« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDは無念の3位表彰台、次戦オースティンでの雪辱戦へ | トップページ | WEC:ポルシェLMPチームが他を圧倒する1-2フィニッシュ »

2017年9月 5日 (火)

NASCAR:デニー・ハムリンが2カテゴリー制覇! (トヨタ)

2017年9月5日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第25戦ダーリントン

70年近い伝統を持つ難コース、ダーリントンでは、土曜日のエクスフィニティでファイナルラップまで首位を争った末にデニー・ハムリンが勝利。日曜日のカップ・シリーズでも“トヨタ カムリ”勢が首位を争い、終盤逆転したハムリンが今季2勝目を挙げ、ダーリントンの週末を両シリーズ制覇した。カナダで行われたトラック・シリーズでは、19歳のルーキー、ノア・グラッグソンが自己最高となる2位フィニッシュを果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第25戦 Bojangles’ Southern 500
開催日:9月3日

17nascar27_1今季2勝目を挙げると共に、この週末のダーリントン2カテゴリーを制覇したデニー・ハムリン

 9月3日(日)、米国南東部サウスカロライナ州ダーリントンのダーリントン・レースウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第25戦「Bojangles’ Southern 500」が開催された。
 ダーリントンは70年近い歴史を持つ、伝統のコースのひとつ。第1/第2ターンと第3/第4ターンの曲率が異なる難コースで、壁への接触が頻発し、壁側、そして車両側に残る接触跡は「ダーリントン・ストライプ」と呼ばれる。
 カップ・シリーズの終盤10戦で選抜された上位ドライバーによりタイトルが争われる“プレーオフ”まで残り2戦となるレースでもある。
 この伝統の一戦は例年、9月の第1月曜日が祝日となる「レイバー・デー(労働者の日)」の前日に、日曜日としては珍しくナイトレースとして行われる。伝統のレースにふさわしく、多くの車両が、往年の名車をイメージした特別カラーリングで今大会に臨んだ。
 トヨタ勢はダーリントンで現在2連勝中。昨年はマーティン・トゥルーエクス・Jr.が勝利を挙げている。

 3日(日)午後6時21分、1.366マイルオーバルを100周、100周、167周の3ステージ合計367周(501.3マイル:約800km)して競われる決勝レースのスタートが切られた。
 序盤は2,3番手からスタートを切ったトゥルーエクス・Jr.とカイル・ブッシュ、そして前日のエクスフィニティ戦を制し、9番手からスタートしたデニー・ハムリンがトップ5へ浮上し上位を争った。ステージ1中盤以降はイエローコーションが出ず、50周以上に渡ってグリーンのまま周回。ずっと2位を走行していたトゥルーエクス・Jr.は、ファイナルラップに首位を奪い、ステージ1を制覇。今季16度目のステージウィンを果たした。ハムリンが3位、ルーキーのエリック・ジョーンズが6位、カイル・ブッシュはハンドリングに苦しみ9位となった。
 ステージ2もトゥルーエクス・Jr.が2位で首位の車両を追う展開。一方、19番手スタートからトップ10入りを狙っていたルーキーのダニエル・スアレツが125周目に壁にクラッシュし、無念のリタイアとなってしまった。
 再スタート後、首位を追い続けたトゥルーエクス・Jr.は148周目に首位を奪還。155周目に3台が絡むクラッシュでコーションが出されると、ピット作業でハムリンが先行。ステージ2の後半戦は、逃げるハムリンと追うトゥルーエクス・Jr.による激しい首位争いが繰り広げられた。
 ステージ2は後6周というところでクラッシュ車両が発生し、イエローコーションのまま終了。コーション発生時に前に出ていたトゥルーエクス・Jr.が今季17度目のステージウィン。この時点で、1戦と1ステージを残して、トゥルーエクス・Jr.はレギュラーシーズンのポイントリーダーを確定。プレーオフへ向け、15点のボーナスポイントを獲得することとなった。
 ステージ2はハムリンが2位、カイル・ブッシュが5位、ケンゼスが10位となった。
 ステージ3も序盤から“トヨタ カムリ”勢が支配。首位のハムリンをカイル・ブッシュが追い、ピットで5位まで順位を落としたトゥルーエクス・Jr.が追い上げを見せ、241周目には3位へ浮上。まもなくカイル・ブッシュもかわして再び首位のハムリンを追う形となった。
 ステージ3はイエローコーションがあまり出ない展開となり、特に最後の100周あまりがグリーンのまま推移したため、各チームグリーンフラッグ下でのピットを含む、ピット戦略が分かれた。
 313周目、グリーンフラッグピットを行うべくコースイン側へ向かったハムリンだったが、ブレーキングが間に合わずにピットロードに入りそびれ、翌周カイル・ブッシュと同タイミングでピットインすることとなり、大きくタイムロス。
 ピット作戦の異なるグループ、ケンゼスらが330周目過ぎから最後のピットインを終えると、早めにピットインしていたトゥルーエクス・Jr.が首位に浮上。トゥルーエクス・Jr.よりもタイヤの新しいハムリンとカイル・ブッシュが猛烈な勢いでの追い上げを開始した。
 ハムリンはみるみるうちにトゥルーエクス・Jr.との差を詰め、残り5周ほどで2台はテール・トゥ・ノーズに。次々に現れる周回遅れをかわしながらの首位争いが繰り広げられたが、残り2周というところでトゥルーエクス・Jr.はまさかのタイヤバーストに見舞われ、壁にヒット。
 しかし、イエローコーションは出ないまま周回が続き、ハムリンがトップチェッカー。今季2勝目を挙げた。2位にカイル・ブッシュ。エリック・ジョーンズが5位、ケンゼスが6位、スローダウンしながらも最後まで走り切ったトゥルーエクス・Jr.は8位でチェッカーを受け、“トヨタ カムリ”は1-2フィニッシュと共に、5台がトップ10入りを果たした。
 今季シーズンの前半は苦戦したトヨタ勢だが、直近の8戦中6勝と速さを取り戻しており、一時大差をつけられていたマニュファクチャラーズランキングでも、僅差ながら3メーカーの中での首位に立った。

 次戦第26戦は9月9日(土)、米国東部バージニア州リッチモンドのリッチモンド・インターナショナル・レースウェイで、"プレーオフ"前最後となるレースが行われる。

ドライバー デニー・ハムリン:
「ピットロードに入りそびれて、恐らく10秒から12秒ロスしてしまった。このロスを取り返して勝てるかどうかは分からなかったが、毎周壁ぎりぎりで全力の走りを続けた。クルーチーフがずっとプッシュ、プッシュと鼓舞してくれた。彼(マーティン・トゥルーエクス・Jr.)に追いついてからも良い走りが出来、パスできると思った直後、彼はターン3の立ち上がりでタイヤがバーストしたように見えた。この週末の両レースを制覇できたことは大きな意味を持つ。このレースは伝統のサザン500だ。祖父の代からの、多くの歴史を持っている。そんなダーリントンのヴィクトリーレーンに立つことが出来て本当に幸せだ」 

トヨタモータースポーツニュース

第25戦 Bojangles’ Southern 500 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 9 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 367
2 3 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 367
3 7 41 カート・ブッシュ フォード 367
5 10 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 367
6 11 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 367
8 2 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 367
28 35 23 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 360
32 38 55 デリック・コープ トヨタ カムリ 351
36 36 83 グレイ・ゴールディンツ トヨタ カムリ 202
38 19 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 125
39 32 15 リード・ソーレンソン トヨタ カムリ 104

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 1000
2 カイル・ブッシュ トヨタ 893
3 カイル・ラーソン シボレー 884
5 デニー・ハムリン トヨタ 810
8 マット・ケンゼス トヨタ 735
14 エリック・ジョーンズ トヨタ 611
17 ダニエル・スアレツ トヨタ 538
34 コリー・ラジョイ トヨタ 171
39 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
43 アーロン・デイ トヨタ 5
44 ステファン・リート トヨタ 5
48 D.J.ケンニントン トヨタ 2
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 879
2 シボレー 878
3 フォード 874

※結果及びポイントは暫定 

NASCAR XFINITY SERIES
第24戦 Sport Clips Haircuts VFW 200
開催日:9月2日

最終周の激戦を制し、デニー・ハムリンが今季2勝目

17nascar27_2ファイナルラップまで続いた抜きつ抜かれつのバトルを制し、今季2勝目を挙げたデニー・ハムリン 

 9月2日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第24戦「Sport Clips Haircuts VFW 200」がダーリントン・レースウェイで開催された。

 2日(土)午後3時52分、1.366マイルオーバルを45周/45周/57周の3ステージ合計147周(200.8マイル:約320km)して競われる決勝レースがスタート。その直後に、14番手スタートのルーキー、マット・ティフトがクラッシュに巻き込まれ、ティフトは僅か1周でレースを終えることとなってしまった。
 今季4度目のエクスフィニティ参戦で、ポールポジションからスタートを切ったデニー・ハムリンは、ステージ1序盤は首位を守ったものの、その後ハンドリングの悪化に苦しみ、ステージ1は4位でフィニッシュ。同じくカップ・シリーズにレギュラーで参戦しているエリック・ジョーンズは11番手スタートから6位となった。
 ステージ2はハムリンが2位、エリック・ジョーンズが5位。
 ステージ3は、前を行くカップ・シリーズのトップ・ドライバー2台を、ハムリン、エリック・ジョーンズの2台が3位、4位で追う展開となった。
 チェッカーまで残り6周での再スタート直後に上位を争っていたエリック・ジョーンズが接触を喫し、イエローコーション。レースは延長され、最後の2周“オーバータイム”で決されることに。
 この再スタートで首位に立ったハムリンだったが、ライバルも離されることなく、テール・トゥ・ノーズのままファイナルラップへ。第3ターン進入でライバルがインに飛びこみ、一旦先行を許したが、ハムリンはクロスラインを取って第4ターンで逆転。最終コーナーまで続いたバトルを制し、トップチェッカー。今季2勝目を挙げた。エリック・ジョーンズは4位でフィニッシュした。

 次戦第25戦は9月8日(金)、リッチモンド・レースウェイで行われる。

ドライバー デニー・ハムリン:
「今回走る機会を与えてくれたスポンサーや全ての人に感謝する。最高の週末になった。レース序盤は最高のハンドリングではなかったが、調整を続けて最後は良くなり、ライバルと素晴らしいバトルが出来た。最後にコーションが出るのはバトルに釘を刺されるようで嫌なものだが、結果的にはレースを面白くしてくれた」 

第24戦   決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 18 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 148
2 10 22 ジョーイ・ロガーノ フォード 148
3 2 41 ケヴィン・ハーヴィック フォード 148
4 11 20 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 148
19 22 14 J.J.イェリー トヨタ カムリ 148
29 24 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 147
30 23 24 ディラン・ラプトン トヨタ カムリ 147
40 14 19 マット・ティフト トヨタ カムリ 1

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 エリオット・サドラー シボレー 858
2 ウィリアム・バイロン シボレー 767
3 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 739
7 マット・ティフト トヨタ 558
12 ダコダ・アームストロング トヨタ 467
14 J.J.イェリー トヨタ 429
29 ディラン・ラプトン トヨタ 147
31 カイル・ベンジャミン トヨタ 115
32 ライアン・プリース トヨタ 110
33 ジェブ・バートン トヨタ 99
43 ジェームス・デイヴィソン トヨタ 52
47 ドリュー・ヘリング トヨタ 35
59 マーク・トンプソン トヨタ 17
66 ベニー・ゴードン トヨタ 10
71 ケール・コンリー トヨタ 5
77 アーニー・フランシス・Jr. トヨタ 1
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 863
2 トヨタ 831
3 フォード 812
4 ダッジ 159

※結果及びポイントは暫定 

NASCAR CAMPING WORLD TRUCK SERIES
第15戦 Chevrolet Silverado 250
開催日:9月3日

19歳ルーキー、グラッグソンがロード戦で自己最高2位

17nascar27_3ロードコース戦で自身キャリア最高位の2位に入ったノア・グラッグソン(#18)と、5位フィニッシュを果たしたライアン・トゥルーエクス(#16) 

 NASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ第15戦「Chevrolet Silverado 250」が9月3日(日)にカナダ カナダ・オンタリオ州ボウマンヴィルのロードコース、カナディアン・タイヤ・モスポート・パークで開催された。
 この週末、カップ・シリーズとエクスフィニティ・シリーズはダーリントンでの開催であり、こちらも日曜日決勝のため、トラック・シリーズへの他シリーズレギュラードライバーの掛け持ち出場はなし。地元カナダ出身ドライバーなどがスポット参戦したほか、今季のトラック・シリーズでは唯一のロードコース戦のため、将来のステップアップに向けたロードコース戦の経験を積むという意味合いもあり、若手レギュラードライバーの活躍が目立った。

 3日(日)は朝方雨に見舞われ、ロードコース戦ということもあって,NASCARでは珍しいレインタイヤも用意されたが、その後は雨もなく路面は乾いていき、完全にドライコンディションで午後2時53分に1周2.459マイルのロードコースを20周、20周、24周の3ステージ合計64周(157.376マイル:約250km)して競われる決勝レースのスタートが切られた。
 ステージ1は、今季既に4勝を挙げ、ランキング首位につけているクリストファー・ベルが5番手スタートから3位へとポジションを上げてフィニッシュ。19歳のルーキー、ノア・グラッグソンが6位、カップ・シリーズで活躍しているマーティン・トゥルーエクス・Jr.の実弟であるライアン・トゥルーエクスが11番手スタートから7位までポジションを上げてフィニッシュした。
 ステージ2では、ピットの戦略で12位まで順位を落としたライアン・トゥルーエクスが再スタート後1周で一気に6位へとポジションアップ。その後も目覚ましい走りで順位を上げ、ステージ2をトップチェッカー。自身2度目のステージウィンを果たした。ベン・ローズが3位、グラント・エンフィンジャーが4位と続き、トヨタ勢はトップ10のうち7台を占めた。
 ステージ3では、再スタート直後に4位につけていたベルがエンジンブロー。ステージ間のピット時から不調を訴えていたクラフトンもエンジントラブルに見舞われ、シリーズを牽引する2人が戦線離脱。
 再スタート後、狭いロードコースにも関わらず4ワイドでの激しいバトルの末に、トヨタ勢ではルーキーのグラッグソンが最上位の3位へ浮上。ファイナルラップ、グラッグソンの前で首位を争っていた2台が接触し、1台がコースオフしたため、グラッグソンは2位でチェッカー。惜しくも初勝利は逃したものの、フル参戦初年度の19歳が、3度目のトップ5フィニッシュ、そして自己最高位フィニッシュを果たした。
 ライアン・トゥルーエクスが5位でチェッカーを受け、今季5度目のトップ5フィニッシュとなった。

 次戦第16戦は9月15日(金)に米国中部イリノイ州ジョリエットのシカゴランド・スピードウェイで開催される。

ドライバー ノア・グラッグソン:
「33号車(カズ・グラーラ)と19号車(オースティン・シンドリック)は最後本当に速かった。私自身は全力を尽くして走ったが、終盤もう少し速さが必要だった。このレースで勝つつもりでいたし、そのために全力を尽くしたが、叶わなかった、チームクルーは最高の“トヨタ タンドラ”を用意してくれた、それだけに勝てなかったのは本当に残念だ」 
第15戦 Chevrolet Silverado 250 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 1 19 オースティン・シンドリック フォード 64
2 6 18 ノア・グラッグソン トヨタ タンドラ 64
3 3 33 カズ・グラーラ シボレー 64
5 11 16 ライアン・トゥルーエクス トヨタ タンドラ 64
8 4 75 パーカー・クリガーマン トヨタ タンドラ 64
9 20 22 オースティン・セルフ トヨタ タンドラ 64
10 9 27 ベン・ローズ トヨタ タンドラ 64
11 13 51 トッド・ギリランド トヨタ タンドラ 64
13 16 98 グラント・エンフィンジャー トヨタ タンドラ 64
14 17 96 D.J.ケンニントン トヨタ タンドラ 64
21 19 13 コディ・コーリン トヨタ タンドラ 60
25 8 88 マット・クラフトン トヨタ タンドラ 46
26 5 4 クリストファー・ベル トヨタ タンドラ 44

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 クリストファー・ベル トヨタ 634
2 ジョニー・ソーター シボレー 604
3 マット・クラフトン トヨタ 574
5 ベン・ローズ トヨタ 505
6 ライアン・トゥルーエクス トヨタ 498
7 グラント・エンフィンジャー トヨタ 474
9 ノア・グラッグソン トヨタ 458
13 コディ・コーリン トヨタ 317
23 パーカー・クリガーマン トヨタ 143
24 ブレット・モフィット トヨタ 126
25 ハリソン・バートン トヨタ 123
29 ジェシー・リトル トヨタ 91
32 マイアット・スナイダー トヨタ 78
33 トッド・ギリランド トヨタ 76
61 リコ・アブリュー トヨタ 14
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 559
2 シボレー 536
3 フォード 472

|

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDは無念の3位表彰台、次戦オースティンでの雪辱戦へ | トップページ | WEC:ポルシェLMPチームが他を圧倒する1-2フィニッシュ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65754103

この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:デニー・ハムリンが2カテゴリー制覇! (トヨタ):

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDは無念の3位表彰台、次戦オースティンでの雪辱戦へ | トップページ | WEC:ポルシェLMPチームが他を圧倒する1-2フィニッシュ »