« LM24:日産、ル・マン24時間レース公式テストを終了 | トップページ | LM24:TOYOTA GAZOO Racing 念願の初勝利へ向けル・マン24時間レースに挑戦 »

2015年6月 2日 (火)

Special:TEAM APEV with MONSTER SPORT世界初の1.1MW(メガワット)レースカーで2015パイクスピーク・ヒルクライムに挑戦 (TEAM APEV)

150601_000(C)TEAM APEV

2015年6月1日
地球環境の保全と持続可能な社会の実現のため、電気自動車の普及促進を目指す電気自動車普及協会(APEV、名誉会長:福武 總一郎、会長:横川 浩)は、「パイクスピークEVチャレンジ実行委員会」を組織し2015年6月22〜28日、アメリカ・コロラド州で開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに「TEAM APEV with MONSTER SPORT」として4年目の挑戦を行います。

TEAM APEV with MONSTER SPORT 世界初の1MW(メガワット)レースカーで2015パイクスピーク・ヒルクライムに挑戦

1916年から始まり、まもなく100周年を迎えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム。アメリカ・コロラド州、ロッキー山脈に広がるナショナルフォレストの雄大な大自然を舞台に行われるシンボリックなイベントにおいて、当プロジェクトでは、2012年の初参戦以来、地球環境の保全と電気自動車の普及を訴えてきました。

本年から始まる第2フェイズでは、2012〜2014年の第1フェイズの実績を基に、電気自動車による初めての総合優勝を達成することを目標に掲げ、電気自動車の可能性を極限まで追求した車両を投入し新たな挑戦に乗り出します。

本年のレース車両「2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」は、新しいシャシー、新しいパワートレーンを持つ新型車です。車両製作においては、タジマモーターコーポレーション、SIM-Drive、RIMAC AUTOMOBILI(クロアチア)が参加。電気自動車開発において優れた技術を持つ3社のコラボレーションによって、世界初の1.1MW(メガワット)の高出力を発揮するレース用電気自動車が誕生しました。また、タイヤサプライヤーは引き続きGiti Tire(シンガポール)が努め、1.1MWもの最高出力に合わせて開発された専用タイヤが供給されます。

ドライバーは、パイクスピーク・レジェンドであり、電気自動車普及協会代表理事を務める田嶋伸博。チーム運営は、モンスタースポーツが担当します。

本年もまた、レースへの挑戦と共に、地球環境の保全と電気自動車の普及に関わる様々な活動を行って参ります。ぜひ当プロジェクトの活動にご支援・ご協力をお願いいたします。

パイクスピーク EV チャレンジ実行委員会

* 詳細なプレスリリースはこちら

|

« LM24:日産、ル・マン24時間レース公式テストを終了 | トップページ | LM24:TOYOTA GAZOO Racing 念願の初勝利へ向けル・マン24時間レースに挑戦 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Special:TEAM APEV with MONSTER SPORT世界初の1.1MW(メガワット)レースカーで2015パイクスピーク・ヒルクライムに挑戦 (TEAM APEV):

« LM24:日産、ル・マン24時間レース公式テストを終了 | トップページ | LM24:TOYOTA GAZOO Racing 念願の初勝利へ向けル・マン24時間レースに挑戦 »