« WEC:FIA世界耐久選手権(WEC)第9戦 バーレーン: LMP1クラス決勝 (ポルシェ) | トップページ | GP2:Rd.11(最終戦) アブダビ 予選結果 »

2016年11月22日 (火)

NASCAR:トヨタがスプリント・カップ・シリーズで初のマニュファクチャラーズタイトル獲得

2016年11月22日
トヨタ自動車株式会社 モータースポーツマーケティング部

NASCARスプリント・カップ・シリーズ最終戦ホームステッド
NASCARは3シリーズ全てでチャンピオンを決定する最終戦がフロリダ・ホームステッドで開催。スプリント・カップ・シリーズではカール・エドワーズとカイル・ブッシュが終盤までタイトルを争ったが、惜しくもドライバーズタイトル獲得はならず。しかし、トヨタは参戦10年目にして初めてマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得した。エクスフィニティ・シリーズではダニエル・サレスが今季3勝目を挙げ、NASCAR史上初となるメキシコ人によるチャンピオンに輝いた。同シリーズではオーナー、マニュファクチャラー、ルーキーの全ての部門でトヨタがタイトルを獲得した。キャンピング・ワールド・トラック・シリーズもドライバーズタイトル獲得は逃したが、前戦決めていたマニュファクチャラーズタイトルに続き、オーナーとルーキータイトルを獲得した。 

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第36戦 Ford EcoBoost 400


開催日:11月20日

カップ・シリーズで初のマニュファクチャラーズタイトル獲得
2年連続ドライバーズタイトル獲得はならず

16nascar39_1カイル・ブッシュ(#18)とカール・エドワーズ(#19)が終盤までタイトルを争ったが惜しくもドライバーズタイトル獲得はならず。しかしトヨタはカップ・シリーズで初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。

 11月20日(日)、米国南東部フロリダ州ホームステッドのホームステッド・マイアミ・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第36戦「Ford EcoBoost 400」が開催された。
 36戦で争われているシリーズも最終戦を迎えた。シーズン終盤の10戦で、選抜された上位ドライバーによってタイトルを争う“チェイス”は当初の16人から4人まで絞られ、今大会で最上位フィニッシュを果たしたドライバーがシリーズチャンピオンとなる。
 トヨタ勢では前年度チャンピオンであるカイル・ブッシュと、カール・エドワーズの2名がこの4名の中に入っており、2年連続チャンピオン獲得を目指し挑んだ。

 20日(日)午後3時24分に1.5マイルオーバルを267周(400.5マイル:約640km)して競われる決勝レースがスタート。10番手グリッドからスタートしたエドワーズが序盤から好調にポジションを上げ、17周目に3位へ。その後のイエローコーションから2位で再スタートを切ると、32周目に首位に立った。
 その後もエドワーズは首位を争い、“チェイス”コンテンダーのトップをキープ。カイル・ブッシュもピット毎の車両調整でポジションを上げ、終盤には上位争いに加わった。
 213周目、残り55周での再スタートが切られたときには、トップ5に“チェイス”コンテンダーの4人が入る激戦に。しかし、その後は長いグリーンランとなり、カイル・ブッシュとエドワーズが4位以下を引き離しての2位争いに。首位の車両は“チェイス”コンテンダーではなかったため、トヨタ勢でのタイトル争いとなるかと思われた。
 残り25周というところでエドワーズがカイル・ブッシュをかわし2位へ浮上。これまで2度にわたってランキング2位に終わっているエドワーズにとって悲願の初タイトルを目指しての快走が続いた。
 しかし、残り15周というところでクラッシュ車両によりイエローコーション。上位勢は全車ピットへ向かったが、ここでカイル・ブッシュはピット作業で手間取りポジションダウン。エドワーズは2位をキープ。残り10周での再スタートが切られた。
 最前列イン側のエドワーズは、すぐ後につけていた“チェイス”を争うジョーイ・ロガーノ(フォード)の追い上げを抑えようとイン側へラインを変えたが、抑えきれずにスピンし、イン側の壁にクラッシュ。大混乱となった後続も次々にクラッシュする大波乱の展開となり、エドワーズのタイトルへの希望はここで潰えることとなってしまった。
 この多重クラッシュの影響で、コース清掃のためレースは赤旗に。30分ほどの中断の後に再開され、残り5周で再スタートが切られたが、ここでも後方車両のスピンにより1周でイエローコーション。レースは最後の2周“オーバータイム”で決されることとなった。
 先の再スタートで出遅れ、ポジションを落としたカイル・ブッシュはこの最後の2周での逆転に賭け、ピットイン。タイヤを4本交換し、13位へと後退し再スタート。好ダッシュを見せポジションを上げていったが、首位争いには届かず、6位でチェッカー。カイル・ブッシュ、そしてトヨタにとっての2年連続チャンピオン獲得はならなかった。
 しかし、今季トヨタは3マニュファクチャラー中最多となる16勝を挙げ、マニュファクチャラーズチャンピオンを決定。2007年に最高峰スプリント・カップ・シリーズ(当時はネクステル・カップ)に参戦を開始して以来、10年目にして初めてマニュファクチャラーズ部門でのタイトルを獲得することとなった。また、エクスフィニティ・シリーズ、キャンピング・ワールド・トラック・シリーズでも同部門タイトルを決めており、今季のトヨタは3シリーズ全てでマニュファクチャラーズチャンピオンとなった。

 2月からの長かったシーズンもこれで終了。来年2017年シーズンは、2月26日(日)に米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる伝統の「Daytona 500」で幕を開ける。

ドライバー カイル・ブッシュ:
「序盤は厳しいレースを強いられたが、その後勝てるかも知れないというところまで浮上できた。しかし、最後のひとつ前の再スタートで大きく遅れてしまった。残り2周では厳しいことは分かっていたが、あの時点で遅れを取り戻すにはピットインしてタイヤを交換するしかなかった。チームはシーズンを通して本当によくやってくれた。今週末はハンドリングなどで苦戦したが、最後まで全力を尽くした」 

トヨタモータースポーツニュース

第36戦 Ford EcoBoost 400 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 14 48 ジミー・ジョンソン シボレー 268
2 24 42 カイル・ラーソン シボレー 268
3 1 4 ケヴィン・ハーヴィック シボレー 268
6 9 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 268
7 7 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 268
9 4 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 268
27 31 93 マット・ディベネデット トヨタ カムリ 264
29 36 23 デイビッド・レーガン トヨタ カムリ 264
31 38 83 ジェフリー・アーンハート トヨタ カムリ 261
32 37 55 リード・ソーレンソン トヨタ カムリ 259
34 10 19 カール・エドワーズ トヨタ カムリ 257
36 6 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 257

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ジミー・ジョンソン シボレー 5040
2 ジョーイ・ロガーノ フォード 5037
3 カイル・ブッシュ トヨタ 5035
4 カール・エドワーズ トヨタ 5007
5 マット・ケンゼス トヨタ 2330
6 デニー・ハムリン トヨタ 2320
11 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 2271
33 デイビッド・レーガン トヨタ 455
35 マット・ディベネデット トヨタ 386
45 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 42
51 ロバート・リチャードソン トヨタ 3
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 1477
2 シボレー 1452
3 フォード 1388

NASCAR XFINITY SERIES
第33戦 Ford EcoBoost 300

開催日:11月19日

ダニエル・サレスがドライバーズチャンピオン獲得!
トヨタはエクスフィニティ・シリーズの全タイトル制覇

16nascar39_2
最終戦を制し、ドライバーズチャンピオンに輝いたダニエル・サレス 

 11月19日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第33戦(最終戦)「Ford EcoBoost 300」がホームステッド・マイアミ・スピードウェイで開催された。
 今季よりエクスフィニティ・シリーズでも採用されることとなった、終盤で選抜された上位ドライバーによりタイトルか争われるプレーオフ“チェイス”も最終戦となり、残った4名のうち最上位フィニッシュしたものがシリーズチャンピオンとなる。トヨタ勢では今季シリーズフル参戦2年目となる24歳のメキシコ人ドライバー、ダニエル・サレスと、昨年キャンピング・ワールド・トラック・シリーズでルーキーながらチャンピオンに輝き、今季よりエクスフィニティ・シリーズにフル参戦、今季最多の4勝を挙げている20歳のエリック・ジョーンズがこの4名の中に残っており、タイトル争いに臨んだ。

 19日(土)午前中の予選に続き、午後3時49分に1.5マイルオーバルを200周(300マイル:約480km)して競われる決勝レースがスタート。今季3度目のポールポジションを獲得したサレスは好スタートを切り首位をキープ。3番手グリッドにつけたエリック・ジョーンズはスタートで前車に阻まれる形で出遅れ、ハンドリングにも苦しみ、前半戦は10位前後で周回を重ねた。
 中盤には接触で車両前部に穴が空くというトラブルにも見舞われたエリック・ジョーンズだったが、修復し、セッティングも調整していくことで徐々にポジションを取り戻し、残り20周というところでサレスに次ぐ2位に浮上。サレスとの差をじりじりと詰めていき、トヨタのチームメイト同士でのタイトル争いの様相に。
 しかし、ハードにサレスを攻めていたエリック・ジョーンズは残り12周で壁にヒット。そのまま2位で走行を続けたが、サレスとの差は僅かに広がってしまった。
 残り10周でスピン車両によりイエローコーション。上位勢はピットへ向かったが、1台がコース上に残り、更にピットに入った中でも、“チェイス”を争うエリオット・サドラー(シボレー)が2本タイヤ交換作戦を採ったためポジションを上げてトップでピットアウト。サレスが3位、エリック・ジョーンズが4位で残り3周での再スタートが切られた。
 ピットに入らず首位に立ったコール・ウィットはアウト側を選択。このウィットが再スタートで失速したため、その直後にいたエリック・ジョーンズも行き場を失い大きくポジションダウン。イン側の最前列サドラーを、その後から好ダッシュを決めたサレスが第2ターンでパス。首位に立ったサレスは後続を退けて逃げ切り、トップでチェッカー。今季3勝目を挙げ、念願のドライバーズチャンピオンに輝いた。
 本シリーズではトヨタにとって2009年のカイル・ブッシュ以来のドライバーズタイトル。そして、NASCAR史上でも初めての、メキシコ人(ラテン・アメリカ圏出身)ドライバーによるトップ3シリーズにおけるチャンピオン獲得となった。
 トヨタはまた、マニュファクチャラーズ部門でも6年ぶりのタイトルを獲得。サレスの19号車はオーナーズタイトル(車両オーナー:ゼッケンにかかる選手権)、そして、エリック・ジョーンズは9位に終わったものの、昨年のトラックに続き、エクスフィニティ・シリーズでもルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。トヨタはエクスフィニティ・シリーズのタイトルを全て制覇することとなった。

 来季の開幕戦は、2月25日(土)にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催される。

ドライバー ダニエル・サレス:
「夢が叶った。今の気持ちはなんと語っていいのか分からない。支えてくれた全ての人、そして家族に感謝する。メキシコでレースを始めて、その後両親がアメリカでレースをするチャンスをくれた。英語を学び、新しい生活を始めて夢を追い続けた。皆のおかげでここまでやってこられた。チームを本当に誇りに思う。メキシコの皆にも感謝する。本当に信じられない」 

第33戦 Ford EcoBoost 300 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 19 ダニエル・サレス トヨタ カムリ 200
2 11 3 タイ・ディロン シボレー 200
3 2 1 エリオット・サドラー シボレー 200
9 3 20 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 200
13 19 44 J.J.イェリー トヨタ カムリ 200
18 16 14 コール・ウィット トヨタ カムリ 200
19 25 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 199
25 39 18 マット・ティフト トヨタ カムリ 197
35 21 24 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 167
39 32 40 ティミー・ヒル トヨタ カムリ 43
40 24 10 マット・ディベネデット トヨタ カムリ 2

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ダニエル・サレス トヨタ 4040
2 エリオット・サドラー シボレー 4038
3 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 4035
4 エリック・ジョーンズ トヨタ 4032
13 ダコダ・アームストロング トヨタ 718
14 J.J.イェリー トヨタ 706
28 ジェフ・グリーン トヨタ 219
31 コリー・ラジョイ トヨタ 177
34 ドリュー・ヘリング トヨタ 111
47 ベニー・ゴードン トヨタ 51
48 オーウェン・ケリー トヨタ 50
59 ブランドン・マクレイノルズ トヨタ 27
64 トミー・ドリッシ トヨタ 20
65 ハーミー・サドラー トヨタ 20
74 マーク・トンプソン トヨタ 11
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 1362
2 シボレー 1341
3 フォード 1219
4 ダッジ 361

NASCAR CAMPING WORLD TRUCK SERIES
第23戦 Ford EcoBoost 200

開催日:11月18日

ウィリアム・バイロンが今季7勝目、ルーキータイトル獲得
ドライバーズタイトルは惜しくも逃す

16nascar39_3今季7勝目を挙げたウィリアム・バイロンと勝利を喜ぶチームスタッフ 

 NASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ第23戦「Ford EcoBoost 200」が11月18日(金)にホームステッド・マイアミ・スピードウェイで開催された。
 今季よりトラック・シリーズでもシーズン終盤のプレーオフ“チェイス”が採用。最終戦となる今大会に“チェイス”コンテンダーとして残った4名のうち、最上位でフィニッシュしたものがチャンピオンとなる。トヨタ勢ではルーキーのクリストファー・ベル、2回のチャンピオン経験を持つベテラン、マット・クラフトン、ティモシー・ピーターズの3名がこの4名の中に残っており、タイトルを目指し最終戦に臨んだ。

 18日(金)午後8時22分に1.5マイルオーバルを134周(201マイル:約320km)して競われる決勝レースがスタート。
 今季最多の6勝を挙げながらも、前戦無念のリタイアで“チェイス”から脱落した18歳のウィリアム・バイロンが今季3度目、2週連続となるポールポジションを獲得し、序盤をリードしたが、その後はハンドリングの不調に苦しみ5位前後までポジションダウン。
 “チェイス”コンテンダーでは4番手スタートのクラフトンがポジションを上げていき、20周目に首位浮上。その後も上位争いを繰り広げた。
 残り25周というところでこの日4度目のイエローコーション。全車ピットへ向かい、クラフトンが“チェイス”勢最上位の2位でピットアウト。残り20周での再スタートが切られた。
 最前列イン側から再スタートを切ったクラフトンは、接触寸前のバトルを展開。しかし、ハンドリングの調整が上手く働かず、“チェイス”のライバルであるジョニー・ソーター(シボレー)の先行を許してしまった。
 最後のピットで8位まで順位を落としていたバイロンは、再スタート後ハイペースで追い上げ、残り10周で首位浮上。その後は独走態勢となり、2位に2秒以上の大差をつけトップでチェッカー。今季7勝目を挙げた。
 “チェイス”コンテンダーは、クラフトンが7位、ベルが8位、ピーターズが9位でフィニッシュ。ライバルのソーターが3位でフィニッシュしたため、ドライバーズタイトル獲得はならなかった。
 しかし、最終戦の勝利で、バイロンの駆る“トヨタ タンドラ”9号車はオーナーズチャンピオンを獲得。カイル・ブッシュ・モータースポーツにとって4年連続のタイトル獲得となった。また、バイロンはルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

 来季の開幕戦は、2月24日(金)にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる。

ドライバー ウィリアム・バイロン:
「素晴らしい気分だ。信じられない。チームがシーズンを通して懸命にやってきてくれたおかげだ。先週は残念な、自分ではどうしようもないアクシデントに見舞われたが、シーズンを通してずっと我々には最高の“トヨタ タンドラ”があった。ポールポジションを獲得出来たのも彼らのおかげだ。来シーズンこのチームと共に戦えないのが残念だ。本当に素晴らしいスタッフの揃ったチームだった」 

第23戦 Ford EcoBoost 200 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 9 ウィリアム・バイロン トヨタ タンドラ 134
2 7 29 タイラー・レディック フォード 134
3 19 21 ジョニー・ソーター シボレー 134
6 17 51 ダニエル・サレス トヨタ タンドラ 134
7 4 88 マット・クラフトン トヨタ タンドラ 134
8 8 4 クリストファー・ベル トヨタ タンドラ 134
9 13 17 ティモシー・ピーターズ トヨタ タンドラ 134
12 22 11 マット・ティフト トヨタ タンドラ 134
13 20 98 リコ・アブリュー トヨタ タンドラ 134
15 10 18 ノア・グラッグソン トヨタ タンドラ 134
16 16 13 キャメロン・ヘイリー トヨタ タンドラ 134
18 12 97 ジェシー・リトル トヨタ タンドラ 134
20 11 41 ベン・ローズ トヨタ タンドラ 134
25 27 22 オースティン・セルフ トヨタ タンドラ 133
32 15 81 ライアン・トゥルーエクス トヨタ タンドラ 49


選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ジョニー・ソーター シボレー 4030
2 マット・クラフトン トヨタ 4026
3 クリストファー・ベル トヨタ 4025
4 ティモシー・ピーターズ トヨタ 4024
5 ウィリアム・バイロン トヨタ 2199
11 キャメロン・ヘイリー トヨタ 476
13 リコ・アブリュー トヨタ 395
14 ベン・ローズ トヨタ 387
15 オースティン・セルフ トヨタ 279
18 ライアン・トゥルーエクス トヨタ 250
21 マット・ティフト トヨタ 211
27 ブレット・モフィット トヨタ 141
29 コディ・コーリン トヨタ 113
31 ジャーマン・キロガ トヨタ 70
38 シェイン・リー トヨタ 50
40 ノア・グラッグソン トヨタ 35
50 ゲイリー・クラット トヨタ 22
52 ケン・シュレーダー トヨタ 21
54 クリス・フォンテイン トヨタ 21
60 マイアット・スナイダー トヨタ 16
66 ハリソン・バートン トヨタ 11
70 ジャスティン・フォンティン トヨタ 7
71 コービン・フォリスター トヨタ 6
マニュファクチャラーズポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 787
2 シボレー 732
3 フォード 647
4 RAM 8

|

« WEC:FIA世界耐久選手権(WEC)第9戦 バーレーン: LMP1クラス決勝 (ポルシェ) | トップページ | GP2:Rd.11(最終戦) アブダビ 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:トヨタがスプリント・カップ・シリーズで初のマニュファクチャラーズタイトル獲得:

« WEC:FIA世界耐久選手権(WEC)第9戦 バーレーン: LMP1クラス決勝 (ポルシェ) | トップページ | GP2:Rd.11(最終戦) アブダビ 予選結果 »