« NASCAR:Rd.3ラスベガス レース結果 | トップページ | GP2:バルセロナテストタイム (3月14日) »

2017年3月14日 (火)

NASCAR:マーティン・トゥルーエクス・Jr.が3ステージ制覇! “トヨタ カムリ”カップ・シリーズで今季初勝利

2017年3月13日
トヨタ自動車株式会社 モータースポーツマーケティング部

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第3戦ラスベガス

NASCAR第3戦の舞台は米国西部ラスベガスへ。カップ・シリーズではマーティン・トゥルーエクス・Jr.がレースを支配。全3ステージを制して今季初勝利を挙げた。カップ・シリーズでの全ステージ制覇は初。エクスフィニティ・シリーズでは上位を争ったダニエル・スアレツが3位、カイル・ブッシュが7位フィニッシュを果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第3戦 Kobalt 400

開催日:3月12日
 

17nascar03_13ステージ全てを制し今季初勝利を挙げたマーティン・トゥルーエクス・Jr

 3月12日(土)、米国西部ネバダ州ラスベガスのラスベガス・モーター・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第3戦「Kobalt 400」が開催された。
 米国東部で戦われてきた開幕からの2戦を経て、舞台は米国西海岸へと移った。ここラスベガスはカイル・ブッシュの出身地であり、2009年に勝利。トヨタ勢ではマット・ケンゼスも2013年に勝利を挙げている。開幕からの2戦で勝利は逃したものの、着実に調子を上げてきているトヨタ勢の活躍に期待がかかった。

 予選ではマーティン・トゥルーエクス・Jr.が最前列2番手を獲得。その後方4番手にケンゼス、ルーキーのエリック・ジョーンズとカイル・ブッシュが8,9番手。やはり今季よりフル参戦となったダニエル・スアレツが11番手。デニー・ハムリンが15番手とトヨタ勢は好位置につけて決勝に臨んだ。

トヨタモータースポーツニュース

 午後12時48分、1.5マイルオーバルを80周、80周、107周の3ステージ計267周(400.5マイル:約640km)して競われる決勝レースがスタートした。
 2番手スタートのトゥルーエクス・Jr.はポールポジションから首位を逃げるブラッド・ケゼロウスキー(フォード)を追走。ステージ1終盤にクラッシュ車両により発生したイエローコーションからの再スタートで首位を奪うと、そのままステージ1を制した。
 ステージ1ではカイル・ブッシュが8位、ケンゼスが9位に入りポイントを獲得。
 ステージ2ではトゥルーエクス・Jr.が快走を見せ、首位を独走。ステージ終盤までイエローコーションが出なかったこともあり、一時は2位に3秒以上の大差をつけた。
 その勢いでステージ2もトゥルーエクス・Jr.が制覇。ステージ3も再スタートから85周にわたってグリーンフラッグ下でのロングランとなり、トゥルーエクス・Jr.は首位をキープしたが、終盤はタイヤが厳しくなりケゼロウスキーの先行を許すことに。それでも大きく離されることなく、2位で逆転のチャンスを待った。
 終盤、オイル漏れ車両により出されたイエローコーションから残り9周で再スタート。トゥルーエクス・Jr.はぴたりと首位のケゼロウスキーに貼り付き、残り2周でインに入って並びかけると、一気にパスし首位奪還。
 ファイナルラップ、ケゼロウスキーの車両はトラブルに見舞われたか突然スローダウン。すぐ後方の4位につけていたカイル・ブッシュがこれをかわした直後に他車と接触。カイル・ブッシュはスピンを喫し、どこにもぶつからなかったもののピットレーン方向へコースオフし大きくポジションダウン。
 首位を行くトゥルーエクス・Jr.はトップでチェッカー。トヨタにとって今季初、そして1月に米国で発表され、今季より投入された2018年型“トヨタ カムリ”にとって初の勝利をもたらした。
 また、全267周中150周で首位を走行したトゥルーエクス・Jr.はステージ1,ステージ2を含む3ステージ完全制覇。今季より導入された3ステージ制のシリーズレースで、カップ・シリーズで初めてとなる3ステージ制覇による勝利を飾った。これでトゥルーエクス・Jr.は“プレーオフ”進出をほぼ確実なものとし、今大会獲得可能な最大の60ポイントと、7ポイントのプレーオフポイント(プレーオフ中に持ち越せるポイント)を獲得した。
 ハムリンが6位、ケンゼスが9位とトップ10フィニッシュ。エリック・ジョーンズがルーキー勢最上位の15位でチェッカーを受けた。カイル・ブッシュは22位に終わった。

 次戦第4戦は3月19日(日)、米国南西部アリゾナ州エイボンデールのフェニックス・インターナショナル・レースウェイで行われる。

ドライバー マーティン・トゥルーエクス・Jr.:
「全ステージ制覇での勝利を初めて果たし、新型“トヨタ カムリ”に初の勝利をもたらすことが出来て嬉しい。昨夜多くの変更作業をこなしてくれたチームに感謝したい。今日の“トヨタ カムリ”とTRD-USA製エンジンは信じられないほど速かった。ステージレースは毎周全力で走る必要があり、タフで難しい。終盤は最後のタイヤセットでロングランを強いられ、ブラッド(ケゼロウスキー:フォード)の先行を許してしまったが、最後まで諦めずに戦い続けた。素晴らしいチームと共に勝てて良かった。この勢いを維持して戦って行きたい」 

第3戦 Kobalt 400 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 2 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 267
2 5 42 カイル・ラーソン シボレー 267
3 12 24 チェイス・エリオット シボレー 267
6 15 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 267
9 4 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 267
15 8 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 267
20 11 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 267
22 9 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 267
31 37 15 リード・ソーレンソン トヨタ カムリ 262
34 35 23 グレイ・ゴールディング トヨタ カムリ 260
39 34 83 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 16

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 132
2 カイル・ラーソン シボレー 131
3 チェイス・エリオット シボレー 129
4 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 127
13 マット・ケンゼス トヨタ 71
15 デニー・ハムリン トヨタ 68
19 カイル・ブッシュ トヨタ 50
20 エリック・ジョーンズ トヨタ 49
28 ダニエル・スアレツ トヨタ 42
32 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
36 コリー・ラジョイ トヨタ 17
37 リード・ソーレンソン トヨタ 12
38 グレイ・ゴールディング トヨタ 4
40 D.J.ケンニントン トヨタ 1
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 フォード 113
2 シボレー 104
3 トヨタ 103

※結果及びポイントは暫定 

NASCAR XFINITY SERIES
第3戦 Boyd Gaming 300

開催日:3月11日

ダニエル・スアレツが3位
カイル・ブッシュは7位フィニッシュ

17nascar03_23位フィニッシュを果たしたダニエル・スアレツ(#20)と上位を争い7位に入ったカイル・ブッシュ(#18) 

 3月11日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第3戦「Boyd Gaming 300」がラスベガス・モーター・スピードウェイで開催された。

 11日(土)決勝レース直前に行われた予選では、ラスベガス出身のカイル・ブッシュが前戦アトランタに続く2戦連続のポールポジションを獲得。今季よりカップ・シリーズにステップアップ、今大会もスポット参戦となるメキシコ人ドライバー、ダニエル・スアレツが3番手、マット・ティフトが6番手につけて決勝に臨んだ。

 午後1時16分、砂漠の中の強い日差しと25度を超える気温の下で、1.5マイルオーバルを45周、45周、110周の3ステージ計200周(300マイル:約480km)して競われる決勝レースがスタートした。
 カイル・ブッシュはポールポジションから首位をキープ。これを2位にポジションアップしたスアレツが追う展開。カイル・ブッシュは1度も首位の座を譲ること泣くステージ1を制した。スアレツは上位争いに留まり6位、ティフトもトップ10へ浮上し7位でステージ1を終え、ポイントを獲得した。
 ステージ2は前戦同様、調子を上げてきたカップ・シリーズドライバーによる上位争いが展開。カイル・ブッシュは首位の座こそ譲ったものの上位に留まり、ステージ2は2位フィニッシュ。スピンを喫しながらポジションを取り戻したティフトが9位、スアレツが10位となった。
 ステージ3はスタート前のピット戦略がチーム毎に異なり、スタート時こそカイル・ブッシュとティフトは順位を落としたものの、すぐに上位に復帰。しかし、この日レースの大半をトップ10圏内で走行し続けたティフトは残り9周というところで前車をパスしようとしてスピンを喫し、壁にヒット。ガレージでの修復を余儀なくされ、レースを終えることとなってしまった。
 残り4周で再スタートが切られると、スアレツが好ダッシュを決めて前を行くカイル・ブッシュをパス。トヨタ勢最上位の3位でフィニッシュ。カイル・ブッシュは7位でレースを終えた。

 次戦第4戦は3月18日(土)、フェニックス・インターナショナル・レースウェイで行われる。

ドライバー ダニエル・スアレツ:
「このシリーズのレースに参加し、勝利を争うのはいつでも楽しい。とてもアグレッシブなドライバーが揃っていて、エキサイティングなレースが出来る。レース終盤、我々の“トヨタ カムリ”はショートランでは速かったが、幾つかの理由でロングランでは望み通りの速さにはならなかった。それで幾つかポジションを落としてしまった。しかし、クルーチーフやチームクルーは本当によくやってくれて,ピット作業でも何度も順位を上げられた。家族であるこのチームに感謝したい」 

第3戦 Boyd Gaming 300 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 4 12 ジョーイ・ロガーノ フォード 200
2 7 42 カイル・ラーソン シボレー 200
3 3 20 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 200
7 1 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 200
19 22 24 ドリュー・ヘリング トヨタ カムリ 200
20 21 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 200
22 23 14 J.J.イェリー トヨタ カムリ 200
33 32 40 ティミー・ヒル トヨタ カムリ 195
34 6 19 マット・ティフト トヨタ カムリ 191

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 エリオット・サドラー シボレー 99
2 ライアン・リード フォード 95
3 ウィリアム・バイロン シボレー 90
6 マット・ティフト トヨタ 66
9 ダコダ・アームストロング トヨタ 64
21 スコット・レガセイ・Jr. トヨタ 31
22 J.J.イェリー トヨタ 28
27 ドリュー・ヘリング トヨタ 18
34 ベニー・ゴードン トヨタ 10
35 ティミー・ヒル トヨタ 8
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 フォード 115
2 トヨタ 105
3 シボレー 104

※結果及びポイントは暫定 

|

« NASCAR:Rd.3ラスベガス レース結果 | トップページ | GP2:バルセロナテストタイム (3月14日) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65014358

この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:マーティン・トゥルーエクス・Jr.が3ステージ制覇! “トヨタ カムリ”カップ・シリーズで今季初勝利 :

« NASCAR:Rd.3ラスベガス レース結果 | トップページ | GP2:バルセロナテストタイム (3月14日) »