« DAKAR:ダカールラリー ステージ14(最終) オート部門トップ10結果 (1月20日) | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2018がコルドバにフィニッシュ。日野レンジャーが総合6位で排気量10リットル未満クラス9連覇を達成 (日野自動車) »

2018年1月22日 (月)

DAKAR:ダカール2018がコルドバにゴール,三浦昂(トヨタ車体社員)の初勝利でTLCは市販車部門5連覇を達成 (TLC)

06 (TLC)

STAGE14 1月20日 土曜日
コルドバ~コルドバ(ループステージ)
リエゾン:165km
SS:119km
TOTAL:284km

40回目の大会となるダカールラリー2018を締めくくる最後のステージは、約30本もの川を渡るコースが待ち受けている。隠れた落とし穴が潜んでいる可能性は十分にあるため、最後のゴールを切る瞬間まで選手らは気を抜けない。

戦況
20日、ダカール2018は最終日を迎え、アルゼンチンのコルドバを基点に最終競技区間(SS)を実施。15日間の戦いの幕を閉じた。市販車部門にトヨタ・ランドクルーザー200で参戦しているTLCは三浦昂/ローラン・リシトロイシター組の2号車が累計順位で総合25位/市販車部門1位でゴールし、チーム母体であるトヨタ車体社員の三浦が初優勝。TLCは同部門の5連覇を達成した。

この日の行程はまずコルドバ市郊外の競技場に設けられたビバーク地から北西に移動区間(リエゾン)で71㎞移動し、コルドバ山脈のふもとで119㎞のループコースのSSを実施。路面はグラベルの山岳路で、コーナリングを誤ると崖から落ちるようなリスキーな場所もあった。その後94㎞のリエゾンでいったんビバークに帰着。最後に順位ごとに車列を整えて夜8時頃市内の郡庁舎前にへ向かうというものだ。すでに順位はほぼ確定しているが最終SSはあくまで競技であり、ここでストップすれば完走と認定されず、順位もつかない。
19日の競技終了時点で市販車部門2位のN・ファロー組(トヨタ・ランドクルーザー)に大差をつけていた三浦/リシトロイシター組は、このSSに慎重に臨み、総合28位で無事ゴール。その後2時半頃にビバーク地に到着し、最終的に順位が確定した。

三浦は2007年のダカールにTLCのナビゲーターとして初参加。2016年からは社員ドライバーとしてステアリングを握り、17年には部門2位でチームのワン・ツー・フィニッシュに貢献した。今大会ではチームメイトのC・ラヴィエル/J‐P・ギャルサン組1号車が序盤に不運なトラブルで戦列を去って以来、様々な困難やハプニングを乗り越えて市販車部門首位のポジションを守り切り、念願の初勝利を獲得した。
ゴール会場にはトヨタ車体 増井敬二社長も駆けつけ、角谷監督、三浦/リシトロイシター組とがっちり握手。ラリーを終えたチームスタッフを労った。

本日までの累計順位 (第14ステージ終了時点)
CAR No ドライバー&ナビゲーター 市販車部門順位 クラス順位 総合順位

328 クリスチャン・ラヴィエル/ジャン・ピエール・ギャルサン ステージ4にてリタイア
337 三浦 昂/ローラン・リシトロイシター 1 1 25

本日のステージ順位 (第14ステージ終了時点)
CAR No ドライバー&ナビゲーター 市販車部門順位 クラス順位 総合順位

328 クリスチャン・ラヴィエル/ジャン・ピエール・ギャルサン ステージ4にてリタイア
337 三浦 昂/ローラン・リシトロイシター 1 1 28

トヨタオートボディ・プレスリリース

TEAM VOICE

トヨタ車体 増井敬二社長
1号車がリタイアするなど予想外の展開で心配もあったが2号車が一台で頑張り、結果を出してくれた。社員ドライバーによる優勝は画期的なこと。企業スポーツとしてアマチュアが勝てたことは社員の励みになる。

角谷監督
ほっとしました。1号車が早期にリタイアしたときは焦りましたし、2号車も度々トラブルに見舞われて心配でした。でも三浦ドライバーとリシトロイシターナビゲーターが結果を出してくれた。メカニックたちもよくやってくれて最高の気分です。

三浦ドライバー
勝ちたいとずっと思っていましたが本当に実現するとは。まだ信じられない気持ちです。チームとずっと最高のリードをしてくれたリシトロイシターナビゲーターに感謝します。今回は勝てましたが本当はそんなに甘くない。ますますダカールのドライバーにやりがいを感じるようになりました。

リシトロイシターナビゲーター
ダカールで勝つことが出来て最高の気分です。走らせた自分たちだけでなく、毎日ベストな状態でクルマを用意してくれたメカニックなど、チーム全員で獲得した勝利でしょう。1台になってプレッシャーもありましたが、三浦ドライバーは良くやったと思います。

西村メカニック
このダカールが終わると自分はトヨタ自動車の元の職場に戻ります。勝てて嬉しい半面寂しい気持ちもある。ともあれ優勝に貢献出来たのが一番良かったです。

山田メカニック
担当していた1号車がリタイアしたのは残念ですが2号車が勝てて本当に良かった。派遣2年目の自分はこれで卒業ですが、会社の人たちには良い経験が出来るので是非挑戦してもらいたいと思っています。

瀧井メカニック
初めてのダカールで自分が納得出来る仕事が出来なかったのが悔しいです。フランス人メカニックとのコミュニケーションなども含めて次回は100%悔いのないよう頑張りたいと思います。

|

« DAKAR:ダカールラリー ステージ14(最終) オート部門トップ10結果 (1月20日) | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2018がコルドバにフィニッシュ。日野レンジャーが総合6位で排気量10リットル未満クラス9連覇を達成 (日野自動車) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66308758

この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:ダカール2018がコルドバにゴール,三浦昂(トヨタ車体社員)の初勝利でTLCは市販車部門5連覇を達成 (TLC):

« DAKAR:ダカールラリー ステージ14(最終) オート部門トップ10結果 (1月20日) | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2018がコルドバにフィニッシュ。日野レンジャーが総合6位で排気量10リットル未満クラス9連覇を達成 (日野自動車) »