« WEC:TOYOTA GAZOO Racing 合同テストで確かな手応えを得て開幕戦シルバーストーンへ | トップページ | NASCAR:Rd7テキサス 予選結果 »

2017年4月 4日 (火)

NASCAR:“ペーパークリップ”ショートオーバルでカイル・ブッシュが首位を争うも2位 (トヨタ)

2017年4月4日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第6戦マーティンズビル
シリーズ最短オーバルのマーティンズビルで開催された、カップ・シリーズではカイル・ブッシュがレースの半分以上を支配するも、惜しくも2位フィニッシュ。一月ぶりのレースとなったトラック・シリーズでは、若手勢が上位に入り、6台の“トヨタ タンドラ”がトップ10フィニッシュを果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第6戦 STP 500

開催日:4月2日

17nascar06_1首位を争うも2位フィニッシュとなったカイル・ブッシュ(#18)

 4月2日(日)、米国東部バージニア州マーティンズビルのマーティンズビル・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第6戦「STP 500」が開催された。
 NASCARカップ・シリーズが開催されるオーバルの中で最短となる1周0.526マイルのこのコースは、その形状から“ペーパークリップ”の愛称を持つ。バンク角も低く、毎周両ターンでフルブレーキング、フル加速が強いられる難コース。今年70周年を迎えるという伝統のコースでもある。
 このマーティンズビルは、地元バージニア州出身のデニー・ハムリンが得意としており、これまでに5勝。昨年春の大会ではカイル・ブッシュが初勝利を飾っている。

 3月31日(金)に予定されていた予選は降雨のためにキャンセルとなり、規定に則りオーナーポイント順でスターティンググリッドが決定。マーティン・トゥルーエクス・Jr.が3番手、カイル・ブッシュが10番手から決勝をスタートすることとなった。

トヨタモータースポーツニュース

 4月2日(日)午後2時19分、0.526マイルショートオーバルを130周、130周、240周の3ステージ合計500周(263マイル:約420km)して競われる決勝レースがスタート。ステージ1では3番手スタートのトゥルーエクス・Jr.が好走を見せ、72周目のピット作業で首位に浮上すると、そのままステージ1を制した。12、10番手スタートのハムリンとカイル・ブッシュがそれぞれ2,3位で続き、“トヨタ カムリ”はステージ1でトップ3を制覇した。
 ステージ2は全くイエローコーションの出ない展開となった。トゥルーエクス・Jr.がハンドリング不調に見舞われ徐々にポジションダウンする一方で、このステージはカイル・ブッシュが大半で首位を走行し支配。しかし、激しい首位争いを繰り広げていたファイナルラップで後方から接触され、ライバルの逆転を許し2位フィニッシュ。25番手スタートから順位を上げたケンゼスが7位、20歳のルーキー、エリック・ジョーンズが8位に入った。
 ステージ3もカイル・ブッシュが首位を争う展開。ケンゼスがトップ10圏内,ハムリンがトップ10を伺う位置でレースを進めた。しかし、ハムリンは終盤の多重クラッシュに巻き込まれ、ダメージ修復のために大きく後退。これにより出されたコーションからの再スタート後まもなく、6位を争っていたケンゼスとトゥルーエクス・Jr.が軽く接触、トゥルーエクス・Jr.はスピンを喫し、ポジションダウン。
 首位を逃げるカイル・ブッシュはこの日最多、レースの半分以上となる274周にわたって首位を快走したが、残り50周を切ったあたりでハンドリングが悪化し、ライバルの先行を許すことに。最後まで首位を追い続けたカイル・ブッシュだったが惜しくも届かず、2位でチェッカー。3戦連続のトップ10フィニッシュを果たした。
 ケンゼスは終盤の接触があったものの9位でフィニッシュ。直近の2戦をクラッシュで終えているケンゼスが、3戦ぶり、今季3度目のトップ10で終えた。
 エリック・ジョーンズは中盤の多重クラッシュで車両前部に大きなダメージを負ったものの、ピットクルーの迅速な作業でコースに復帰し、ルーキー最上位の12位でフィニッシュ。トゥルーエクス・Jr.は16位に終わったが、ステージ1をトップで終えるなどポイントを獲得し、ランキングは3位に浮上した。

 次戦第7戦は4月9日(日)、米国南部テキサス州フォートワースのテキサス・モーター・スピードウェイで行われる。

ドライバー カイル・ブッシュ:
「チームが素晴らしい仕事で、勝てるレベルの“トヨタ カムリ”を用意してくれた。残念だったのは、ピットで何の調整も行わなかったのに、タイヤを交換しただけでセッティングが変わってしまったことだ。今年我々はまだ本来フィニッシュすべき位置でレースを終えられていない。不満の残る結果であり、本来の位置でフィニッシュするためにも、戦い続ける」 

第6戦 STP 500 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 4 2 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 500
2 10 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 500
3 2 24 チェイス・エリオット シボレー 500
9 25 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 500
12 15 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 500
16 3 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 500
28 35 83 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 496
29 37 23 グレイ・ゴールディング トヨタ カムリ 495
30 12 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 493
32 19 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 489

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 カイル・ラーソン シボレー 268
2 チェイス・エリオット シボレー 264
3 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 236
6 カイル・ブッシュ トヨタ 188
13 エリック・ジョーンズ トヨタ 144
16 デニー・ハムリン トヨタ 139
21 ダニエル・スアレツ トヨタ 107
22 マット・ケンゼス トヨタ 105
34 コリー・ラジョイ トヨタ 34
35 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
38 グレイ・ゴールディング トヨタ 14
40 D.J.ケンニントン トヨタ 1
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 フォード 221
2 シボレー 218
3 トヨタ 205

NASCAR CAMPING WORLD TRUCK SERIES
第3戦 Alpha Energy Solutions 250

開催日:4月1日

6台の“トヨタ タンドラ”がトップ10フィニッシュ

17nascar06_2“トヨタ タンドラ”最上位の3位でフィニッシュしたクリストファー・ベル(#4) 

 NASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ第3戦「Alpha Energy Solutions 250」が4月1日(土)にマーティンズビル・スピードウェイで開催された。トラック・シリーズ戦は前戦アトランタから約1か月ぶりの開催。

 1日(土)午後3時21分、0.526マイルショートオーバルを70周、70周、110周の3ステージ合計250周(131.5マイル:約210km)して競われる決勝レースがスタート。 2列目に並んだベテランのティモシー・ピーターズとマット・クラフトンに、シリーズフル参戦2年目の22歳、クリストファー・ベルが6番手から割って入り、3台の“トヨタ タンドラ”が3位争いを展開。ステージ1はクラフトン3位、ベル4位、ピーターズ7位、18歳ルーキーのノア・グラッグソンが8位で終えた。
 ベルはステージ1後のコーション時、タイヤ2本交換作戦で首位に浮上。再スタート後は4本交換のライバルの先行を許すも、2位で追走を続け、逆転のチャンスをうかがった。
 ステージ2の残り20周ほどのところでコーションが出されると、ベルはピットへ。上位勢がピットに入らなかったため、15位までポジションを落としたベルは、10位まで順位を戻してステージ2をフィニッシュ。ステージ2では、クラフトンが2位、ピーターズが4位となった。
 ステージ3スタート前のコーションでは、上位9台がピットに向かったのに対し、コース上に残ったベルが再度首位へ。再スタートを決めたベルは、90周にわたって首位を快走した。
 しかし、残り16周というところで、パスしようとした周回遅れの車両がラインをふさぐ形となり接触。ベルはなんとか立て直したが3位へとポジションを落としてしまった。
 再スタート後、3位のベルは前の2台を懸命に追ったが逆転には至らず。しかしベルは前戦の優勝に続き2戦連続のトップ3、開幕から3戦連続のトップ10フィニッシュとなった。
 4位には18歳のチームメイト、グラッグソンが入り、自身キャリア初のトップ5フィニッシュ。
 ブレット・モフィットが6位、ピーターズが8位、クラフトンが9位、カップ・シリーズで活躍しているマーティン・トゥルーエクス・Jr.の実弟であるライアン・トゥルーエクスが10位で今季初のトップ10入り。“トヨタ タンドラ”は6台がトップ10フィニッシュを果たした。

 次戦第4戦は5月12日(金)に米国中西部カンザス州カンザスシティのカンザス・スピードウェイで開催される。

ドライバー クリストファー・ベル:
「コース上の混雑が酷い中、シボレーの2台もとても速かったが、我々の“トヨタ タンドラ”は充分に彼らを抑えられるだけの速さがあると感じていた。しかし、周回遅れをパスするときに、インを開けてくれたと思ったが彼は降りてきて接触してしまった。我々の“トヨタ タンドラ”は本当に速かったので、望んでいた結果ではない。秋に再びここへ戻ってくるときにはもう少し良い結果を目指す。全体的に見れば、ドライバーとしての私にとっても、チームにとっても良い一日だったが、次戦カンザスはもっと力強いレースをしたい」 

第3戦 Alpha Energy Solutions 250 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 23 チェイス・エリオット シボレー 250
2 2 21 ジョニー・ソーター シボレー 250
3 6 4 クリストファー・ベル トヨタ タンドラ 250
4 9 18 ノア・グラッグソン トヨタ タンドラ 250
6 15 7 ブレット・モフィット トヨタ タンドラ 250
8 3 17 ティモシー・ピーターズ トヨタ タンドラ 250
9 4 88 マット・クラフトン トヨタ タンドラ 250
10 19 16 ライアン・トゥルーエクス トヨタ タンドラ 250
13 7 51 ハリソン・バートン トヨタ タンドラ 250
17 10 98 グラント・エンフィンジャー トヨタ タンドラ 250
19 27 13 コディ・コーリン トヨタ タンドラ 250
20 17 27 ベン・ローズ トヨタ タンドラ 249

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ジョニー・ソーター シボレー 140
2 クリストファー・ベル トヨタ 136
3 マット・クラフトン トヨタ 117
4 ティモシー・ピーターズ トヨタ 110
6 ベン・ローズ トヨタ 103
8 グラント・エンフィンジャー トヨタ 84
10 ブレット・モフィット トヨタ 73
11 ノア・グラッグソン トヨタ 70
13 コディ・コーリン トヨタ 65
14 ライアン・トゥルーエクス トヨタ 60
20 コービン・フォリスター トヨタ 36
21 オースティン・ウェイン・セルフ トヨタ 35
23 マイアット・スナイダー トヨタ 30
24 ハリソン・バートン トヨタ 28
38 パーカー・クリガーマン トヨタ 6
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 114
2 トヨタ 109
3 フォード 85

|

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing 合同テストで確かな手応えを得て開幕戦シルバーストーンへ | トップページ | NASCAR:Rd7テキサス 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65107921

この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:“ペーパークリップ”ショートオーバルでカイル・ブッシュが首位を争うも2位 (トヨタ):

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing 合同テストで確かな手応えを得て開幕戦シルバーストーンへ | トップページ | NASCAR:Rd7テキサス 予選結果 »