« NASCAR:Rd.16sソノマ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.17デイトナ 予選結果 »

2017年6月27日 (火)

NASCR:今季初のロードコース戦でデニー・ハムリン4位、カイル・ブッシュが5位フィニッシュ (トヨタ)

2017年6月26日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第16戦ソノマ
今季初のロードコース、ソノマでカップ戦が開催され、“トヨタ カムリ”勢は首位を争ったが惜しくもデニー・ハムリンが4位、カイル・ブッシュが5位フィニッシュ。アイオワで行われたエクスフィニティ・シリーズでは、スポット参戦、シリーズデビュー2戦目のクリストファー・ベルがレースの大半を支配したが、終盤痛恨のクラッシュ。同じアイオワで行われたトラック・シリーズでもベルが首位を争ったが、終盤のピットトラブルでタイムロス。“トヨタ タンドラ”は4台がトップ10フィニッシュを果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第16戦 Toyota / Save Mart 350

開催日:6月25日

17nascar17_1首位を争い、4位、5位でフィニッシュしたデニー・ハムリン(#11:右)とカイル・ブッシュ(#18:左) 

 6月25日(日)、米国西部カリフォルニア州ソノマのロードコース、ソノマ・レースウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第16戦「Toyota / Save Mart 350」が開催された。
 オーバルコースでのレースが主体のNASCARではあるが、年間数戦ロードコース戦も行われる。カップ・シリーズでは年2戦実施されているが、今大会は今季初のロードコース戦として、ワインで有名なナパ・バレーに近いソノマ・レースウェイが舞台。丘陵地帯に位置する、アップダウンの激しいコースである。
 トヨタ勢ではロードコースも得意とするカイル・ブッシュが2008年と2015年に勝利。マーティン・トゥルーエクス・Jr.も2013年に勝利を飾っている。
 1周1.990マイル(約3.2km)のロードコースは、1周のラップタイムが80秒近くになるため、グリーンフラッグ中のピットインを行っても周回遅れになりにくい。そのため、各チーム様々なピット戦略が採られる。また、重いNASCAR車両でのロードコース戦のため、ヘアピンなどでの追い越しも数多く見られる。

 24日(土)に行われた予選では、トゥルーエクス・Jr.が3番手、カイル・ブッシュが4番手で2列目に並んだ。
 25日(日)午後0時22分、1.990マイルロードコースを25周、25周、60周の3ステージ合計110周(218.9マイル:約350km)して競われる決勝レースがスタート。
 マット・ケンゼスはエンジン交換を行ったため最後尾スタート。また、ルーキーで今大会がソノマでの初レースながら予選11番手につけたダニエル・スアレツは、2周目の最終コーナー進入でブレーキをロックさせタイヤにフラットスポットが出来てしまったために緊急ピットイン。ほぼ最後尾に落ちてしまった。
 3,4番手スタートのトゥルーエクス・Jr.とカイル・ブッシュは首位争いを展開。トゥルーエクス・Jr.は9周目、そして22周目にも首位に立つと、そのままステージ1を制覇。シリーズ最多となる11度目のステージ勝利を挙げた。14番手スタートのハムリンがステージ1は5位。
 最後尾から順位を上げてきたケンゼスはステージ1の終盤にピットインし、ステージ2を上位スタートする作戦に。カイル・ブッシュも同様の作戦を採ったが、ピットイン時に痛恨のスピード違反。大きく順位を落としてしまった。
 ステージ2序盤は、首位のトゥルーエクス・Jr.が逃げる後方で、ハムリンがサイド・バイ・サイドでの3位争いを展開。ステージ中盤にイエローコーションが出されると、ここでピット戦略が分かれ、大きく順位が入れ替わった。
 ステージ2はピット戦略を活かしたケンゼスが3位、ハムリンが4位。ステージ間のコーションでも順位の入れ替わりがあり、ステージ3はハムリンが首位で再スタート。7番手に順位を上げたカイル・ブッシュは接触しながらの激しいバトルで次々に前車をパスしていき、61周目にはハムリンをかわして首位浮上。67周目には追い上げてきたトゥルーエクス・Jr.が首位に立った。
 残り40周前後になると、給油すれば最後まで走り切れる周回ということもあり、各車グリーンフラッグ下でのピットイン開始。何台かがピットを引っ張る中、実質的な2位を走行していたトゥルーエクス・Jr.が痛恨のメカニカルトラブル。25周にわたり首位を走るなど上位争いを展開しながら、惜しくもここでレースを終えることとなってしまった。
 全車がピットを終えた時点で、ハムリンが2位。これを追う3位につけていたカイル・ブッシュは、残り17周というところでグリーンフラッグ下でのピットインを行い、給油と、新しいタイヤに交換して最後の追い上げを図ることに。
 新しいタイヤの優位性を活かし、カイル・ブッシュはじりじりとポジションをアップ。一方、燃料をセーブし、タイヤも厳しいハムリンはライバルの先行を許すことに。ファイナルラップにも1台にかわされたハムリンはそれでもトヨタ勢最上位の4位でチェッカー。終盤のグリーンフラッグピットで15位まで後退しながら猛烈な追い上げを見せたカイル・ブッシュは5位に入り、トヨタ勢は2台がトップ5フィニッシュを果たした。

 次戦第17戦は7月1日(土)、米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる。


ドライバー デニー・ハムリン:
「良いレースだった。我々の“トヨタ カムリ”は好調だったが、最後は優勝には届かなかった。我々はショートランで本当に速かったが、ロングランでやや速さが足りなかった。中盤戦は速さを見せられたし、ピット戦略も上手く行って多くの車両をパス出来た」 

トヨタモータースポーツニュース

第16戦 Toyota / Save Mart 350 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 12 4 ケヴィン・ハーヴィック フォード 110
2 13 14 クリント・ボウヤー フォード 110
3 23 2 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 110
4 14 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 110
5 4 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 110
16 11 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 110
20 38 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 110
25 30 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 109
32 32 23 アーロン・デイ トヨタ カムリ 108
37 3 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 86

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 カイル・ラーソン シボレー 659
2 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 646
3 ケヴィン・ハーヴィック フォード 548
4 カイル・ブッシュ トヨタ 542
9 デニー・ハムリン トヨタ 476
12 マット・ケンゼス トヨタ 423
16 エリック・ジョーンズ トヨタ 358
19 ダニエル・スアレツ トヨタ 334
34 コリー・ラジョイ トヨタ 98
35 グレイ・ゴールディング トヨタ 82
38 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
42 アーロン・デイ トヨタ 5
46 D.J.ケンニントン トヨタ 1
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 576
2 フォード 573
3 トヨタ 544

※結果及びポイントは暫定 

NASCAR XFINITY SERIES
第14戦 American Ethanol E15 250

開催日:6月24日

ダコダ・アームストロングが5位
クリストファー・ベルは首位走行中無念のクラッシュ

17nascar17_2トヨタ勢最上位の5位フィニッシュを果たしたダコダ・アームストロング(#28) 

 6月24日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第14戦「American Ethanol E15 250」が米国中部アイオワ州ニュートンのアイオワ・スピードウェイで開催された。
 この週末はカップ・シリーズのみ遠く離れた西海岸のソノマで開催、エクスフィニティとトラックがアイオワで行われるため、カップとの掛け持ち参戦ドライバーはなし。トラック・シリーズに今季フル参戦し、現在ランキング2位につける22歳、クリストファー・ベルがキャリア2戦目となるエクスフィニティ・シリーズへスポット参戦することとなった。

 そのベルは24日(土)決勝直前に行われた予選で、デビュー2戦目にして初のポールポジションを獲得。シリーズデビュー3戦目となる19歳のカイル・ベンジャミンが2番手につけ、デビューまもない若手2名の駆る“トヨタ カムリ”が最前列グリッドを占めた。
 午後7時46分、0.875マイルショートオーバルを60周、60周、130周の3ステージ合計250周(218.75マイル:約350km)して競われる決勝レースがスタート。ポールポジションのベルは好スタートで後続を引き離すと、一度も首位の座を譲ることなくステージ1を制覇。ベンジャミンが6位、ベテランJ.J.イェリーが7位に入った。
 ステージ間のピットで3位に後退したベルだったが、再スタート後、激しいバトルを繰り広げ、104周目に首位復帰。一方で、ステージ間のピット時にタイヤ管理のペナルティを受け順位を落としたベンジャミンは、追い上げを図っていたが112周目にスピン。後続が突っ込み、車体にダメージを負ったため、修復で6周遅れとなってしまった。
 このベンジャミンのスピンにより、ステージ終盤のイエローコーションとなったため、ベルはピットイン。一旦順位を落としたが、残り2周での猛烈な追い上げで、ステージ2は3位フィニッシュ。ダコダ・アームストロングが10位に入った。
 ステージ3を2位で再スタートしたベルは、首位争いを展開し、142周目にこの日3度目となる首位へ。その後は首位での快走を続けたが、残り32周というところで、バトルしていた周回遅れをかわそうとした際に接触され、スピン。壁にクラッシュ。この日、ここまでの218周中152周にわたって首位を走行、レースを支配して来たベルだったが、優勝争いから脱落してしまった。
 ベルの脱落により、トヨタ勢の最上位は、序盤のパンクによる後退から追い上げてトップ10圏内を走行していたアームストロングに。アームストロングは5位でチェッカー。今季初、自身キャリア2度目となるトップ5フィニッシュを果たした。

 次戦第15戦は6月30日(金)、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる。

ドライバー ダコダ・アームストロング:
「今夜ずっと、我々の“トヨタ カムリ”は素晴らしく速かった。予選も7番手につけられた。スタート直前に左リアタイヤのパンクに見舞われて後方からの追い上げを余儀なくされたが、チームの戦略も当たった。速さ的にはレースを通してトップ10の速さを持っていたと思う。ずっとポジションに恵まれなかったが、最後にようやく好位置につけられた。最後はタイヤがもう摩耗していた。もし新品タイヤだったら2位でフィニッシュ出来ただろう。しかし、後方スタートからトップ5できたのは素晴らしいし、チームの頑張りのおかげだ」 

第14戦 American Ethanol E15 250 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 6 9 ウィリアム・バイロン シボレー 250
2 22 39 ライアン・シーグ シボレー 250
3 15 42 タイラー・レディック シボレー 250
5 7 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 250
13 25 14 J.J.イェリー トヨタ カムリ 250
15 28 24 ディラン・ラプトン トヨタ カムリ 250
16 1 20 クリストファー・ベル トヨタ カムリ 250
22 9 19 マット・ティフト トヨタ カムリ 249
31 2 18 カイル・ベンジャミン トヨタ カムリ 241
38 39 13 カール・ロング トヨタ カムリ 18

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 エリオット・サドラー シボレー 502
2 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 477
3 ウィリアム・バイロン シボレー 445
9 マット・ティフト トヨタ 310
11 ダコダ・アームストロング トヨタ 276
15 J.J.イェリー トヨタ 225
27 ティミー・ヒル トヨタ 93
30 ディラン・ラプトン トヨタ 82
32 カイル・ベンジャミン トヨタ 66
38 ドリュー・ヘリング トヨタ 35
43 ジェブ・バートン トヨタ 19
48 ベニー・ゴードン トヨタ 10
51 マーク・トンプソン トヨタ 9
54 ケール・コンリー トヨタ 5
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 509
2 フォード 483
3 トヨタ 471
4 ダッジ 80

※結果及びポイントは暫定 

NASCAR CAMPING WORLD TRUCK SERIES
第9戦 M&M’s 200

開催日:6月23日

4台の“トヨタ タンドラ”がトップ10フィニッシュ

17nascar17_34位、6位でフィニッシュしたグラント・エンフィンジャー(#98)とノア・グラッグソン(#18) 

 NASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ第9戦「M&M’s 200」が6月23日(金)にアイオワ・スピードウェイで開催された。

 23日(金)決勝前に行われた予選では、今季からシリーズにフル参戦している18歳のルーキー、ノア・グラッグソンが自身2度目となるポールポジションを獲得。今季既に2勝を挙げ、ランキング2位に付ける22歳のクリストファー・ベルが2番手で続き、カイル・ブッシュ・モータースポーツの若手2名が駆る“トヨタ タンドラ”が最前列グリッドを占めた。
 23日(金)午後7時48分に0.875マイルショートオーバルを60周、60周、80周の3ステージ合計200周(175マイル:約280km)して競われる決勝レースがスタート。
 ポールポジションのグラッグソンが16周にわたって首位を逃げるが、その後ベルがこれをかわして首位に。2台によるトップ争いが展開されたが、ベルが首位、グラッグソンが2位でステージ1は終了。6番手スタートのベン・ローズが5位、カップ・シリーズで戦うマーティン・トゥルーエクス・Jr.の実弟であるライアン・トゥルーエクスが8番手スタートから6位へと順位を上げステージ1フィニッシュ。10番手スタートのグラント・エンフィンジャーが9位に入った。
 ステージ2も首位で再スタートを切ったベルが中盤まで独走。終盤スピン車両によるイエローコーションが出されると、多くの車両がピットへ向かったが、ベルはコースに残る判断。しかし、再スタート後、タイヤの新しいライバルにかわされ、ステージ2は4位でチェッカー。グラッグソン5位、ライアン・トゥルーエクス6位、ジェシー・リトルが8位、マット・クラフトンが9位となった。
 ステージ間のピット戦略で順位が入れ替わり、ベルは12位から再スタート。ライアン・トゥルーエクスとバトルを繰り広げていたが、ライアン・トゥルーエクスは166周目にエンジンのオーバーヒートに見舞われ無念のリタイア。185周目にはトップ10圏内でのバトルを繰り広げていたクラフトンとエンフィンジャーが接触。チームメイト同士の接触でクラフトンは壁に激しくクラッシュし、レースを終えることとなってしまった。
 このクラッシュにより出されたイエローコーションで各車最後のピットへ。4位につけていたベルは、ピット作業時にホイールナット交換用のガンにトラブルが発生しタイムロス。6位へ後退。
 残り7周で再スタートが切られ、エンフィンジャーがトヨタ勢最上位の4位でチェッカー。エンフィンジャーは4戦連続のトップ5フィニッシュとなった。ベルが5位、グラッグソンが6位、20歳のリトルが9位に入り、キャリア初のトップ10フィニッシュ。“トヨタ タンドラ”は4台がトップ10フィニッシュを果たした。

 次戦第10戦は7月6日(木)に米国中東部ケンタッキー州スパルタのケンタッキー・スピードウェイで開催される。

ドライバー グラント・エンフィンジャー:
「(チームメイトのクラフトンとの接触は)本当に申し訳なく思っている。私はイン側を走行していて、彼はアウト側からインに入ってきた。完全に私のミスだ。彼らに謝罪したい。チームは本当によくやってくれて、我々の“トヨタ タンドラ”は素晴らしかった。それだけに辛いレースになってしまった」 

第9戦 M&M’s 200 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 5 8 ジョン・ハンター・ネメチェク シボレー 200
2 4 21 ジョニー・ソーター シボレー 200
3 13 99 ブランドン・ジョーンズ シボレー 200
4 10 98 グラント・エンフィンジャー トヨタ タンドラ 200
5 2 4 クリストファー・ベル トヨタ タンドラ 200
6 1 18 ノア・グラッグソン トヨタ タンドラ 200
9 9 97 ジェシー・リトル トヨタ タンドラ 200
11 14 51 ハリソン・バートン トヨタ タンドラ 199
12 15 13 コディ・コーリン トヨタ タンドラ 199
14 6 27 ベン・ローズ トヨタ タンドラ 195
19 12 88 マット・クラフトン トヨタ タンドラ 184
20 8 16 ライアン・トゥルーエクス トヨタ タンドラ 166
23 17 45 オースティン・セルフ トヨタ タンドラ 124

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ジョニー・ソーター シボレー 433
2 クリストファー・ベル トヨタ 391
3 チェイス・ブリスコー フォード 357
4 マット・クラフトン トヨタ 338
5 ベン・ローズ トヨタ 310
6 グラント・エンフィンジャー トヨタ 300
7 ライアン・トゥルーエクス トヨタ 292
9 ノア・グラッグソン トヨタ 255
13 コディ・コーリン トヨタ 188
17 ブレット・モフィット トヨタ 126
23 ハリソン・バートン トヨタ 82
26 ジェシー・リトル トヨタ 67
32 マイアット・スナイダー トヨタ 51
33 パーカー・クリガーマン トヨタ 49
35 トッド・ギリランド トヨタ 47
37 コービン・フォリスター トヨタ 36
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 335
2 トヨタ 329
3 フォード 275

※結果及びポイントは暫定 

|

« NASCAR:Rd.16sソノマ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.17デイトナ 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCR:今季初のロードコース戦でデニー・ハムリン4位、カイル・ブッシュが5位フィニッシュ (トヨタ):

« NASCAR:Rd.16sソノマ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.17デイトナ 予選結果 »