« WEC:Rd.3ルマン24時間 8時間目途中経過 | トップページ | NASCAR:Rd.15ミシガン 予選結果 »

2017年6月18日 (日)

WEC:スタートから6時間経過。TS050 HYBRID #7号車は小林可夢偉が首位快走。3位は#8号車 中嶋一貴、4位は#9号車 国本雄資が走行中

17lemans_no2_12017年6月17日午後9時(現地時間)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company
WEC第3戦 ル・マン24時間 決勝速報No.2

ル・マン24時間レースはレースの4分の1を経過。6時間を走り終え、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID#7号車は小林可夢偉の快走により首位を独走。6時間終了時点で2位に約30秒の大差を付けている。#8号車はピットとイエローコーションのタイミングの不運により、3時間を過ぎたところで3位に後退。また、#9号車は、ポルシェ#2号車がトラブルで後退したため、4位へとポジションを上げた。

TS050 HYBRID #7号車:(小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ステファン・サラザン)
4時間経過時点(小林可夢偉): 1位 66周
5時間経過時点(ステファン・サラザン): 1位 83周
6時間経過時点(ステファン・サラザン): 1位 96周

TS050 HYBRID #8号車:(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン)
4時間経過時点(アンソニー・デビッドソン): 3位 66周
5時間経過時点(中嶋一貴): 3位 83周
6時間経過時点(中嶋一貴): 3位 96周

TS050 HYBRID #9号車:(ニコラス・ラピエール、国本雄資、ホセ・マリア・ロペス)
4時間経過時点(ホセ・マリア・ロペス): 4位 66周
5時間経過時点(国本雄資): 4位 83周
6時間経過時点(国本雄資): 4位 95周

レースは、6時間が経過、午後9時となったが、緯度の高いフランスではこの時期、午後10時過ぎまで日が落ちず、夕陽の中で激戦が続いている。TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID #7号車はマイク・コンウェイから交代した小林がハイペースで周回。後続との差を広げて行った。そして、2位と約45秒差を付け、午後7時半過ぎにステファン・サラザンへとステアリングを託した。

一方、#8号車は、アンソニー・デビッドソンへと交代した直後のスティントで周回遅れに阻まれ、後続に迫られた。さらに、ピットインとスローゾーンのタイミングが悪かったことも重なり、ピットアウト時にポルシェ#1号車の先を許し、3位へ後退。しかし、デビッドソンは、30秒以上に広がった2位との差を、徐々に詰めて、約15秒差3位で中嶋一貴へとドライバーチェンジを行った。その後、長いスローゾーンが発生したことで、予定よりも早めのピットに向かった#8号車は、2位ポルシェとの差を約5秒に詰めることに成功。2位の座を淡々と狙っている。

#9号車は、ホセ・マリア・ロペスへと交代して5位を走行していたが、ポルシェ2号車のトラブルによる後退で4位へポジションアップ。初のル・マン挑戦となるロペスは、好調なペースで首位と同一周回での走行を続け、国本雄資へと交代した。国本も順調に走行していたが、79周目に右ドアが開いてしまうトラブルに見舞われ、緊急ピットイン。1分ほどタイムをロスしたが、4位のポジションを守り走行を続けている。

1,3,4位で健闘するTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID。いよいよレースは夜間走行に突入する。

トヨタモータースポーツニュース

小林可夢偉 (TS050 HYBRID #7号車):
マイク(コンウェイ)から引き継いだ、私が担当するドライビングは上手く行きました。走り出しでは、コース上の混雑やスローゾーンはあまりありませんでしたが、後半には度々遭遇して苦しめられました。とはいえ2位との差を広げることが出来、ここまでは順調です。我々は落ち着いてレースを戦っていますし、TS050 HYBRIDも好調です。良いペースでラップタイムを重ねられていると思います。

アンソニー・デビッドソン (TS050 HYBRID #8号車):
厳しい状況でのドライビングを強いられました。コース上の混雑の中で、まるであらゆる不運なタイミングに見舞われたかのようでした。ベストラップはチームメイトと比べても遜色なかったのですが、悪いタイミングで周回遅れに阻まれてしまったり、運悪く上位を争う車両の中で唯一スローゾーンに引っかかってしまったりで、30秒近くをロスしました。ただ、車両は全く好調なので、何とか巻き返します。

ホセ・マリア・ロペス (TS050 HYBRID #9号車):
初めてル・マンの決勝レースを走ることが出来、本当に幸せです。全てが順調で、本当に気持ち良く走れました。とても長いレースで、まだまだ走らなくてはなりませんが、TS050 HYBRIDに乗る次の順番が今から楽しみです。

第3戦 ル・マン24時間 6時間経過時順位(LMP1-Hクラス)
順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 トップとの差
1 7 小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ステファン・サラザン TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID 96   
2 1 ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ニック・タンディ ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド 96 27.745
3 8 中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID 96 31.537
4 9 ニコラス・ラピエール
国本雄資
ホセ・マリア・ロペス TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID 95 1周
54 2 ティモ・ベルンハルト
アール・バンバー
ブレンダン・ハートレー ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド 78 18周

|

« WEC:Rd.3ルマン24時間 8時間目途中経過 | トップページ | NASCAR:Rd.15ミシガン 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65425557

この記事へのトラックバック一覧です: WEC:スタートから6時間経過。TS050 HYBRID #7号車は小林可夢偉が首位快走。3位は#8号車 中嶋一貴、4位は#9号車 国本雄資が走行中 :

« WEC:Rd.3ルマン24時間 8時間目途中経過 | トップページ | NASCAR:Rd.15ミシガン 予選結果 »