« WEC:ポルシェ919ハイブリッドがスパで3位と4位を獲得、ポルシェ911 RSRは5位と6位でフィニッシュ | トップページ | F2:Rd.2カタルニア 予選結果 »

2017年5月10日 (水)

NASCAR:終盤18台が絡む“ビッグ・ワン”発生 カイル・ブッシュが最終周まで首位を争い惜しくも3位 エクスフィニティでは“トヨタ カムリ”4台がトップ10

2017年5月9日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第10戦タラデガ
1周4kmを超えるタラデガの超高速オーバルでカップ・シリーズとエクスフィニティ・シリーズが開催。カップではカイル・ブッシュが最後まで首位を争ったものの惜しくも届かず3位フィニッシュ。エクスフィニティでは、トヨタ勢が上位争いを繰り広げ、エリック・ジョーンズの5位を最上位に、4台がトップ10フィニッシュを果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第10戦 GEICO 500

開催日:5月7日

17nascar10_1首位を争い3位でフィニッシュしたカイル・ブッシュ(#18)と、上位を走行しながら“ビッグ・ワン”に巻き込まれレースを終えたマーティン・トゥルーエクス・Jr.(#78) 

 5月7日(日)、米国南部アラバマ州タラデガのタラデガ・スーパースピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第10戦「GEICO 500」が開催された。
 タラデガはNASCARが行われるオーバルでは1周がシリーズ最長の2.66マイル(約4.3km)を誇る屈指のハイスピードコース。バンク角も高く、速度を抑制するために「リストリクター・プレート」と呼ばれる吸気量を制限するパーツを装着してレースを戦う。それでも最高速はゆうに300km/hを超えるが、その超高速域でのパワー不足を補うべく、空気抵抗を削減するための「ドラフティング」という複数台が連なって走行するテクニックが必要となる。上位を争っていてもこの隊列次第では一気に大きく順位を落とすこともあり、戦略やチームワークも重要なコースだ。
 多くの車両が連なり、2列、3列での密集走行が続くため、僅かな車両の乱れから、多くの車両が巻き込まれる多重クラッシュ「ビッグ・ワン」に繋がりやすい。最後まで上位グループに生き残り、ファイナルラップの最終コーナー立ち上がり以降で勝負、という、ギャンブル的な要素も持ち合わせたコースである。
 ここタラデガでトヨタは過去3勝。うちカイル・ブッシュとデニー・ハムリンが1勝ずつを挙げている。

 7日(日)午後1時21分、2.66マイルスーパースピードウェイを55周、55周、78周の3ステージ合計188周(500.08マイル:約800km)して競われる決勝レースがスタートした。
 序盤、11番手スタートのハムリンは“ビッグ・ワン”に巻き込まれるのを警戒して最高峰に後退。一方で、10番手スタートのカイル・ブッシュと13番手スタートのマーティン・トゥルーエクス・Jr.が長く連なった3列のバトルで首位を争った。
 ステージ1はカイル・ブッシュが3位、トゥルーエクス・Jr.が4位、エリック・ジョーンズが10位に入り、ボーナスポイントを獲得した。
 ステージ1の終盤にあえてピットイン、ステージ間のコーションラップでコース上に残る戦略を採ったハムリンは、ステージ2を首位でスタート。チームメイトのカイル・ブッシュと共に隊列先頭でレースをリード。計41周にわたって首位を快走し、ステージ2を制覇。ハムリンにとっては、今年初めてのステージウィンで、ボーナスポイント共に、プレーオフポイントも獲得した。
 ステージ2ではトゥルーエクス・Jr.が4位、エリック・ジョーンズが9位と連続でのトップ10フィニッシュ。ステージ終盤までトップ10圏内につけていたカイル・ブッシュはドラフティングパートナーを失い一気に後退。24位でステージを終えることとなってしまった。
 ステージ1の終盤、ペナルティを受け大きく順位を落としていたマット・ケンゼスが、ステージ2終盤にピットタイミングをずらす作戦に出て、ステージ3は首位で再スタート。他のトヨタ勢も好調に上位を争い、157周目には、首位カイル・ブッシュに、ハムリン、トゥルーエクス・Jr.、エリック・ジョーンズ、ケンゼスとトップ5を占める速さを見せた。
 しかし、レースが残り20周を切った169周目、18台もの車両が絡む多重クラッシュ“ビッグ・ワン”が発生。ケンゼス、レースを通してトップ10圏内と好調だったトゥルーエクス・Jr.とエリック・ジョーンズもこれに巻き込まれてしまった。
 レースは赤旗が出され、30分弱の中断の後に再開。再スタート後もカイル・ブッシュが首位を争ったが、残り3周というところで中断の車両がクラッシュし、イエローコーション。レースは延長され、最後の2周“オーバータイム”で競われることとなった。
 首位で再スタートを切ったカイル・ブッシュだったが、ファイナルラップ、接触寸前の3ワイドでの激しいバトルの中、惜しくも先行を許し、3位でチェッカーとなった。

 次戦第11戦は5月13日(土)、米国中西部カンザス州カンザスシティのカンザス・スピードウェイで行われる。

トヨタモータースポーツニュース

ドライバー カイル・ブッシュ:
「最後の再スタートでは、3ワイドのバトルであれ以上は何も出来なかった。(リッキー)ステンハウス・Jr.(フォード)は見事なダッシュと後続のプッシュで首位に立ち、私はその後につくしかなかった。とはいえ、チームは本当によくやってくれた。我々の“トヨタ カムリ”は本当に速かった。勝利のために最善を尽くしたが、あの状況ではこの結果が精一杯だった。次戦こそは勝利を目指す」 

第10戦 GEICO 500 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 17 リッキー・ステンハウス・Jr. フォード 191
2 23 1 ジェイミー・マクラーレイ シボレー 191
3 10 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 191
11 11 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 191
19 7 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 191
20 37 23 グレイ・ゴールディング トヨタ カムリ 191
24 4 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 190
27 36 83 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 183
33 14 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 168
35 13 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 168
40 33 55 リード・ソーレンソン トヨタ カムリ 72

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 カイル・ラーソン シボレー 428
2 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 374
3 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 367
10 カイル・ブッシュ トヨタ 277
11 デニー・ハムリン トヨタ 267
19 マット・ケンゼス トヨタ 205
20 エリック・ジョーンズ トヨタ 200
21 ダニエル・スアレツ トヨタ 187
34 コリー・ラジョイ トヨタ 67
35 グレイ・ゴールディング トヨタ 48
38 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
39 デリック・コープ トヨタ 15
40 D.J.ケンニントン トヨタ 1
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 フォード 365
2 シボレー 364
3 トヨタ 335

NASCAR XFINITY SERIES
第9戦 Sparks Energy 300

開催日:5月6日

4台の“トヨタ カムリ”がトップ10フィニッシュ

17nascar10_2一時レースをリードしたが5位に終わったエリック・ジョーンズ(#20) 

 5月6日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第9戦「Sparks Energy 300」がタラデガ・スーパースピードウェイで開催された。

 6日(土)午後12時20分に2.66マイルスーパースピードウェイを25周、25周、63周の3ステージ合計113周(300.58マイル:約480km)して競われる決勝レースがスタート。18番手スタートのディフェンディングシリーズチャンピオン、ダニエル・スアレツが序盤から好調にポジションを上げ、14周目には首位に浮上。しかし、21周目に9台が絡む“ビッグ・ワン”が発生し、スアレツもこれに巻き込まれてしまった。
 この“ビッグ・ワン”に巻き込まれなかったエリック・ジョーンズがステージ1を4位でフィニッシュ。
 ステージ2も、終盤に再び“ビッグ・ワン”が発生。そのままステージは終了。ステージ1のクラッシュの後、車両を修復し周回遅れとして走行していたスアレツは、ここで“ラッキー・ドッグ”(コーション発生時に周回遅れの最上位車両が1周取り戻せる救済措置)を獲得し、首位と同一周回に復帰した。
 ステージ3は、最後まで走り切れる残り周回になったところで上位勢が続々とグリーンフラッグ下でピットイン。最後までピットに入らず残ったジェフ・グリーン、スアレツ、J.J.イェリーの3台がトップ3でレースを引っ張った。
 その後、全車がグリーン下でのピット作業を終えた時点で、エリック・ジョーンズ、スアレツらが上位に復帰。残り16周でコース上の異物によりイエローコーションが出されると、マット・ティフトがここで“ラッキー・ドッグ”を獲得。
 エリック・ジョーンズがイン側の先頭2番手で、残り11周での再スタートが切られると、3ワイドでの激しい最後のバトルが展開。ファイナルラップ、ポジションを争う中団グループ内でバックストレートでクラッシュが発生したが、レースはそのまま続行。エリック・ジョーンズが4位、ティフトが6位、スアレツが7位、ベテランのグリーンが10位で今季初となるトップ10フィニッシュを果たした。

 次戦第10戦は5月27日(土)、米国東南部ノースカロライナ州コンコードのシャーロット・モーター・スピードウェイで行われる。

ドライバー エリック・ジョーンズ:
「多分残り5周くらいで首位に立った。数周にわたって車線を変更しながら後続をブロックしたが、イン側に出来た別の隊列を抑えきれず、ポジションを落としてしまった。5位でレースを終えることが出来たのは幸運だったが、今日は全体的にもっと上を狙えるレースだった。我々のチームの車は、昨年スーパースピードウェイで苦戦したが、今日は本当に好調で、自由自在に走り、レースをリードすることも出来た。そういう意味では大きな一歩を踏み出せて良い一日だった」 

第9戦 Sparks Energy 300 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 23 98 アリック・アルミローラ フォード 113
2 14 1 エリオット・サドラー シボレー 113
3 8 22 ジョーイ・ロガーノ フォード 113
5 10 20 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 113
6 19 19 マット・ティフト トヨタ カムリ 113
9 18 18 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 113
10 40 8 ジェフ・グリーン トヨタ カムリ 113
11 31 14 J.J.イェリー トヨタ カムリ 113
23 15 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 112
28 26 13 マーク・トンプソン トヨタ カムリ 55
34 24 24 スコット・レガセイ・Jr. トヨタ カムリ 48

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 エリオット・サドラー シボレー 330
2 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 301
3 ウィリアム・バイロン シボレー 252
7 マット・ティフト トヨタ 216
11 ダコダ・アームストロング トヨタ 174
14 J.J.イェリー トヨタ 140
30 ドリュー・ヘリング トヨタ 35
32 スコット・レガセイ・Jr. トヨタ 34
38 ディラン・ラプトン トヨタ 25
40 ジェブ・バートン トヨタ 19
42 カイル・ベンジャミン トヨタ 16
47 ベニー・ゴードン トヨタ 10
49 マーク・トンプソン トヨタ 9
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 325
2 フォード 317
3 トヨタ 300
4 ダッジ 50

|

« WEC:ポルシェ919ハイブリッドがスパで3位と4位を獲得、ポルシェ911 RSRは5位と6位でフィニッシュ | トップページ | F2:Rd.2カタルニア 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:終盤18台が絡む“ビッグ・ワン”発生 カイル・ブッシュが最終周まで首位を争い惜しくも3位 エクスフィニティでは“トヨタ カムリ”4台がトップ10:

« WEC:ポルシェ919ハイブリッドがスパで3位と4位を獲得、ポルシェ911 RSRは5位と6位でフィニッシュ | トップページ | F2:Rd.2カタルニア 予選結果 »