« NASCAR:Rd.22ワトキンスグレン レース結果 | トップページ | F4:プレマ/セオドールレーシング ADAC F4 ニュルブルクリンクで三回のボディウムを獲得 »

2016年8月 9日 (火)

NASCAR:デニー・ハムリンがロードコース戦初勝利! (トヨタ)

2016年8月8日
トヨタ自動車株式会社 モータースポーツマーケティング部

NASCARスプリント・カップ・シリーズ第22戦ワトキンス・グレン
スプリント・カップ・シリーズは今季2度目となるロードコース戦が伝統のワトキンス・グレンで開催。終盤首位に立ったデニー・ハムリンが、自身キャリア初となる、ロードコース戦での勝利を飾った。エクスフィニティ・シリーズではカイル・ブッシュがシリーズ初勝利を狙ったがクラッシュで無念のリタイア。ダニエル・サレスが自身のロードコース最高位となる4位フィニッシュを果たした。 

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第22戦 Cheez-It 355 at The Glen

開催日:8月7日

16nascar24_1

ロードコースでのキャリア初勝利を挙げたデニー・ハムリン(#11) 

 8月7日(日)、米国東部ニューヨーク州ワトキンス・グレンのロードコース、ワトキンス・グレン・インターナショナルでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第22戦「Cheez-It 355 at The Glen」が開催された。
 60年以上の歴史を持ち、過去にはF1アメリカGPが行われたことのある伝統のコース、ワトキンス・グレンは、ニューヨーク近郊の丘陵地帯に位置し、アップダウンの激しいロードコース。スプリント・カップ・シリーズで年2戦行われるロードコース戦の1戦で、6月に行われたソノマでのロードコース戦では、ハムリンがファイナルラップまで首位を争うも惜しくも2位フィニッシュに終わった。
 ここワトキンス・グレンでは、ロードコース戦も得意とするカイル・ブッシュが2勝を挙げている。
 また、今大会の決勝前に、今季エクスフィニティ・シリーズを戦っている20歳のエリック・ジョーンズが、来季はマーティン・トゥルーエクス・Jr.のチームメイトとしてカップ・シリーズに参戦することが発表された。

 6日(土)に行われた予選ではカール・エドワーズが今季4度目、ワトキンス・グレンで自身2度目となるポールポジションを獲得。今大会が記念すべきカップ・シリーズ戦出場600戦目となるマット・ケンゼスが4番手、カイル・ブッシュが5番手、ハムリンが6番手グリッドにつけた。

トヨタモータースポーツニュース

 7日(日)好天の下、午後2時52分に2.45マイルロードコースを90周(220.5マイル:約355km)して競われる決勝レースがスタート。ポールポジションのエドワーズは序盤首位を快走したが、26周目にグリーンフラッグ下でのピットインを行った際に痛恨のスピード違反。順位を落としてしまった。
 ロードコース戦ではグリーンフラッグ下でピットインを行っても周回遅れになりにくいため、様々なピット戦略が採られる。トヨタ勢の多くは燃料をセーブしながら、2回のみのピットで最後まで走り切る作戦に。2度目のピットを終えた時点で、カイル・ブッシュとハムリン、そして14番手スタートからじりじりとポジションを上げてきたトゥルーエクス・Jr.がトップ5圏内となった。
 前半戦はコーションの少ない展開だったが、後半に入ると2回の赤旗を含むイエローションが多発する波乱の展開に。
 カイル・ブッシュは首位のブラッド・ケゼロウスキー(フォード)とテール・トゥ・ノーズでの首位争いを展開していたが、残り10周での再スタート時、1コーナー進入でブレーキング勝負となった2台は共にコースアウト。これでハムリンが首位に立った。
 その後、7台が絡む多重クラッシュによる赤旗中断を経て、残り4周での再スタート。ハムリンが首位、トゥルーエクス・Jr.がこれを追い、ケゼロウスキーを加えた3台が一団となってファイナルラップに突入した。
 ファイナルラップの最終コーナーまで3台は連なったまま進入し、最後のストレート勝負になるかと思われたが、コーナー中にトゥルーエクス・Jr.が後方ケゼロウスキーから追突されスピン。ハムリンは逃げ切り、念願のロードコース初優勝を飾った。ハムリンは開幕のデイトナ500に続き、今季2勝目。
 カイル・ブッシュが6位、トゥルーエクス・Jr.はなんとか立て直して7位でフィニッシュ。ケンゼスは10位でチェッカーを受け、記念すべき自身600回目のカップ・シリーズ戦で、300回目のトップ10フィニッシュを果たして見せた。

 次戦第23戦は1週間の休暇を挟んで、8月20日(土)、米国南部テネシー州ブリストルのブリストル・モーター・スピードウェイで行われる。

ドライバー デニー・ハムリン:
「今朝起きたときにぎっくり腰の症状が出てしまった。ここ3,4か月間ときどき起きていたことだが、今朝は起きたときしばらく動けなかったほどで、正直なところ今日レースが出来るとは思わなかった。しかし、なんとかレースが出来るようになり、チームのおかげで勝てた。今季ロードコース戦の2戦で勝利を争い、勝てるとは、シーズン当初は想像もしていなかった。スタンドを埋め尽くした観客の前での勝利は素晴らしい瞬間だった。やっとロードコースで勝利出来、全てのタイプのコース制覇を果たせた」 

第22戦 Cheez-It 355 at The Glen 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 6 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 90
2 7 22 ジョーイ・ロガーノ フォード 90
3 12 2 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 90
6 5 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 90
7 14 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 90
10 4 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 90
15 1 19 カール・エドワーズ トヨタ カムリ 90
28 22 98 コール・ウィット トヨタ カムリ 90
33 26 23 デイビッド・レーガン トヨタ カムリ 83
34 35 83 マット・ディベネデット トヨタ カムリ 83

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 727
2 ケヴィン・ハーヴィック シボレー 718
3 カート・ブッシュ シボレー 689
4 カイル・ブッシュ トヨタ 670
5 カール・エドワーズ トヨタ 653
7 デニー・ハムリン トヨタ 620
8 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 612
9 マット・ケンゼス トヨタ 600
30 デイビッド・レーガン トヨタ 295
36 マット・ディベネデット トヨタ 210
45 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 42
50 ロバート・リチャードソン トヨタ 3
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 910
2 シボレー 875
3 フォード 843

※結果及びポイントは暫定 

NASCAR XFINITY SERIES
第20戦 Zippo 200 at The Glen

開催日:8月6日

ダニエル・サレスがロードコース戦で初のトップ5フィニッシュ

16nascar24_2

ロードコース戦でキャリア最高の4位フィニッシュを果たしたダニエル・サレス(#19) 

 8月6日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第20戦「Zippo 200 at The Glen」がワトキンス・グレン・インターナショナルで開催された。
 今季、同シリーズにこれまで11戦スポット参戦し、優勝7回、2位3回、4位1回と圧倒的な強さを見せるカイル・ブッシュが今大会も参戦。ロードコース戦も得意とし、カップ・シリーズではここワトキンス・グレンで2勝を挙げているカイル・ブッシュだが、エクスフィニティ・シリーズでは未勝利。初勝利を目指し臨んだ。

 5日(金)午後4時45分から行われた予選では、カイル・ブッシュが5番手、シリーズフル参戦2年目でランキング2位につけるダニエル・サレスが6番手で3列目に並んだ。ダートオーバルなどからレースキャリアを始めることの多いアメリカ人NASCARドライバーとは異なり、メキシコ人のサレスはレーシングカートでキャリアをスタートしており、ロードコース戦も得意としているが、参戦初年度の昨年はアクシデントなどで結果を残せず。今大会はロードコースでの活躍に期待がかかった。
 昨年キャンピング・ワールド・トラック・シリーズでルーキーながらチャンピオンを獲得し、今季よりエクスフィニティ・シリーズにフル参戦しているエリック・ジョーンズは13番手から決勝をスタートすることとなった。

 6日(土)好天の下、午後2時23分に2.45マイルロードコースを82周(200.9マイル:約320km)して競われる決勝レースがスタート。
 序盤2位へポジションを上げ首位を争ったカイル・ブッシュは空力部品のトラブルによりポジションダウン。そこからの追い上げを図っていた17周目には多重クラッシュに巻き込まれ、レースを終えることに。カイル・ブッシュにとってはシリーズ今季初のリタイアとなった。
 13番手スタートからポジションを上げ、サレスとトップ5圏内でのバトルを繰り広げていたエリック・ジョーンズは、ぎりぎりまで給油を引っ張る作戦が裏目に出て、2位走行中の50周目にガス欠症状に見舞われ、痛恨のスローダウン。周回遅れとなってしまった。
 着実なレースを戦ったサレスは、終盤カップ・シリーズのトップドライバーと3位争いを繰り広げ、シリーズレギュラー最上位となる4位でフィニッシュ。自身にとって2度目のワトキンス・グレンで初のトップ5フィニッシュを果たした。
 一時周回遅れの24位までポジションを落としたエリック・ジョーンズは後半追い上げ、首位と同一周回の12位でレースを終えた。

 次戦第21戦は8月13日(土)、米国北部オハイオ州レキシントンのロードコース、ミッドオハイオ・スポーツカー・コースで行われる。

ドライバー ダニエル・サレス:
「我々の“トヨタ カムリ”の調子は良かった。チームが素晴らしい仕事をしてくれたおかげで、トップ5の速さはあった。最初のセットのタイヤが、交換した後のセットよりも好感触で、そのまま行ければ勝てたかも知れないが、何らかの理由で2セット目はグリップが得られなかった。とはいえ、良いレースが出来たと思う。昨年はロードコース戦3戦全てで速さは見せられたと思うがアクシデントなどで結果に結びつかなかった。それだけに、ロードコースで初のトップ5フィニッシュを果たせたのは自分にとっても良いことだ。先週まで数戦良くないレースが続いたので、この勢いで来週は更に良い結果を狙いたい」 

第20戦 Zippo 200 at The Glen 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 12 ジョーイ・ロガーノ フォード 82
2 3 2 ポール・メナード シボレー 82
3 4 42 カイル・ラーソン シボレー 82
4 6 19 ダニエル・サレス トヨタ カムリ 82
12 13 20 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 82
15 20 44 J.J.イェリー トヨタ カムリ 82
18 28 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 81
33 30 10 ジェフ・グリーン トヨタ カムリ 18
36 29 14 トミー・ドリッシ トヨタ カムリ 17
37 5 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 17

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 エリオット・サドラー シボレー 668
2 ダニエル・サレス トヨタ 657
3 タイ・ディロン シボレー 629
4 エリック・ジョーンズ トヨタ 613
14 ダコダ・アームストロング トヨタ 428
16 J.J.イェリー トヨタ 399
28 ジェフ・グリーン トヨタ 139
32 ドリュー・ヘリング トヨタ 91
34 コリー・ラジョイ トヨタ 78
41 ベニー・ゴードン トヨタ 51
50 ブランドン・マクレイノルズ トヨタ 27
60 マーク・トンプソン トヨタ 11
66 トミー・ドリッシ トヨタ 5
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 840
2 シボレー 801
3 フォード 727
4 ダッジ 204

※結果及びポイントは暫定 

|

« NASCAR:Rd.22ワトキンスグレン レース結果 | トップページ | F4:プレマ/セオドールレーシング ADAC F4 ニュルブルクリンクで三回のボディウムを獲得 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:デニー・ハムリンがロードコース戦初勝利! (トヨタ):

« NASCAR:Rd.22ワトキンスグレン レース結果 | トップページ | F4:プレマ/セオドールレーシング ADAC F4 ニュルブルクリンクで三回のボディウムを獲得 »