« NASCAR:Rd22ワトキンスグレン レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.23ミシガン 予選結果 »

2017年8月 9日 (水)

NASCAR:伝統のロードコースで“トヨタ カムリ”トップ4独占! “トヨタ カムリ”は週末の2カテゴリーを両制覇

2017年8月8日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第22戦ワトキンス・グレン
伝統のワトキンス・グレンで今季2度目のロードコース戦が行われ、“トヨタ カムリ”はマーティン・トゥルーエクス・Jr.が今季4勝目を挙げると共に、トップ4を独占。エクスフィニティ・シリーズもカイル・ブッシュが勝利を挙げ、トヨタは週末の両シリーズを制した。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第22戦 I LOVE NEW YORK 355 at The Glen

開催日:8月6日

17nascar23_1
今季4勝目を挙げたマーティン・トゥルーエクス・Jr. 

 8月6日(日)、米国東部ニューヨーク州ワトキンス・グレンのロードコース、ワトキンス・グレン・インターナショナルでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第22戦「I LOVE NEW YORK 355 at The Glen」が開催された。
 ほとんどのレースがオーバルコースで戦われているNASCARだが、カップ・シリーズでは年に2戦のみ、ロードコースでのレースが行われている。今大会は、6月のソノマ戦に続く、今季2度目のロードコース戦。ワトキンス・グレンはニューヨーク郊外の丘陵地帯に位置する高低差の大きな高速コース。60年以上の歴史を持ち、過去にはF1も行われたことのある伝統のコースである。トヨタ勢ではロードコースも得意としているカイル・ブッシュが過去2勝。昨年はデニー・ハムリンが制している。

 6日(日)、正午過ぎからの予選を経て、午後3時23分、2.45マイルロードコースを20周、20周、50周の3ステージ合計90周(220.5マイル:約355km)して競われる決勝レースがスタート。
 今季6度目、3戦連続のポールポジションからスタートを切ったカイル・ブッシュが首位を守るとぐんぐん後続を引き離し独走。3番手スタートのマーティン・トゥルーエクス・Jr.がすぐに2位へとポジションを上げこれを追った。
 ルーキーのエリック・ジョーンズが5位、同じくルーキーのダニエル・スアレツもチームメイトのマット・ケンゼスと共にトップ10圏内をキープ。そして、レース前に規定外の調整をしたとして後方グリッドからのスタートを余儀なくされたハムリンも17位前後までポジションアップ。
 ステージ1はイエローコーションが出ず、無給油で最後まで走り切れる周回数だが、ステージ2以降を見据えた戦略で、エリック・ジョーンズ、スアレツ、ケンゼス、ハムリンらが17周目にグリーンフラッグ下でピットイン。ピットに入らなかったカイル・ブッシュとトゥルーエクス・Jr.は1-2でステージ1を終えた。カイル・ブッシュは今季9度目のステージウィン。
 ステージ1と2の間のコーションラップで、カイル・ブッシュとトゥルーエクス・Jr.らはピットへ。タイヤ交換と給油を行ったが、カイル・ブッシュはホイールの緩みに見舞われ、再度ピットイン。ステージ2はスアレツ4位、ケンゼス6位、エリック・ジョーンズ7位、ハムリン12位、トゥルーエクス・Jr.13位、カイル・ブッシュは32位から再スタート。
 スアレツが素晴らしい走りで2位へとポジションアップ。32周目には首位走行中の車両がグリーンフラッグ中のピット作戦に出たため、スアレツが首位に浮上、ケンゼス、トゥルーエクス・Jr.がこれに続き“トヨタ カムリ”の1-2-3体勢に。
 エリック・ジョーンズが5位、後方スタートのハムリンもトップ10圏内へ。そして、ステージ2を30位以下からスタートしたカイル・ブッシュも猛烈な追い上げを見せ、ステージ2の残り2周ででトップ10圏内へと復帰して見せた。
 ステージ2終盤にはトゥルーエクス・Jr.がケンゼスをかわし、更にスアレツに迫ったが、スアレツが逃げ切り、初のステージウィン。トゥルーエクス・Jr.が2位、ケンゼス3位、エリック・ジョーンス5位、ハムリン6位、カイル・ブッシュが9位と、“トヨタ カムリ”はステージ2で6台がトップ10フィニッシュとなった。
 ステージ3は50周と、無給油では走りきれない周回数なため、トヨタ勢を含む上位は、このステージ間にはピットインせず。そのままの順位で再スタート。すぐにトゥルーエクス・Jr.がスアレツをかわして首位に立った。
 その後方では、9位での再スタートから8位を争っていたカイル・ブッシュがバスストップ・シケインでライバル車と接触。2台はスピンを喫したが、幸いにもそれ以上の接触は無く、カイル・ブッシュはピットへ。イエローコーションが出なかったため、カイル・ブッシュは周回遅れにこそならなかったものの首位から50秒以上遅れの34位へと順位を落としてしまった。
 カイル・ブッシュは50周目にも最後まで走り切るための燃料とタイヤのためにグリーンフラッグ下でピットイン。その翌周にタイヤバースト車両によりイエローコーションが発生し、多くの車両が一斉にピットへ向かった。
 ここでピットに入らなかった数台に続く5位で再スタートを切ったトゥルーエクス・Jr.はすぐにポジションアップし、63周目に首位を奪還。20位で再スタートを切ったカイル・ブッシュもトップ10に返り咲いた。
 先のイエローコーションのタイミングは、最後まで無給油で走り切るにはかなりぎりぎりの厳しい周回。燃料をセーブして走るか、ペースを上げて再度ピットインするかの判断を迫られることとなった。首位を快走していたトゥルーエクス・Jr.は、追い上げてきたライバルが最後まで走り切れないと判断し、自身は無給油で最後まで走り切るためにペースダウン。一方、追い上げを見せたカイル・ブッシュは4位までポジションを上げ、残り5周でピットイン。
 燃料セーブで一旦3位にポジションを落としたトゥルーエクス・Jr.だったが、残り3周で首位の車両がピットイン。代わって首位に立ったもう1台も、残り2周で燃料切れに見舞われスローダウン。これでトゥルーエクス・Jr.が首位に復帰した。
 トゥルーエクス・Jr.は最後まで燃料をもたせて走り切り、今季4勝目。同じく燃料セーブで最後まで走り切ったケンゼスはファイナルラップ、勝負を賭けての追い上げを見せたがコンマ4秒及ばず2位。スアレツが3位、ハムリンが4位で続き、“トヨタ カムリ”はトップ4を独占。スアレツは自身最高位フィニッシュで初のトップ5。4戦連続のトップ10フィニッシュとなった。
 カイル・ブッシュが7位、エリック・ジョーンズも10位でチェッカーを受け、“トヨタ カムリ”は6台がトップ10フィニッシュを果たした。

 次戦第23戦は8月13日(日)、米国北東部ミシガン州ブルックリンのミシガン・インターナショナル・スピードウェイで行われる。

トヨタモータースポーツニュース

ドライバー マーティン・トゥルーエクス・Jr.:
「ちょっと今は言葉が出ない。ずっとここでの勝利を夢見てきた。何度か近いチャンスはあったのに、届かなかった。それだけにこの勝利には感激している。レース終盤は多くのライバルが迫ってきて、私に出来るのはクルーチーフからの指示を聞くことだけだった。幸運なことに、私には最高のチームがあり、彼らを信じたことで勝った。ここで勝てて、最高の気分だ。パワーだけでなく燃費でも素晴らしい“トヨタ カムリ”を作ってくれたTRD-USAとチームに感謝したい」 

第22戦 I LOVE NEW YORK 355 at The Glen 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 3 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 90
2 15 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 90
3 5 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 90
4 11 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 90
7 1 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 90
10 6 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 90
32 33 83 ブレット・モフィット トヨタ カムリ 89
33 36 23 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 89

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 881
2 カイル・ブッシュ トヨタ 765
3 カイル・ラーソン シボレー 759
5 デニー・ハムリン トヨタ 687
9 マット・ケンゼス トヨタ 637
15 ダニエル・スアレツ トヨタ 508
18 エリック・ジョーンズ トヨタ 477
34 コリー・ラジョイ トヨタ 147
38 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
43 アーロン・デイ トヨタ 5
44 ステファン・リート トヨタ 5
48 D.J.ケンニントン トヨタ 2
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 フォード 776
2 シボレー 774
3 トヨタ 764

NASCAR XFINITY SERIES
第20戦 Zippo 200 at The Glen

開催日:8月5日

カイル・ブッシュが今季4勝目 シリーズ通算90勝目を挙げる

17nascar23_2ワトキンス・グレンでの自身シリーズ初勝利を挙げ、今季4勝目、自身通算シリーズ90勝目を達成したカイル・ブッシュ(#18) 

 8月5日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第20戦「Zippo 200 at The Glen」がワトキンス・グレン・インターナショナルで開催された。
 他のシリーズと離れたアイオワで行われた前週から一転、今大会はカップ・シリーズとの併催となり、ロードコース戦ということもあってカイル・ブッシュ、エリック・ジョーンズらカップ・ドライバーが多く参戦した。

 5日(土)午後2時18分、1周2.45マイルのロードコースを20周、20周、42周の3ステージ合計82周(200.9マイル:約320km)して競われる決勝レースがスタート。最前列2番手からスタートを切ったカイル・ブッシュがすぐに首位に浮上。後続を引き離していった。
 ステージ1,2はそれぞれ無給油で走り切れる周回のため、途中で出されたイエローコーションでも上位勢はピットインせず。終盤までカイル・ブッシュは首位を独走したが、17周目の1コーナーでスピン。幸いにもどこにも接触することはなかったが、3位へとポジションダウン。そのまま3位でステージ1を終えた。エリック・ジョーンズが4位で続いた。
 ステージ2スタート前のコーションで、上位勢はピットへ向かったが、ここでカイル・ブッシュはピットクルーが規定よりも多く作業エリアに降りてしまったためペナルティ。ほぼ最後尾の35位へと後退。
 24周目にステージ2の再スタートが切られると、カイル・ブッシュは後方から猛烈な追い上げを開始。33周目にはトップ10圏内へと復帰した。
 34周目にエンジンブロー車両によるイエローコーションが出されると、ステージ2は残り2周で再スタート。8番手から再スタートを切ったカイル・ブッシュは3ワイドバトルをすり抜けトップ争いに復帰。ステージ2を4位で終えた。エリック・ジョーンズはこの再スタートでポジションを落とし、9位でステージ2フィニッシュ。
 44周目にステージ3の再スタート。数周走ったところで給油すれば最後まで走れる周回となるため、各車次々にグリーンフラッグ下でピットへ向かった。ライバルよりやや遅らせて53周目にピットインしたカイル・ブッシュは全車がグリーンフラッグ下でのピットインを終えた時点で2位に1秒以上の差をつけて首位に立った。
 カップ・シリーズのトップドライバーがカイル・ブッシュを追うが、ロードコースも得意とするカイル・ブッシュは快走。残り6周でイエローコーションが出され、残り3周での再スタートとなったが、カイル・ブッシュはこれも決め、危なげなくトップチェッカー。今季4勝目を挙げると共に、自身の持つシリーズ通算勝利記録はついに90勝目となった。カイル・ブッシュはワトキンス・グレンでカップ・シリーズでは2勝を挙げているが、エクスフィニティでは今回が初勝利。
 エリック・ジョーンズが8位、今季よりシリーズにフル参戦し、初めてワトキンス・グレンでのレースを戦ったマット・ティフトは13位でレースを終えた。

 次戦第21戦は8月12日(土)、米国北部オハイオ州レキシントンのロードコース、ミッドオハイオ・スポーツカー・コースで行われる。

ドライバー カイル・ブッシュ:
「今日の“トヨタ カムリ”は本当に素晴らしかった、ついにエクスフィニティ・シリーズのワトキンス・グレン戦で勝てて最高の気分だ。何度も惜しいことはあった。2008年にはレーススポンサーと同じカラーリングでも走ったこともある。思い返せばいつも本当に速いクルマでレースを戦ってきたが、勝利には届かなかった。それだけにようやく勝てて本当に嬉しい」 

第20戦 Zippo 200 at The Glen 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 2 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 82
2 1 12 ジョーイ・ロガーノ フォード 82
3 5 22 ブラッド・ケゼロウスキー フォード 82
8 6 20 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 82
13 19 19 マット・ティフト トヨタ カムリ 82
20 23 24 ディラン・ラプトン トヨタ カムリ 81
21 26 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 81
31 35 40 エンリク・ベイカ トヨタ カムリ 78
39 25 14 J.J.イェリー トヨタ カムリ 16

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 エリオット・サドラー シボレー 732
2 ウィリアム・バイロン シボレー 680
3 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 608
7 マット・ティフト トヨタ 460
9 ダコダ・アームストロング トヨタ 404
14 J.J.イェリー トヨタ 340
28 ディラン・ラプトン トヨタ 126
31 カイル・ベンジャミン トヨタ 115
32 ライアン・プリース トヨタ 110
33 ジェブ・バートン トヨタ 91
41 ドリュー・ヘリング トヨタ 35
51 マーク・トンプソン トヨタ 17
58 ベニー・ゴードン トヨタ 10
61 エンリク・ベイカ トヨタ 6
62 ケール・コンリー トヨタ 5
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 722
2 トヨタ 683
3 フォード 680
4 ダッジ 125

|

« NASCAR:Rd22ワトキンスグレン レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.23ミシガン 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65642226

この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:伝統のロードコースで“トヨタ カムリ”トップ4独占! “トヨタ カムリ”は週末の2カテゴリーを両制覇 :

« NASCAR:Rd22ワトキンスグレン レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.23ミシガン 予選結果 »