« WWEC:Rd.2ルマン17時間目途中経過 | トップページ | WEC:Rd.2ルマン 20時間途中経過 »

2018年6月17日 (日)

WEC: 朝を迎えたル・マンでTS050 HYBRID同士の首位争い展開

18wec_rd2_race_18h_1_2

2018年617日(日)

 トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
 2018-19年スーパーシーズン WEC2戦ル・マン24時間 決勝 18時間経過

ル・マン24時間レースは4分の318時間を経過しました。TOYOTA GAZOO Racing2台のTS050 HYBRIDは、またも低速走行区間での速度違反ペナルティを取られることとなりましたが、それ以外には大きなトラブルも無く、「夜のル・マン」を無事走り抜き、朝を迎えました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):

18時間経過時順位 : 2 (トップと41174), 296

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):

18時間経過時順位 : 1, 296

ル・マン24時間レースも、鬼門とされる夜の戦いを終え、朝を迎えました。空には雲が立ちこめ、かなり肌寒いコンディションの朝ですが、夜を徹して走り続けてきたレースカーは、長い戦いの証とも言うべき汚れを身にまといながら、疲労がピークに達するこの時間帯をメカニック、エンジニア、ドライバーが一丸となって戦い続けています。

TOYOTA GAZOO RacingTS050 8号車は、深夜フェルナンド・アロンソの猛烈な追い上げで約215秒あった7号車との差を約40秒まで縮めると、引き継いだ中嶋一貴が夜明け頃に7号車の小林可夢偉をパスし、首位に浮上しました。8号車はその後、中嶋からセバスチャン・ブエミに交代すると約40秒の差を広げトップを快走しています。その間、2台揃って低速走行区間での速度違反ペナルティを科されましたが、後続との差は10周と大きく引き離しており、引き続き盤石の12体制で終盤戦へと突入します。

トヨタモータースポーツニュース

WEC第2戦 ル・マン24時間 決勝18時間経過時順位(LMP1クラス)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 トップとの差
1 8 中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
296  
2 7 小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
296 41.174
3 3 トーマス・ローレン
マティアス・ベシェ
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
286 10 Laps
4 1 アンドレ・ロッテラー
ニール・ジャニ
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
286 10 Laps
5 10 ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
244 52 Laps
6 11 ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ジェンソン・バトン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
243 53 Laps
7 5 チャールズ・ロバートソン
マイケル・シンプソン
レオ・ルーセル
CEFC TRSMレーシング/
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
225 71 Laps
8 6 オリバー・ローランド
アレックス・ブランドル
オリバー・ターベイ
CEFC TRSMレーシング/
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
137 159 Laps
9 17 ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
マテヴォス・イサアキャン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
123 173 Laps
10 4 オリバー・ウェッブ
ドミニク・クライハマー
トム・ディルマン
バイコレス・レーシング・チーム/
エンソ・CLM P1/01・ニスモ
65 231 Laps

|

« WWEC:Rd.2ルマン17時間目途中経過 | トップページ | WEC:Rd.2ルマン 20時間途中経過 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC: 朝を迎えたル・マンでTS050 HYBRID同士の首位争い展開:

« WWEC:Rd.2ルマン17時間目途中経過 | トップページ | WEC:Rd.2ルマン 20時間途中経過 »