« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

NASCAR:マット・ケンゼスが今季5勝目で“チェイス”次ラウンド進出決定! (トヨタ)

2015年9月29日
トヨタ自動車(株)モータースポーツマーケティング部 

“トヨタ カムリ”は“チェイス”2戦連続1-2フィニッシュ

 ニューハンプシャー州ロードンで行われた“チェイス”の第2戦は燃費戦となり、残り2周で首位に立ったマット・ケンゼスが今季5勝目。前戦のハムリンに続き“チェイス”次ラウンド進出を決めた。ハムリンが2位に入り“トヨタ カムリ”は3戦連続の1-2フィニッシュで4連勝。エクスフィニティ・シリーズでは、エリック・ジョーンズと今大会デビューしたマット・ティフトの19歳コンビが上位を争ったがそれぞれ8位/10位。キャンピング・ワールド・トラック・シリーズでは惜しくも勝利を逃すもベテラン勢が2-3-4位フィニッシュを果たした。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第28戦 Sylvania 300

開催日:9月27日

マット・ケンゼスが今季5勝目で“チェイス”次ラウンド進出決定!
“トヨタ カムリ”は“チェイス”2戦連続1-2フィニッシュ 

15nascar31_1

“チェイス”2戦目を制しデニー・ハムリンに続き2人目の次ラウンド進出を決めたマット・ケンゼス

 

 9月27日(日)、米国北東部ニューハンプシャー州ロードンのニューハンプシャー・モーター・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第28戦「Sylvania 300」が開催された。
 1周1.058マイル(約1.7km)のショートオーバルは、コーナーのバンク角が2度から7度と低く、ほぼフラットな印象のコース。「マジック・マイル」の愛称を持つ。
 1990年に開設されたやや新しいコースで、カップ・シリーズは1993年より開催。カップ・シリーズ戦は年に2回行われており、トヨタはこれまでに5勝。“チェイス”内の開催となる秋の大会では、2012年にデニー・ハムリン、2013年にマット・ケンゼスが勝利。今年初夏の第19戦ではカイル・ブッシュが勝利を挙げている。
 今季後半戦に入って絶好調のトヨタ勢は、直近の12戦で9勝。ここ3戦ではエドワーズ、ケンゼス、ハムリンが勝利を挙げており、今大会カイル・ブッシュが勝利を挙げれば、4戦連続で同一チームの別ドライバーが勝利を挙げることとなる。

 25日(金)正午からの練習走行に続き、午後4時45分から予選が行われ、練習走行でトップタイムと好調なカール・エドワーズが今季3度目のポールポジションを獲得。ハムリンが7番手、ケンゼスが13番手、カイル・ブッシュが17番手で続き、9台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

 

続きを読む "NASCAR:マット・ケンゼスが今季5勝目で“チェイス”次ラウンド進出決定! (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

FIA-F3:Rd.10ニュルブルクリンク レース結果

■フェリックス・ローゼンクビスト(プレマ)が3戦ポールトウウィンの完全勝利

Felix Rosenqvist (Prema Powerteam) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

(C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

続きを読む "FIA-F3:Rd.10ニュルブルクリンク レース結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

WTCC:Rd.10上海 レース結果

■ロペスとミューラーのシトエンが優勝

Jose Maria Lopez (C)WTCC 拡大します

Yvan Muller (C)WTCC 拡大します

続きを読む "WTCC:Rd.10上海 レース結果"

| | トラックバック (0)

WTCC:Rd.10上海 予選結果

■ホセ・マリア・ロペス(シトロエン)が地元のマ・キン・ファ(シトロエン)を抑えてポール

Jose Maria Lopez (C)WTCC 拡大します

続きを読む "WTCC:Rd.10上海 予選結果"

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー レース結果

■マット・ケンセス(トヨタ)が今シーズン5勝目、ランキングトップに立つ

マット・ケンセス (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー レース結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第2レース結果

■ミジェル・モリナ(アウディ)がポールトゥウィン

ミジェル・モリナ (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第2レース予選結果

ミジェル・モリナ (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第2レース予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第1レース結果

■マキシム・マーチン(BMW)がシリーズ2勝目を飾る

マキシム・マーチン (C)DTM/EF3 Media 拡大します

 (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

WTCC:コースバリアの損傷により、予選は日曜朝に延期 (ホンダ)

September 26 2015, QUALIFYING
WTCC Race of China

中国・上海で開催されているFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)では、ターン1のセーフティバリアの修復を行うため、予選が27日(日)朝に延期されることになりました。
上海国際サーキットでは、本日、サポートレースのGT Asiaでアクシデントが発生し、セーフティバリアとその支柱が著しく損傷しました。これを受けて、プロモーターであるユーロスポーツ・イベントと国際自動車連盟(FIA)は、厳しい安全要求事項を守るため、予選を延期することを決定しました。予選開催に向けて、必要な基準を満たすようバリアを修復し、安全ポストを再建する作業を行うとしています。

WTCCジェネラル・マネージャのフランソワ・リベイロ氏は、「予選を延期することは、チーム、観客などすべての関係者にとってよい状況ではありません。しかし、安全は常に最優先事項であり、その点について妥協はできません。WTCCではこれまでの10年間で、異例の事態により予選を延期しなければならなかったこともありますが、その時もイベント自体はしっかり成功しており、今回もそうなるでしょう」とコメントしています。
WTCC中国ラウンドは9月27日(日)に、現地時間の8:40から予選、14:45から決勝を行います。

ティアゴ・モンテイロ選手
「楽しみが先延ばしになっただけです。日曜日はセットアップを十分に調整する時間もなく厳しい一日となりそうですが、条件はみんな同じですから集中してベストを尽くすのみです」

ガブリエーレ・タルクィーニ選手
「いい状況とは言えませんが、レースにとって安全は最重要です。短時間でマシンをセットアップしなければならないというプレッシャーがかかり、大変な一日になりますが、その苦労はどのチーム、ドライバーも同じです。我々も状況を正しく見極め、最善を尽くしたいと思います」

ホンダモータースポーツリリース

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー 予選結果

■カール・エドワーズ(トヨタ)が今シーズン3回目のポールポジション

カール・エドワーズ (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー 予選結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第1レース予選結果

■ルーカス・ルーア(メルセデス)が今シーズン初ポール

ルーカス・ルーア (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.8ニュルブルクリンク 第1レース予選結果"

| | トラックバック (0)

FIA-F3:Rd.10ニュルブルクリンク 予選結果

■フェリックス・ローゼンクビスト(プレマ)が3連続ポール

Felix Rosenqvist (Prema Powerteam) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

続きを読む "FIA-F3:Rd.10ニュルブルクリンク 予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

NASCAR:デニー・ハムリンが勝利!“チェイス”次ラウンド進出確定 (トヨタ)

2015年9月22日
トヨタ自動車(株)モータースポーツマーケティング部 

カップとエクスフィニティで“トヨタ カムリ”1-2フィニッシュ

 シカゴランドで3カテゴリー全てが開催。スプリント・カップ・シリーズでは序盤周回遅れの最後尾に落ちながらも追い上げたデニー・ハムリンが“チェイス”初戦で勝利を挙げ、次ラウンドへの進出を決定。カール・エドワーズが2位、マット・ケンゼスとカイル・ブッシュもトップ10フィニッシュを果たし、ランキングではトヨタ勢がトップ4を占めることとなった。エクスフィニティ・シリーズではカイル・ブッシュとケンゼスが首位を争い、カイル・ブッシュが今季4勝目。ケンゼスが続き1-2フィニッシュ。キャンピングワールド・トラック・シリーズは最後燃費戦となり、キャリア200戦目のティモシー・ピーターズが3位でフィニッシュした。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第27戦 myAFibRisk.com 400

開催日:9月20日

デニー・ハムリンが最後尾から追い上げ勝利!
“チェイス”次ラウンド進出確定

15nascar30_1

“チェイス”初戦を制し、次ラウンド進出一番乗りとなったデニー・ハムリン 

 9月20日(日)、米国中部イリノイ州ジョリエットのシカゴランド・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第27戦「myAFibRisk.com 400」が開催された。
 いよいよNASCAR最高峰スプリント・カップ・シリーズは、終盤10戦でタイトルを争うプレーオフ“チェイス・フォー・ザ・スプリント・カップ”に突入した。
 通称“チェイス”と呼ばれるこのプレーオフは、レギュラーシーズン26戦で16人が選出され、タイトルを争う。10戦のうち、3戦ずつラウンドを区切り、各ラウンド毎に下位4名が脱落。最終戦ホームステッドに残った4名のうち、最上位フィニッシュしたものがシリーズチャンピオンとなる。
 今季、トヨタ勢はマット・ケンゼス、カイル・ブッシュ、カール・エドワーズ、デニー・ハムリン、クリント・ボウヤーの5名が“チェイス”に進出。トヨタにとってはシリーズ参戦以来最多の“チェイス”入りであると共に、“チェイス”直前の12戦で9勝と後半戦に来て調子を上げてきており、悲願のシリーズタイトル獲得に期待がかかる。
 シカゴランドでのカップ・シリーズ戦は2001年より年1戦行われており、トヨタは過去に3勝。2011年からは“チェイス”の開幕戦として行われており、2013年にはマット・ケンゼスがこのシカゴランドと、次戦ロードンで連勝を果たしている。また、カイル・ブッシュも2008年に1勝。この時は併催のネイションワイド(現エクスフィニティ)・シリーズ戦でも勝利を挙げる「スウィープ」を成し遂げており、前日のエクスフィニティ戦を制したカイル・ブッシュの「スウィープ」再現にも期待がかかった。

 18日(金)の昼間に30分ほどの練習走行を行った後、午後5時45分より予選が予定されていたが、その前に行われたトラック・シリーズの予選中から降り始めた雨により、カップ・シリーズの予選もキャンセル。スターティンググリッドは規定に則り、練習走行のタイムで決定された。
 カイル・ブッシュが7番手、ケンゼスが12番手、カール・エドワーズが14番手。クリント・ボウヤーは26番手、デニー・ハムリンは29番手と後方スタート。9台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:デニー・ハムリンが勝利!“チェイス”次ラウンド進出確定 (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

NASCAR:Rd.27シカゴランド レース結果

■チェイス緒戦はデニー・ハムリン(トヨタ)が今シーズン2勝目
  トヨタ勢4台がランキングトップを独占

デニー・ハムリン (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.27シカゴランド レース結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

WEC:TS040 HYBRID #1が4位フィニッシュ。(トヨタ)

Tjm1520se410(C)TMG

WEC第5戦 COTA6時間レース
#2はリタイア。次戦ホームレース 第6戦 富士6時間レースに期待

2015年9月19日(土)

TOYOTA GAZOO Racingにとってサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)6時間レースは苦しい戦いになりましたが、今年のFIA世界耐久選手権(WEC)で開幕戦の3位表彰台に次ぐ4位でレースを終えることが出来ました。

4位に入賞したのはアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴の乗るTS040 HYBRID #1号車。アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイの#2号車はレース中盤のアクシデントで残念ながらリタイアを喫しました。この結果、TOYOTA GAZOO Racingはメーカー選手権をリードするポルシェから119点差で3位を維持しています。

レースはまだ日の高い午後5時にスタートしました。スタート時の気温は33度。閉鎖された運転席で仕事をこなすドライバーにとって、非常に厳しい条件下でのレースになりました。そのため、約45分毎に行われる給油のためのピットストップごとにドライバー交替を行う作戦を取りました。また、暑い条件下で大きな負担がかかるタイヤも同時に交換を予定しました。

スタートドライバーを務めたのは#1号車がブエミ、#2号車がブルツ。ブエミはスタート直後の数周で1台のアウディをかわして4位を走行しましたが、暫くするとスタート順位と同じ5位に落ち着き、ブルツの#2号車を伴っての走行となりました。

レースが3分の1を消化した頃、2台のTS040 HYBRIDは揃ってマイナーなトラブルに見舞われました。まず、デビッドソンの駆る#1号車がピットレーンへの進入でトラブルにあい、予定外の1周をこなさなければならなくなりました。予定外の周回だったために燃料切れの心配があり、最小限の燃料使用に留めるために速度を落として走行、チームメイトの#2号車に5位の座を譲る結果になり、6位に後退しました。

#1号車をトラブルが襲った暫く後、今度は#2号車に災難が降り掛かりました。コンウェイがドライブ中に2台のGTカーに行く手を阻まれてスピン、あわやのところで立て直して事なきを得ました。しかし、レースが中盤戦に差し掛かった頃、再び周回遅れを抜こうとした際に第11コーナーでコントロールを失ってスピン、今度はガードレールとの接触を避けきれず、TS040 HYBRIDの前後部に大きなダメージを負ってレースからリタイアせざるを得ませんでした。

その後、#1号車が先のピットレーン進入時のトラブルを問われてストップ・ゴーのペナルティを科せられました。その後は問題なくレースが進み、#18号車ポルシェを襲った技術的なトラブルにも助けられて、中嶋の運転する#1号車は優勝したポルシェ#17号車から2周遅れの4位でレースを終えました。

このレースを終えてWECはアジアでの2連戦に向けて海を渡ります。最初はトヨタのホームレースである富士6時間レースが10月11日(日)に、続いて中国における上海6時間レースが11月1日(日)に行われます。その後WECは11月21日(土)のバーレーン6時間レースでシーズンを締めくくります。

TOYOTA GAZOO Racingへの皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "WEC:TS040 HYBRID #1が4位フィニッシュ。(トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

WEC:Rd.5オースチン レース結果

■ポルシェ17号車がオースチンを制す、アウディ2-3位
  トヨタ1号車が4位

No.17 Porsche 919 Hybrid (C)WEC 拡大します

(C)WEC 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.5オースチン レース結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

NASCAR:Rd.27シカゴランド 予選結果

■雨のため予選中止、プラクティスタイムによりケビン・ハービックがポール

ケビン・ハービック (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.27シカゴランド 予選結果"

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.5オースチン 予選結果

■ポルシェが1-2グリッド、18号車がポールポジション

No.18 Porsche 919 Hybrid (C)WEC 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.5オースチン 予選結果"

| | トラックバック (0)

WEC:テキサスの炎天下と夜間走行セットアップ (トヨタ)

Tjm1517se214(C)TMG.

2015年9月17日(木)
WEC第5戦公式練習初日

9月17日(木)、アメリカ・テキサス州オースティンでFIA世界耐久選手権(WEC)第5戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースの公式練習初日が行われました。

夏のような暑さと高い湿度がドライバーやチームのスタッフを苦しめましたが、1時間半ずつ2回・合計3時間の公式練習は昼と夜の両条件下で行われ、9月19日(土)の午後5時から深夜11時に及ぶ決勝レースに向けて、確かな手応えを得ることが出来ました。

アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴の乗るTS040 HYBRID#1号車は公式練習1回目を4番手、公式練習2回目を5番手で終えました。アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイの#2号車はそれぞれのセッションで5番手、6番手でした。中嶋一貴にとってこのサーキットを走るのは初めての経験でした。

公式練習1回目は日も高い真昼に行われ、9月半ばにもかかわらず気温は35℃にも達していました。それでもチームはレースに向けて最適なセットアップを見つけようと、様々な種類のタイヤをトライし、公式練習1回目では2台のTS040 HYBRIDはライバルのLMP1より多くの周回をこなしました。周回数は2台の合計で68周、距離にして375kmに及びました。#1号車でベストタイムを出したのはブエミ、#2号車はコンウェイでした。

午後8時から始まった公式練習2回目はル・マン以来の夜間走行となりました。TOYOTA GAZOO Racingはこのセッションで数回にわたりコースを外れて走行したために、5分間のペナルティを3回(#1号車が1回、#2号車が2回)受けました。しかし、それ以外はスムーズにセッションを終えることが出来ました。このセッションでもブエミが#1号車のベストタイムを、コンウェイが#2号車のベストタイムを記録しました。

18日(金)は、公式練習3回目が午前10時半から行われ、午後6時15分から公式予選が行われます。

TOYOTA GAZOO Racingへの皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "WEC:テキサスの炎天下と夜間走行セットアップ (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.5オースチン フリー走行結果

■ポルシェ2台が3番手以下に大差をつけて1-2タイム

No.17 Porsche 919 Hybrid (C)WEC 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.5オースチン フリー走行結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

NASCAR:マット・ケンゼスがレースを支配し今季4勝目! (トヨタ)

2015年9月14日
トヨタ自動車(株)モータースポーツマーケティング部 

クリント・ボウヤーが“チェイス”入り。トヨタは5人が“チェイス”へ

 NASCARのプレーオフ“チェイス”前最後となる第26戦がリッチモンドで行われ、マット・ケンゼスがレースを支配し今季4勝目。カイル・ブッシュが2位で続き“トヨタ カムリ”が1-2フィニッシュ。クリント・ボウヤーもトップ10フィニッシュでトヨタ5人目となる“チェイス”入りを決めた。エクスフィニティ・シリーズでは序盤首位を争ったカイル・ブッシュが終盤追い上げたが惜しくも2位に終わった。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第26戦 Federated Auto Parts 400

開催日:9月12日

マット・ケンゼスがレースを支配し今季4勝目!
クリント・ボウヤーが“チェイス”入り。トヨタは5人が“チェイス”へ 

15nascar29_1

トヨタは参戦以来最多となる5人が“チェイス”入り。左からクリント・ボウヤー、カール・エドワーズ、デニー・ハムリン、カイル・ブッシュ、マット・ケンゼス 

 9月12日(土)、米国東部バージニア州リッチモンドのリッチモンド・インターナショナル・レースウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第26戦「Federated Auto Parts 400」が開催された。
 年間36戦開催される同シリーズの終盤10戦を迎えた時点で、一旦上位16名のポイントをリセットし、タイトルを争うプレーオフ“チェイス”へ向け、いよいよ最後の1戦となった。トヨタ勢では、負傷により序盤の11戦を欠場したカイル・ブッシュが回復からの復帰後、猛烈なペースで好成績を続け、1戦を残して“チェイス”入りを決定。前戦今季2勝目を上げたカール・エドワーズ、シーズン3勝のマット・ケンゼス、1勝のデニー・ハムリンを加えた4名が既に“チェイス”入りを決めている。
 最後の1戦では、“チェイス”ランキングで範囲内の16位につけているクリント・ボウヤー、ランキング30位以内につけているため勝利を挙げれば“チェイス”入りが決まるデイビッド・レーガンの“チェイス“入りがなるかどうかに注目が集まった。
 60年以上に渡ってNASCARが開催されてきた伝統のコース、リッチモンドでは、年に2戦開催されており、近年は初夏の1戦と、“チェイス”決定の最後の1戦として恒例となっている。過去トヨタ勢は7勝。うちカイル・ブッシュが4勝。カイル・ブッシュは2009年から2012年まで、春の大会で4連勝を飾っている。秋の大会では、2009年、2010年に地元ヴァーニジア州出身のハムリン、2012年はボウヤーが勝利を挙げており、その再現に期待がかかった。

 11日(金)昼を挟んでの2回の練習走行に続き、午後5時45分より予選が行われ、ケンゼスが最前列2番手グリッド。その後方4番手グリッドにカイル・ブッシュ、5番手にデイビッド・レーガン、7番手にエドワーズがつけた。今週初め、バスケットボールのプレイ中に負った右膝十字靱帯の負傷を押しての出場となったハムリンは25番手。ボウヤーは26番手から決勝に臨むこととなった。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:マット・ケンゼスがレースを支配し今季4勝目! (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

WTCC:Honda Civic WTCCが2戦連続両レースで表彰台を獲得 (ホンダ)

Et150913001hティアゴ・モンテイロ (C)Honda Motor Co Ltd.

September 13 2015, RACE
WTCC Race of Japan

レース2ではモンテイロ選手が優勝し、Honda Civic WTCCは日本ラウンドで3年連続優勝を飾る

2015年9月13日(日)・決勝  
会場:日本 ツインリンクもてぎ(4.801km)  
天候:曇り一時雨  気温:26℃  コースコンディション:ドライ

世界ツーリングカー選手権(WTCC)第9戦日本ラウンドは決勝レースを迎えました。ツインリンクもてぎは朝から厚い雲に覆われ、レースが開始される午後2時には、時折り細かい雨が落ちてくるコンディションとなりました。

Et150913008h

(C)Honda Motor Co Ltd.

レース1は午後2時15分、小雨が上がったドライコンディションでスタートが切られました。ポールポジションからスタートした「ゼングー・モータースポーツ(Zengő Motorsport)」のノルベルト・ミケリス選手は、スタート直後にトップを奪われ2番手となります。「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム(Castrol Honda World Touring Car Team)」のガブリエーレ・タルクィーニ選手は6番手から、ティアゴ・モンテイロ選手はエンジン交換のため最後尾となる17番手からのスタートでしたが、ともに好スタートを切りポジションアップに成功。タルクィーニ選手は、オープニングラップで3番手に上昇し、2番手のミケリス選手の背後からトップ争いに加わりました。モンテイロ選手も周回ごとに順位を上げ、5周目には入賞圏内となる10番手となりました。
ミケリス選手は、序盤こそトップに1秒差以内まで迫りました。しかし、後半タイヤが苦しくなり2位でフィニッシュし、追撃及ばず。タルクィーニ選手は3番手を守りきり、Honda Civic WTCCが2-3フィニッシュを達成しました。モンテイロ選手は9位となり、ポイント獲得を果たしています。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "WTCC:Honda Civic WTCCが2戦連続両レースで表彰台を獲得 (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.26リッチモンド レース結果

■マット・ケンセス(トヨタ)が今シーズン4勝目、シリーズ通算35勝目を挙げる
  チェイス進出ドライバーが決定

マット・ケンセス (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.26リッチモンド レース結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第2レース結果

■ルーキーのトム・ブロンクビスト(BMW)がシリーズ初優勝を飾る

トム・ブロンクビスト (C)DTM/EF3 Media 拡大します

(C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第2レース予選結果

■アウガストロ・ファーフス(BMW)が今シーズン初のポールポジション

アウガストロ・ファーフス (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第2レース予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

WTCC:Rd.9もてぎ 第2レース結果

■第2レースはティアゴ・モンテイロ(ホンダ)がホーム優勝
  ロペス、ミューラーのシトロエン2台はマシントラブルで共にリタイヤ

Tiago Monteiro (C)WTCC 拡大します

(C)WTCC 拡大します

続きを読む "WTCC:Rd.9もてぎ 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

WTCC:Rd.9もてぎ 第1レース結果

■ホセ・マリア・ロペス(シトロエン)がもてぎの第1レース優勝

Jose Maria Lopez (C)WTCC 拡大します

(C)WTCC 拡大します

続きを読む "WTCC:Rd.9もてぎ 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

WTCC:ホームレースとなる日本ラウンドでミケリス選手が予選トップタイムをマーク (ホンダ)

Et150912001h(C)Honda Motor Co Ltd.

September 12 2015, QUALIFYING
WTCC Race of Japan

レース1ではミケリス選手がポールポジションから、レース2では2列目スタートのモンテイロ選手が勝利を目指す

2015年9月12日(土)・予選  
会場:ツインリンクもてぎ(4.805km)   天候:晴れ
気温:26℃  コースコンディション:ドライ

世界ツーリングカー選手権(WTCC)は、約2カ月間のサマーブレイクを終え、シーズン後半戦に入りました。その初戦となる第9戦日本ラウンドは、これまでの鈴鹿サーキットからツインリンクもてぎに舞台を移しました。ツインリンクもてぎのロードコースは、タイトターンが多く、勾配の強いストレートが特徴のコースです。

参戦を予定していた「ホンダ・レーシングチーム・スウェーデン(Honda Racing Team Sweden)」のリカルド・ライデル選手は、体調不調のため欠場となり、「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム(Castrol Honda World Touring Car Team)」のガブリエーレ・タルクィーニ選手とティアゴ・モンテイロ選手、ゼングー・モータースポーツ(Zengo Motorsport)のノルベルト・ミケリス選手の3台が、Hondaのホームレースでの戦いに挑みます。Et150912002h
(C)Honda Motor Co Ltd.

15時30分から開始した20分間のQ1では、1回目のアタックでミケリス選手が1分57秒151、モンテイロ選手が1分57秒169をマークし、その時点での上位につけます。タルクィーニ選手はセッション残り8分の時点でアタックを開始し、1分56秒040をマークします。各車タイムアップを狙うセッション終了間際、モンテイロ選手が1分56秒437、ミケリス選手が1分57秒060とタイム更新を果たしQ1が終了。タルクィーニ選手が2番手、モンテイロ選手が6番手、ミケリス選手が11番手でQ2に進出しました。
続いて行われた10分間のQ2では、1回目のアタックでミケリス選手が1分55秒971をマークし、その時点で3番手につけます。タルクィーニ選手はコースインしましたがすぐにピットに戻りタイヤ交換。1回のアタックにかけることとなりました。セッション終了間際、ミケリス選手は1分55秒711の好タイムを出しトップに立ち、そのままセッションは終了。ミケリス選手はQ2トップでQ3進出を果たしました。タルクィーニ選手はアタック中にわずかにミスし、1分56秒137のタイムで6番手にとどまりました。エンジン交換によりレース1でグリッドダウンのペナルティを受けるモンテイロ選手は、リバースグリッドとなるレース2での好グリッドを狙い、8番手で予選を終えます。
Q2の上位5台が1台ずつタイムアタックを行うQ3において、ミケリス選手は1分55秒596と自己ベストタイムを更新しQ3トップとなり、2013年日本ラウンド以来のポールポジションを獲得しました。
9月13日(日)に行われるレース1においてミケリス選手はポールポジションから、レース2ではモンテイロ選手が2列目3番手と好ポジションからスタートし、日本での勝利を目指します。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "WTCC:ホームレースとなる日本ラウンドでミケリス選手が予選トップタイムをマーク (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第1レース結果

■ティモ・グロック(BMW)シリーズ2勝目をポールトゥウィンで飾る
  BMWの1-2-3-4

ティモ・グロック (C)DTM/EF3 Media 拡大します

(C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第1レース予選結果

■ティモ・グロック(BMW)が今シーズン初のポールポジション
  BMWがトップ3独占

Timo Glock (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.7オッシャースレーベン 第1レース予選結果"

| | トラックバック (0)

WTCC:Rd.9もてぎ 予選結果

■ノルベルト・ミケルス、ホンダの地元でポール獲得

Norbert Michelisz (C)WTCC 拡大します

続きを読む "WTCC:Rd.9もてぎ 予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

NASCAR:Rd.26リッチモンド 予選結果

■ジョーイ・ロガーノ(フォード)が今シーズン5回目のポールポジション

ジョーイ・ロガーノ (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.26リッチモンド 予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

NASCAR:カール・エドワーズが2周遅れから大逆転勝利! (トヨタ)

2015年9月8日
トヨタ自動車(株)モータースポーツマーケティング部 

“トヨタ カムリ”はダーリントンの両レース制覇

伝統の難コース、ダーリントンで行われたスプリント・カップ・シリーズ第25戦は、中盤2周遅れになりながらも見事な追い上げを見せ逆転したカール・エドワーズが今季2勝目。デニー・ハムリンが3位、カイル・ブッシュが7位に入り、1戦を残してカイル・ブッシュはトヨタ4人目となる“チェイス”入りを決めた。エクスフィニティ・シリーズではハムリンが今季3度目のポール・トゥ・ウィン。カイル・ブッシュが2位、ダニエル・サレスが3位に入り、“トヨタ カムリ”は1-2-3フィニッシュ。ダーリントンの週末の両レースを制した。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第25戦 Bojangles' Southern 500

開催日:9月6日

カール・エドワーズが2周遅れから大逆転勝利!
カイル・ブッシュがトヨタ4人目の“チェイス”確定
 

15nascar28_1

今季2勝目を挙げたカール・エドワーズ 

 9月6日(日)、米国南東部サウスカロライナ州ダーリントンのダーリントン・レースウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第25戦「Bojangles' Southern 500」が開催された。
 1周1.366マイル(約2.2km)のダーリントンはタマゴのような形で、第1,第2ターンと第3,第4ターンの曲率とバンク角が異なり、バンクもアウト側ほど高くなる難コース。壁際ぎりぎりでのバトルが繰り広げられ、壁への接触が多発する。壁にはタイヤの跡が、車体側にも壁と擦った後が多く残り、「ダーリントン・ストライプ」と呼ばれる。
 2004年より昨年までは春の開催であったが、今年より、2003年まで行われてきた伝統的な秋の「レイバー・デイ(労働者の日)」の前日へと移動。これにあわせ懐かしいカラーリングの車両も登場した。
 今大会は、低ダウンフォースパッケージと呼ばれる新空力規定車両で戦われる。この低ダウンフォースパッケージは、7月の第18戦ケンタッキーで既に採用されており、このレースはカイル・ブッシュが勝利、“トヨタ カムリ”は4台がトップ5フィニッシュという強さを見せた。
 ダーリントンではこれまでにトヨタは3勝。カイル・ブッシュ、デニー・ハムリン、マット・ケンゼスが1勝ずつを挙げている。2010年にはハムリンが併催のネイションワイド(現エクスフィニティ)・シリーズとの両レース制覇を達成。この週末も、前日行われたエクスフィニティ・シリーズをハムリンが制しており、5年ぶりの快挙達成にも注目が集まった。
 シーズンは25戦目を迎え、終盤10戦で行われるプレーオフ“チェイス”まであと2戦となった。トヨタ勢はケンゼス、ハムリン、カール・エドワーズの3名が既に“チェイス”入りを確定。年間36戦戦われるNASCARでは貴重な1週間の休暇を経て、“チェイス”へ向けた残り2戦、“チェイス”圏内につけるカイル・ブッシュ、クリント・ボウヤーらの活躍にも期待がかかった。

 4日(金)に2度の練習走行を行い、5日(土)午後1時45分より予選を実施。ハムリンが6番手、カイル・ブッシュ10番手、エドワーズ13番手、ケンゼスが14番手で続き、9台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:カール・エドワーズが2周遅れから大逆転勝利! (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

NASCAR:Rd.25ダーリントン レース結果

■カール・エドワーズ(トヨタ)が今シーズン2勝目

カール・エドワーズ (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.25ダーリントン レース結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

FIA-F3:Rd.9ポルチマオ レース結果

Jake Dennis (Prema Powerteam) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

Felix Rosenqvist (Prema Powerteam) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

続きを読む "FIA-F3:Rd.9ポルチマオ レース結果"

| | トラックバック (0)

GP3:Rd.5モンツァ レース結果

Emil Bernstorff (GBR, Arden International) (C)GP3 Series Media Service 拡大します

Marvin Kirchhofer (GER, ART Grand Prix) (C)GP3 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP3:Rd.5モンツァ レース結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.8モンツァ 第2レース結果

■ミッチー・エバンス(ロシアンタイム)、最終ラップに逆転勝利
  松下 信治(ART)は15位

ミッチ・エバンス (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.8モンツァ 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

GP2:Rd.8モンツァ 第1レース結果

■アレクサンダー・ロッシ(レーシングENG.)がモンツァ第1レースを制す
  松下 信治(ART)はリタイヤに終わる

アレキサンダー・ロッシ (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

松下 信治 (C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.8モンツァ 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

GP3:Rd.5モンツァ 予選結果

Luca Ghiotto (Trident) (C)GP3 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP3:Rd.5モンツァ 予選結果"

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.25ダーリントン 予選結果

■ブラッド・ケセロウスキー(フォード)今シーズン初のポールポジション

ブラッド・ケセロウスキー (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.25ダーリントン 予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

FIA-F3:Rd.9ポルチマオ (アルガルベ)予選結果

Jake Dennis (Prema Powerteam) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

Alexander Albon (Signature) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

Felix Rosenqvist (Prema Powerteam) (C)DTM/Euro F3 Media 拡大します

続きを読む "FIA-F3:Rd.9ポルチマオ (アルガルベ)予選結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.8モンツァ 予選結果

■レッドブルテストドライバーのピエール・ガスリー(DAMS)がシリーズ初ポール
  松下 信治(ART)は10番手スタート

ピエール・ガスリー (C)GP2 Series Media Service 拡大します

松下 信治 (C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.8モンツァ 予選結果"

| | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

WEC:Audi、ニュルブルクリンクでWEC年間ランキングのリードを堅持

A157857_medium(C)Audi Japan

2015/09/01


● マルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエ組が年間ランキングのリードを堅持
● 会場には62,000人もの観衆が来場
● ディ グラッシ / デュバル / ジャービス組が4位を獲得

8月30日 インゴルシュタット / ニュルブルグ: 2015年シーズン折り返しを迎えたFIA世界耐久選手権(WEC)で、マルセル ファスラー(スイス) / アンドレ ロッテラー(ドイツ) / ブノワ トレルイエ(フランス)組が、年間ランキングトップの位置を守り、そのアドバンテージを堅持しました。2012年のチャンピオンでもある彼らは、大観衆を迎えて開催されたニュルブルクリンクでの6時間レースで3位を獲得し、ドライバーズ選手権での17ポイントのリードを守り切りました。

A157858_medium

全8戦中の4戦を終えた時点で、ファスラー / ロッテラー / トレルイエ組が、4月の開幕以来一度も他に譲らずに、年間チャンピオンのランキングトップを維持し続けています。今大会は、FIA世界耐久選手権(WEC)のドイツでの初開催レースで、アウディは優勝獲得の意気込みで臨んでいました。ゼッケン7号車は、予選3番手からスタートし、終始2番手ポジションを維持していましたが、最終的に2台のポルシェに続く3位でゴールしました。レースを振り返りアンドレ ロッテラーが「30度近い気温の中では、シーズン初旬の頃と同じようなペースで走ることは、とても困難でした」とコメントすると、チームメイトのマルセル ファスラーが「重要なことは、私たちが年間チャンピオンランキングのトップを維持したことです」と続き、過去4戦で4回の表彰台を獲得したことを受けたブノワ トレルイエも「優勝争いに食い込むことが出来なかったとしても、私たちは表彰台を獲得し、年間チャンピオン獲得に向けて非常に重要なポイントを獲得することが出来ました」とコメントしています。

ゼッケン8号車を駆ったルーカス ディ グラッシ(ブラジル) / ロイック デュバル(フランス) / オリバー ジャービス(イギリス)組も、素晴らしいパフォーマンスを発揮しました。レース終盤の最後の1時間では、ディ グラッシがポルシェのマルク リーブと熾烈な2位争いを長時間繰り広げました。しかし、最終的に彼らは4位でゴールしました。

アウディモータースポーツ代表のDr. ウォルフガング ウルリッヒは「今大会では、シーズン初頭の様に、大観衆の前で優勝争いを繰り広げたいと願っていました。しかし、今日のところは、ポルシェの強さを認めなければなりませんでした。そのような状況であっても、我々はドライバー選手権のアドバンテージを堅持しています。シーズン後半戦が、スリリングな展開になるであろうことを充分に予感出来ます」とコメントしています。

アウディスポーツLMPプロジェクトリーダーのクリス レインケも「アウディのホームラウンドであるこの地で、我々は多くの観衆を迎えて闘いました。これは、LMPスポーツカーによるレースがドイツでいかに人気が高いかを表しています。WECにとって、最高のアピールとなったでしょう。今年度の残りのレースに関しても、年間タイトル争いをするドライバーたちの最適サポートを続けるために最善を尽くします」とコメントしています。

今から3週間後の9月19日、アメリカ合衆国テキサス州オースティンで、第5戦目が開催されます。WECが開催されるのは通算3回目となり、過去2回ともアウディは優勝を獲得しています。

ニュルブルクリンク6時間耐久レースの決勝結果

1: ベルンハルト / ハートレー / ウェーバー (ポルシェ) 203 laps
2: デュマ / ジャニ / リーブ (ポルシェ) -1 lap
3: ファスラー / ロッテラー / トレルイエ (Audi R18 e-tron quattro) -1 lap
4: ディ グラッシ / デュバル / ジャービス (Audi R18 e-tron quattro) -1 lap

アウディジャパン・プレスリリース

| | トラックバック (0)

WEC:ポルシェ919ハイブリッドのワン•ツーフィニッシュで チャンピオンシップのリードを更に広げる

No.17 Porsche 919 Hybrid (C)Porsche Japan KK. 拡大します

プレスインフォメーション 2015年8月31日
GTE-Proクラスでも、ポルシェ911 RSRがワン•ツーを達成

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)のポルシェ 919ハイブリッドは、ニュルブルクリンクで初めて開催されたFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦において大観衆が見守る中、ワン•ツーフィニッシュを飾りました。またGTE-Proクラスでは、ポルシェ911 RSRも同じくワン•ツーフィニッシュを達成し、チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ(USCC)における4連勝に続き、大躍進を遂げました。

ティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)/マーク・ウェバー(オーストラリア)組は、カーナンバー17番の919ハイブリッドで30度を超える気温のもと行われた6時間レースを制しました。ロマン・デュマ(FR)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)組がドライブするもう1台のポルシェ919ハイブリッド(カーナンバー18)は、チームメートに続く2位でフィニッシュしました。この週末には62,000人の観衆がサーキットに詰めかけ、ドイツ初開催となったニュルブルクリンクでのWECを盛り上げました。

昨シーズンのブラジル最終戦での初勝利、2015年のル・マンでのワン•ツーフィニッシュに続き、今回の結果は若きポルシェ チームとポルシェ919ハイブリッドに搭載された革新的なハイブリッドテクノロジーにとって3つ目の大きな成功となります。元F1ドライバーのマーク・ウェバーを含むカーナンバー18に乗り込むトリオにとっては、長く待ち望んだWEC初優勝となりました。この素晴らしい結果によって、ポルシェはマニュファクチュアラーズ部門でのリードを広げ、現時点でアウディに33ポイント、トヨタに95ポイントの差をつけています。

比較的短く、カーブの多い5.137kmのニュルブルクリンク グランプリコースでスピードが異なる多くのクラスの車両が入り乱れるレースは、スリリングなサイド・バイ・サイドやオーバーテークが頻発するエキサイティングなレースとなりました。デュマ/ジャニ/リーブ組が2位でゴールするまでにも、数々のストーリーがありました。ポールポジションからスタートしたにも関わらず、テクニカルトラブルに端を発する長時間のストップアンドゴー・ペナルティのため、彼らはレース前半でリードを失いました。ニュルブルクリンクでは通常、給油のためのピットインのたびにドライバーが交代しますが、ニール・ジャニが、2.5スティントに相当する76周もの間コックピットに留まりました。また、ニュルブルクリンクでの最速ラップタイムの1分37秒955を記録したのもジャニでした。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

続きを読む "WEC:ポルシェ919ハイブリッドのワン•ツーフィニッシュで チャンピオンシップのリードを更に広げる"

| | トラックバック (0)

INDY:最終戦ソノマでライアン・ハンターレイが2位フィニッシュ (ホンダ)

In150831001h(C)Honda Motor Co Ltd.

August 30 2015, RACE
GoPro Grand Prix of Sonoma

チャンピオンを目指したグレアム・レイホールはランキング4位に
佐藤琢磨は予選18番手から大幅ポジションアップの8位フィニッシュ

2015年8月30日(日)・決勝  
会場:ソノマ・レースウェイ  
天候:快晴  気温:27~28℃

8月の最終日曜日、2015年のインディカー・シリーズは最終戦の決勝レースが開催されました。今年はロードコースでのレースがシーズンの最後を締めくくることとなりました。
サンフランシスコの郊外、多くのワイナリーの集まるソノマに作られたサーキットは全長2.385マイルの起伏に富む高速ロードコースです。カリフォルニアならではの晴れ渡った空の下、テクニカルで攻略の難しいコースでシーズンの最後を飾るにふさわしいインディカー・バトルが繰り広げられました。

25台が出場した決勝は、数周でグリップの低下するタイヤが戦いを大変難しいものにしていました。ドライバーはスピードを保ちながらも燃料の消費を抑え、チームは刻々と変化する状況に合わせた作戦を選択するなど、多くの要素が絡むインディカーならではの戦いは、実に見応えのあるものとなっていました。

In150831002h

85周の長丁場で争われたレースで、予選3番手からスタートしたライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)は常にトップグループで戦い、シーズン3勝目を目指していましたが、惜しくも届かずに2位でのゴールとなりました。それでも、2012年のシリーズチャンピオンは、アイオワとポコノの2レースで優勝し、最終戦でもシーズン3度目の表彰台を獲得。年間ランキングをレース前の11位から一気に6位に浮上させました。

ポイントスタンディング2位で最終戦を迎えていたグレアム・レイホール(Rahal Letterman Racing)は、予選6番手でグリッド3列目アウト側という好位置からスタートし、逆転での初チャンピオンを目指しました。シーズン終盤戦に2勝を挙げているレイホールは、ソノマでも安定した走りで粘り強く上位を走り続けていました。しかし、ゴールまで10周を切った77周目に後続に追突されてスピンし、ゴールでの順位は18位となりました。多くのレースで安定感のある戦いぶりを見せたレイホールとチームは、今シーズン実力を大きく伸ばし、16戦で490ポイントを獲得。キャリア自己ベストの年間ランキング4位で2015年シーズンを終えました。

In150831003h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は予選18番手で9列目のグリッドから発進し、激しいバトルを戦い抜いて8位でゴールしました。序盤の6周を終えたところで1回目のピットストップを行うなど、作戦面も駆使してポジションアップを目指し、2戦連続で今シーズン4度目となるトップ10フィニッシュを果たしました。佐藤が記録した今シーズンのベストリザルトはデトロイトでの第8戦における2位フィニッシュで、年間ランキングは14位となりました。

また、2014年のインディライツ・チャンピオンで、今シーズンからインディカーに出場を始めたギャビー・シャヴェス(Bryan Herta Autosport)は、フルシーズン出場で、最上位フィニッシュは第8戦デトロイトでの9位、合計2回のトップ10フィニッシュを達成しました。最終戦ソノマで14位となった彼は年間ランキングを15位として、2015年のルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "INDY:最終戦ソノマでライアン・ハンターレイが2位フィニッシュ (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »