルバーストーン6時間レースの勝者に送られるツーリストトロフィーも獲得しましたが、モータースポーツ界で最古のトロフィーであるこれを防衛するという意味でも、重要な週末になるでしょう。

セバスチャン・ブエミ (#1 TS040 HYBRID):
シルバーストーンでのレースを予測するのはいつも簡単ではありません。4月の天候は変わりやすく、何が起こるか分かりません。昨年我々は1-2フィニッシュを達成したので、今年もその再現が出来ればと思いますが、ライバルとの相対関係が分からないので、それを予測するには早過ぎます。ゼッケン1を着けてスタートするのは素晴らしい気分です。それは昨年我々が成し遂げた大きな成果を示したものですが、既に過去のことであり、来年もゼッケン1が維持出来るように全力を尽くします。今年も優勝を争えることを期待しています。

中嶋一貴 (#1 TS040 HYBRID):
開幕戦は常に興味深いものです。全ての異なるマニュファクチャラーのパフォーマンスを確認出来るので、本当に楽しみにしています。シルバーストーンでのレースはエキサイティングです。良い印象を持っていますし、多くのハイスピードコーナーを持つ新しいコースレイアウトも素晴らしいものです。昨年は1-2フィニッシュという完璧な結果でシーズンをスタートすることが出来たので、今年もそれが再現出来れば最高です。我々は冬季オフシーズンもハードワークを続けて来たので、高いモチベーションとチームスピリットと共にシルバーストーンに向かいます。目標は勿論優勝です。出来る限りハードにプッシュしていくつもりです。

アレックス・ブルツ (#2 TS040 HYBRID):
シーズンの開幕戦は、ライバルも同じですが、パフォーマンス面で我々がどのレベルにいるのか全く分かりません。タフな戦いになるとは思っていますが、再びトップ争いが出来ることを望んでいます。私はシルバーストーンをよく知っています。非常に高速で荒れた路面を持っていますが、全体的に見ればスポーツカーでのレースには最高のコースです。イギリスのファンは本当にモータースポーツ好きなので、ここに来るのはいつも良い気分です。時に気温が下がったり、風が強まったり、ウェットコンディションになることもありますが、それも英国モータースポーツの聖地であるシルバーストーンでのレースの一部です。

ステファン・サラザン (#2 TS040 HYBRID):
シルバーストーンに行くのを楽しみにしており、当然勝ちたいと思っています。再び1-2フィニッシュでシーズンのスタートが切れれば良いのですが、間違いなくライバルとの激戦になるでしょう。私はシルバーストーンがとても好きで、特に高速セクションは本当に楽しいです。天候は常に大きな要素となりますが、予測は困難です。難しいレースになることが多いのですが、それもシルバーストーンならではのレースといえます。アレックス、マイクと共に戦うシーズンのスタートとなる、この週末が楽しみです。我々には素晴らしいチームスピリットがあり、チームメイトは真のプロフェッショナルです。

マイク・コンウェイ (#2 TS040 HYBRID):
シルバーストーンは私にとってホームレースなので、再びこのコースに戻るのを楽しみにしています。私自身、コースを訪れるのは2013年以来となりますが、新しいコースレイアウトは本当に楽しめると思うし、ハイスピードコーナーなど、我々のTS040 HYBRIDにとても適していると思っています。地元のファンの前で走るのはいつも素晴らしい気分です。イギリスのファンは本当に情熱的で、素晴らしい雰囲気で盛り上げてくれます。シーズンのスタートが待ちきれません。我々がどのレベルにいるのか確かなことは分かりませんが、シルバーストーンでそれは明らかになるでしょうし、出来れば我々が良い位置にいることを望んでいます。

トヨタ・レーシングのシルバーストーンでの戦績:
2012 #7:予選3番手、決勝2位
2013 #7:予選1番手、決勝4位/#7:予選2番手、決勝3位
2014 #7:予選1番手、決勝2位/#7:予選5番手、決勝1位

|

« FRE:Rd.6ロングビーチ レース結果 | トップページ | WEC:Audi、FIA世界耐久選手権(WEC)シーズン開幕に向け万全の準備が整う2015/04/07 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング、 チャンピオンとして開幕戦に挑む:

« FRE:Rd.6ロングビーチ レース結果 | トップページ | WEC:Audi、FIA世界耐久選手権(WEC)シーズン開幕に向け万全の準備が整う2015/04/07 »