« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDは、3位、4位。次戦WEC第7戦富士6時間レースに期待 | トップページ | NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー 予選結果 »

2017年9月20日 (水)

NESCAR:M.トゥルーエクス・Jr.が“プレーオフ”初戦制覇! (トヨタ)

2017年9月19日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第27戦シカゴランド
カップ・シリーズは最終10戦の“プレーオフ”に突入。今季強さを見せるマーティン・トゥルーエクス・Jr.が初戦を制し、3戦後からの“プレーオフ”第2ラウンドへの切符を手にした。エクスフィニティ・シリーズではエリック・ジョーンズがステージ1,2を制すも、残り7周での再スタートで痛恨のペナルティ。ルーキーのマット・ティフトが6位に入り、次戦からの“プレーオフ”進出を果たした。トラック・シリーズではトヨタドライバー同士での“プレーオフ“進出権をかけた激しいバトルが繰り広げられたが、これを制したベン・ローズが、クリストファー・ベル、マット・クラフトンと共に次戦からの“プレーオフ“に臨むこととなった。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第27戦 Tales of the Turtles 400

開催日:9月17日

17nascar29_1“プレーオフ“初戦を制し、今季5勝目を上げたマーティン・トゥルーエクス・Jr. 

 9月17日(日)、米国中部イリノイ州ジョリエットのシカゴランド・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第27戦「Tales of the Turtles 400」が開催された。
 年間全36戦のシリーズとして戦われているNASCARカップ・シリーズも、終盤の10戦で選抜された上位ドライバーがタイトルを争う“プレーオフ”に入った。当初16名選ばれ、3戦毎に下位の4人ずつ脱落していく。この“プレーオフ”には、トヨタ勢では今季4勝でレギュラーシーズンをトップで終えたマーティン・トゥルーエクス・Jrと.、カイル・ブッシュ、デニー・ハムリン、マット・ケンゼスの4名が進んだ。
 比較的新しいコースであるシカゴランドをトヨタは得意にしており、これまで参戦してきた10年間で5勝。カイル・ブッシュ、ケンゼス、ハムリン、トゥルーエクス・Jr.が勝利を挙げており、昨年はトゥルーエクス・Jr.が制している。

 17日(日)午後2時8分に1.5マイルオーバルを80周、80周、107周の3ステージ合計267周(400.5マイル:約640km)して競われる決勝レースがスタート。今季7度目となるポールポジションからスタートを切ったカイル・ブッシュを、3番手スタートからポジションを上げたトゥルーエクス・Jr.、2番手スタートのハムリンが追い、序盤から“トヨタ カムリ”の1-2-3体勢となった。
 カイル・ブッシュはトゥルーエクス・Jr.を大きく引き離し、首位を快走。ステージ1はイエローコーションが出ない展開となり、中盤にグリーンフラッグ下でのピットストップとなったが、1周でカイル・ブッシュは首位に返り咲き。一方、このグリーンフラッグピット作業時にトゥルーエクス・Jr.とエリック・ジョーンズはピットロードスピード違反を取られ大きく後退。
 カイル・ブッシュは独走でステージ1を制し、ハムリンが4位、ケンゼスが7位、ダニエル・スアレツが9位、トゥルーエクス・Jr.は追い上げ10位で1ポイントを獲得した。
 ステージ2もカイル・ブッシュが首位でスタートを切ったが、まもなく左リアホイールの緩みを訴え、グリーンフラッグ中に予定外のピットイン。加えて、このピット作業時に、ピットクルーが車両到着前にピットレーンに出てしまったとしてペナルティを受けることとなり、カイル・ブッシュは2周遅れの30位と大きく後退してしまった。
 ステージ2もイエローコーションが出ないままの展開となったが、2周遅れのカイル・ブッシュは自力でトップの車両を抜き返し、1周遅れへと復帰した。
 トゥルーエクス・Jr.もじりじりと順位を上げていき、ステージ中盤のグリーンフラッグピットを終えた時点でトヨタ勢最上位のトップ5へ。その後更にポジションを上げ、ステージ2は3位でチェッカー。ハムリンが6位、ケンゼス9位と、カイル・ブッシュ以外の“プレーオフ”ドライバーは着実にトップ10圏内をキープした。
 ステージ3はちょうど残り100周で再スタート。トゥルーエクス・Jr.は3位、カイル・ブッシュは1周遅れの4番手となる19位で、“ラッキー・ドッグ(イエローコーションが出されたときに周回遅れの最上位が首位と同一周回に復帰できる救済措置)”獲得へ向けバトルを続けた。
 トゥルーエクス・Jr.は190周目に首位を奪還。カイル・ブッシュは一旦周回遅れの最上位、“ラッキー・ドッグ”ポジションに浮上したものの、ハイペースで首位を走行するトゥルーエクス・Jr.が更なる周回遅れを発生させてしまったため、これを追うことに。
 209周目、エリック・ジョーンズがタイヤパンクによりスピンを喫し、イエローコーション。惜しくもカイル・ブッシュはここでの“ラッキー・ドッグ”獲得はならず。
 このコーションからの再スタートも決めたトゥルーエクス・Jr.は、その後も首位快走を続け、最後は2位に7秒もの大差をつけてトップチェッカー。今季5勝目を挙げると共に、“プレーオフ”初戦を制し、次ラウンド進出の切符を最初に手にすることとなった。
 レースを通して着実にトップ5圏を走行したハムリンが4位、ケンゼスが9位で、トヨタ勢はプレーオフドライバーのうち3人がトップ10フィニッシュ。カイル・ブッシュも最後まで首位と同一周回復帰を目指したが、イエローコーションが出ず、1周遅れながらも15位でフィニッシュ。ランキングでは、トゥルーエクス・Jr.が首位を守り、カイル・ブッシュはステージポイントなどの積み重ねもあり、5位につけている。

 次戦第28戦は9月24日(日)、米国北東部ニューハンプシャー州ロードンのニューハンプシャー・モーター・スピードウェイで行われる。

ドライバー マーティン・トゥルーエクス・Jr.:
「素晴らしい結果で、興奮している。チームは信じられないような仕事をしてくれた。ファンの皆様全てに感謝したい。シカゴは最高だ。序盤、ピットスピード違反のペナルティを受けることになり、昨年(トップ走行中にタイヤバーストに見舞われるも追い上げ優勝)の悪夢を思い出したが、懸命に追い上げた。我々の“トヨタ カムリ”は信じられないほど速かったので、とにかく戦い続け、いつも通りの結果を成し遂げられたということだ」 

トヨタモータースポーツニュース

第27戦 Tales of the Turtles 400 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 3 78 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ カムリ 267
2 8 24 チェイス・エリオット シボレー 267
3 4 4 ケヴィン・ハーヴィック フォード 267
4 2 11 デニー・ハムリン トヨタ カムリ 267
9 10 20 マット・ケンゼス トヨタ カムリ 267
12 13 19 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 267
15 1 18 カイル・ブッシュ トヨタ カムリ 266
33 24 77 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 259
36 33 23 コリー・ラジョイ トヨタ カムリ 256
37 40 83 ブレット・モフィット トヨタ カムリ 255
38 36 55 グレイ・ゴールディング トヨタ カムリ 254

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 マーティン・トゥルーエクス・Jr. トヨタ 2102
2 カイル・ラーソン シボレー 2075
3 ケヴィン・ハーヴィック フォード 2067
5 カイル・ブッシュ トヨタ 2061
7 デニー・ハムリン トヨタ 2058
9 マット・ケンゼス トヨタ 2039
19 エリック・ジョーンズ トヨタ 658
20 ダニエル・スアレツ トヨタ 595
34 コリー・ラジョイ トヨタ 180
39 マイケル・ウォルトリップ トヨタ 29
43 アーロン・デイ トヨタ 5
44 ステファン・リート トヨタ 5
48 D.J.ケンニントン トヨタ 2
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 953
2 トヨタ 946
3 フォード 943

NASCAR XFINITY SERIES
第26戦 TheHouse.com 300

開催日:9月16日

ルーキーのマット・ティフトが6位フィニッシュ

17nascar29_2トヨタ勢最上位の6位でフィニッシュし、ルーキーながら次戦からの“プレーオフ“に挑むマット・ティフト(#19) 

 9月16日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第26戦「TheHouse.com 300」がシカゴランド・スピードウェイで開催された。
 エクスフィニティ・シリーズは今大会でレギュラーシーズンを終え、次戦から12名、7戦で争われる“プレーオフ”に入る。トヨタ勢では、今季からシリーズにフル参戦しているルーキーのマット・ティフトが前戦既に“プレーオフ”入りを決めている。

 16日(土)午後2時47分、1.5マイル・オーバルを45周、45周、110周の3ステージ合計200周(300マイル:約480km)して競われる決勝レースがスタート。
 今季よりカップ・シリーズへステップアップしフル参戦しているエリック・ジョーンズとダニエル・スアレツが最前列に並んでスタートを切り、ポールポジションのエリック・ジョーンズが序盤から首位を独走。一度もその座を譲らないままステージ1を制した。
 一方でスアレツと7番手スタートのティフトはハンドリングに苦しみながらもトップ10圏内をキープ。ステージ1をスアレツが5位、ティフトが8位で終えた。
 ステージ2も同じような展開となり、エリック・ジョーンズが制覇。スアレツが6位、ティフトは10位に入った。
 ここまでの2ステージ、ステージ間のピットイン時以外全ての周回で首位を走行していたエリック・ジョーンズだったが、ステージ3スタート前のピットイン時に、タコメーター表示不調に見舞われ痛恨のピットロードスピード違反(NASCARでは車速をドライバーがタコメーターによってコントロールする)。19位へと大きくポジションダウンを余儀なくされてしまった。
 96周目にステージ3の再スタートが切られると、エリック・ジョーンズはみるみるうちに順位を取り戻しトップ10へ。126周目にはトップ5まで浮上した。
 一方でスアレツは、3位を走行していたが異常振動を訴え予定外のピットイン。周回遅れの18位へ後退。
 150周目、スピン車両によりこの日初めてのイエローコーションが出されると、全車最後まで走り切るためにピットへ向かったが、今度はティフトがピットロードスピード違反で後退。
 5位で再スタートを切ったエリック・ジョーンズは、絶好のダッシュを決めて一気に2位へとポジションアップ。スアレツは何とかトップ10圏内まで復帰していたものの調子が戻らず、179周目にスピンを喫してしまった。
 これによって出されたイエローコーションからの再スタート直後にもクラッシュが発生し、レースは残り7周での再スタートに。ここで、最前列2位につけていたエリック・ジョーンズは、再スタートのスタート/フィニッシュラインを越える前に車線を変更してしまったとしてペナルティ。大きく順位を落とすこととなってしまった。
 この終盤の再スタートでポジションを上げたティフトがトヨタ勢最上位の6位でフィニッシュ。今季7度目のトップ10フィニッシュを果たしたルーキードライバーは、次戦より7戦で争われる“プレーオフ”に臨む。

 次戦第27戦は9月23日(土)、米国中東部ケンタッキー州スパルタのケンタッキー・スピードウェイで行われる。

ドライバー マット・ティフト:
「プレーオフに進めたことも嬉しいし、今日トップ10フィニッシュを果たせたことも良かった。我々はここのような、NASCARトラックの長さで最も多い1.5マイルオーバルでこれまであまり成績が良くなかったので、好成績が必要だった。今日は一日まずまずのレースが出来たと思うが、最後はクレージーだった。もう少し速さが必要だが、今回は良いレースウィークを過ごし、好結果で終わることが出来た。プレーオフに入ってからも毎週この調子で戦えれば結果に繋がると思う」 

第26戦 TheHouse.com 300 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 14 7 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 200
2 3 42 カイル・ラーソン シボレー 200
3 6 1 エリオット・サドラー シボレー 200
6 7 19 マット・ティフト トヨタ カムリ 200
16 20 28 ダコダ・アームストロング トヨタ カムリ 200
18 1 20 エリック・ジョーンズ トヨタ カムリ 200
19 2 18 ダニエル・スアレツ トヨタ カムリ 199
21 25 14 J.J.イェリー トヨタ カムリ 198
37 33 40 ギャレット・スミスリー トヨタ カムリ 24

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 ウィリアム・バイロン シボレー 2025
2 ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 2023
3 エリオット・サドラー シボレー 2020
10 マット・ティフト トヨタ 2004
13 ダコダ・アームストロング トヨタ 507
14 J.J.イェリー トヨタ 462
29 ディラン・ラプトン トヨタ 160
31 カイル・ベンジャミン トヨタ 115
32 ライアン・プリース トヨタ 110
33 ジェブ・バートン トヨタ 99
43 ジェームス・デイヴィソン トヨタ 52
47 ドリュー・ヘリング トヨタ 35
60 マーク・トンプソン トヨタ 17
66 ベニー・ゴードン トヨタ 10
72 ケール・コンリー トヨタ 5
79 アーニー・フランシス・Jr. トヨタ 1
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 シボレー 937
2 トヨタ 890
3 フォード 881
4 ダッジ 168

NASCAR CAMPING WORLD TRUCK SERIES
第16戦 TheHouse.com 225

開催日:9月15日

クリストファー・ベルが3位
トヨタ勢は3人が次戦からの“プレーオフ”に進出

17nascar29_3“プレーオフ“進出を決めた3名のトヨタドライバー。左からマット・クラフトン、クリストファー・ベル、ベン・ローズ 

 NASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ第16戦「TheHouse.com 225」が9月15日(金)にシカゴランド・スピードウェイで開催された。
 トラック・シリーズも今大会がレギュラーシーズン最後のレースとなり、次戦からの7戦で上位選抜された8名が“プレーオフ”を戦う。トヨタ勢では最多の4勝を挙げているクリストファー・ベルと、2度のチャンピオン経験を持つベテラン、マット・クラフトンが1勝で“プレーオフ”入りを決めている。
 ここまでレギュラーシーズンの勝者が6名出ており、最後の8人目の椅子は、ランキングでベン・ローズとライアン・トゥルーエクスが7点という僅差で競っている状況。また、今大会勝利を挙げればランキング20位以内の全てのドライバーにもチャンスがあるため、各ドライバー“プレーオフ”入りを目指して臨んだ。

 15日(金)午後7時52分、1.5マイルオーバルを40周、40周、70周の3ステージ合計150周(225マイル:約360km)して競われる決勝レースがスタート。今季初のポールポジションからスタートを切ったライアン・トゥルーエクスと、3番手スタートのベルが首位争いを展開。抜きつ抜かれつのバトルを展開したが、ステージ終盤のコーションでベルらがピットインしたのに対し、ライアン・トゥルーエクスはコース上に残る作戦を採り、ステージ1を制覇。今季3度目のステージウィンを飾ると共に、“プレーオフ”入りへ向け好調なスタートを切った。
 “プレーオフ”入りを争っているローズはステージ1を3位で終えたが、ステージ2開始前のピット作業でタイヤをエリア外に転がしてしまい、ペナルティ。27位へ後退。
 ライアン・トゥルーエクスも、他と異なるピット戦略のため、ステージ間のピットで14位へ後退。ステージ2は55周目に首位を奪還したベルが制した。クラフトンが3位、ライアン・トゥルーエクスが8位、マイアット・スナイダーが9位、グラッグソンが10位。ローズは12位となった。
 ステージ3は、30周ほど走ったところでクラフトンがタイヤパンクに見舞われバランスを崩し、直後にいたローズと接触。ローズもフェンダーにダメージを負った。ピットインしローズは12位でコースへ復帰。この時点で、ライアン・トゥルーエクスは4位につけており、ポイントでは同点という厳しい戦いが続いた。
 ステージ3の前半を独走で支配していたベルだったが、このアクシデントにより出されたコーション時のピットで3位に後退。再スタート後、一旦は首位に立つも再逆転を許し、3位でフィニッシュ。レギュラーシーズンをトップで終え、ボーナスポイントを獲得してトップで“プレーオフ”に臨むこととなった。
 ライアン・トゥルーエクスは4位でフィニッシュ。しかし、ローズが6位まで追い上げてチェッカーを受けたため、トヨタ勢3人目の“プレーオフ”進出はローズとなった。

 次戦第17戦は9月23日(土)ニューハンプシャー・モーター・スピードウェイで開催される。

ドライバー クリストファー・ベル:
「レギュラーシーズンをトップで終えられたのは大きい。我々のチームは世界一素晴らしく、彼らのおかげでここまで来ることが出来たし、このチームで戦えることに本当に感謝している。今日のレースでは、最終戦のホームステッドまでに脱落しないよう、少しでも上位でフィニッシュするということを学んだ。この週末、我々の“トヨタ タンドラ”は本当に速かった。勝てると感じていたが、終盤に幾つかのミスがあり、惜しくもそれは叶わなかった」 

第16戦 TheHouse.com 225 決勝結果
順位 予選 No. ドライバー名 車種 周回
1 4 21 ジョニー・ソーター シボレー 150
2 2 29 チェイス・ブリスコー フォード 150
3 3 4 クリストファー・ベル トヨタ タンドラ 150
4 1 16 ライアン・トゥルーエクス トヨタ タンドラ 150
5 8 98 グラント・エンフィンジャー トヨタ タンドラ 150
6 13 27 ベン・ローズ トヨタ タンドラ 150
8 6 18 ノア・グラッグソン トヨタ タンドラ 150
10 10 51 マイアット・スナイダー トヨタ タンドラ 150
11 11 13 コディ・コーリン トヨタ タンドラ 150
16 5 88 マット・クラフトン トヨタ タンドラ 148
17 17 45 ジャスティン・フォンテイン トヨタ タンドラ 148

選手権 ポイント表
ドライバーズポイント
順位 ドライバー名 メーカー ポイント
1 クリストファー・ベル トヨタ 2040
2 ジョニー・ソーター シボレー 2025
3 ジョン・ハンター・ネメチェク シボレー 2014
4 マット・クラフトン トヨタ 2014
7 ベン・ローズ トヨタ 2007
9 ライアン・トゥルーエクス トヨタ 544
10 グラント・エンフィンジャー トヨタ 506
11 ノア・グラッグソン トヨタ 489
13 コディ・コーリン トヨタ 343
23 パーカー・クリガーマン トヨタ 143
25 ブレット・モフィット トヨタ 126
26 ハリソン・バートン トヨタ 123
29 マイアット・スナイダー トヨタ 107
31 ジェシー・リトル トヨタ 91
34 トッド・ギリランド トヨタ 76
40 ジャスティン・フォンテイン トヨタ 42
62 リコ・アブリュー トヨタ 14
マニュファクチャラーズ
ポイント
順位 メーカー ポイント
1 トヨタ 593
2 シボレー 576
3 フォード 507

|

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDは、3位、4位。次戦WEC第7戦富士6時間レースに期待 | トップページ | NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65814426

この記事へのトラックバック一覧です: NESCAR:M.トゥルーエクス・Jr.が“プレーオフ”初戦制覇! (トヨタ):

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDは、3位、4位。次戦WEC第7戦富士6時間レースに期待 | トップページ | NASCAR:Rd.28ニューハンプシャー 予選結果 »