« FIA-F3:Rd.2ホッケンハイム 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.2スパ・フランコルシャン レース結果 »

2015年5月 2日 (土)

WEC:TOYOTA GAZOO Racingは6番手、7番手から明日の決勝レースへ

WEC第2戦スパ6時間 予選
2015年5月1日(金)

世界耐久選手権(WEC)第2戦スパ・フランコルシャン6時間レースを、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS040 HYBRIDは6番手、7番手のグリッドからスタートします。

2014年の世界チャンピオン・コンビのアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミは、金曜日の公式練習第1回目の走行でチームメイトの中嶋一貴がアクシデントに見舞われ、戦列を離れたTS040 HYBRID #1号車を予選グリッド6番手に着けました。一方、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイの3人の乗るTS040 HYBRID #2号車は、更にひとつグリッドを下げ、7番手から明日の決勝レースをスタートします。非常に残念な予選結果ではありますが、決勝レースで屈辱を晴らすチャンスがあると考えています。

金曜日の中嶋のアクシデントの後、#1号車の担当メカニック達は、今日の走行に間に合わせるためにTS040 HYBRIDのダメージを受けたモノコックを、ケルンのTMGから運び込んだ新品に交換するために深夜まで猛烈な働きを見せました。その努力でデビッドソンとブエミは予選に向けての最後の公式練習第3回目の走行に間に合いました。

金曜日の2回の公式練習セッションは大雨に祟られる中で行われたために、チームは今日の公式予選に向けてのドライ・セッティングを試すことが出来ませんでした。そのため予選前の公式練習3回目は大忙しでした。

今年、WECの予選は少し方式が変わりました。新しいシステムは、それぞれの車両から選ばれた2人のドライバーがそれぞれ1周のベストタイムを記録し、そのタイムの平均値でグリッドが決まるものです。

公式予選は曇り空でやや暖かい気候の中で行われ、#1号車はデビッドソンが、#2号車はコンウェイが序盤を走り、終盤になるとそれぞれブエミ、サラザンに交替してタイムアタックを繰り広げました。その結果、#1号車はポールポジションから2秒720遅れ、#2号車は3秒162の遅れとなりました。

最後に、ヴェルヴィエールの病院に入院中の中嶋一貴の状態を報告します。一夜明けた今日5月1日、中嶋は見舞いに訪れたチーム関係者に元気な笑顔を見せてくれました。背骨の骨折個所はクラスターで固定され、ベッドに寝た状態ですが、脊髄にはまったく損傷はなく、神経系の障害が残る心配はまったくありません。骨折個所の回復には動かないことが重要で、この週末は病院のベッドでチームメイトの戦いを応援することになります。今は1日でも早い回復を目指して治療に専念しています。

TOYOTA GAZOO Racingは、ご期待に応えるべく、明日の決勝レースも全力で挑みます。

トヨタモータースポーツニュース

TS040 HYBRID 1号車:
(アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴)
公式練習3回目: 7番手(1分59秒850) 20周
予選:  6番手(平均1分57秒487)

アンソニー・デビッドソン:
最初に、ハードワークでスペア・モノコックとの交換作業を間に合わせてくれたメカニックにとても感謝しています。しかし、残念ながら我々にとって今日の予選は厳しい一日になってしまいました。セットアップの面ではベストを尽くし、TS040 HYBRIDの感触は良好でした。明日は違う一日にしたいと思います。昨年我々は僅差でポールポジションを逃しましたが、レースでは勝つことが出来ました。今は、明日を待つだけです。

セバスチャン・ブエミ:
我々は全力を尽くしました。明日も頑張るのみで、それ以上言うことはありません。予選でライバルに遅れを取ったことに驚きはありませんが、予想以上の差でした。残念ではありますが、大変な努力でスペア・モノコックへの交換をしてくれたチームの仲間には感謝しています。明日も全力で戦います。

TS040 HYBRID 2号車:
(アレックス・ブルツ/ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ)
公式練習3回目: 6番手(1分59秒630) 22周
予選:  7番手(平均1分57秒929)

ステファン・サラザン:
厳しい予選になりました。特に、私は2回のアタックラップで共にコース上の混雑に阻まれてしまいました。決勝は良いレースになり、順位を上げられることを望んでいます。我々は多くの選手権ポイントを獲得することが目標ですが、それには良い戦略でポジションを上げるべく戦略が必要です。TS040 HYBRIDはタイヤにも優しく、劣化するにつれて優位となるはずです。明日は、前向きに、レースに臨みます。

マイク・コンウェイ:
ライバルと大きな差がついてしまったことは残念です。ベストタイムを刻むことが出来ず、タイムシート上でも良い位置に着けられませんでした。もう少し周回出来たとしても、予選順位に大きな変化はなかったと思います。明日はどうなるかわかりませんが、ハードに戦い続けて、天候が味方してくれることを望みます。

TOYOTA GAZOO Racingのスパ・フランコルシャンでの戦績:
2013 #7:予選4番手、決勝リタイア(メカニカルトラブル)/#8:予選5番手、決勝4位
2014 #7:予選4番手、決勝3位/#8:予選2番手、決勝1位 

|

« FIA-F3:Rd.2ホッケンハイム 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.2スパ・フランコルシャン レース結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:TOYOTA GAZOO Racingは6番手、7番手から明日の決勝レースへ:

« FIA-F3:Rd.2ホッケンハイム 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.2スパ・フランコルシャン レース結果 »