« WWEC:Rd.2ルマン 9時間目途中経過 | トップページ | WWEC:Rd.2ルマン12時間目途中経過 »

2018年6月17日 (日)

WEC:夜間走行突入。TS050 HYBIDは1-2位で着実に周回 (トヨタ)

18wec_rd2_race_9h_12018年6月17日(日)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
2018-19年スーパーシーズン WEC第2戦ル・マン24時間 決勝 9時間経過

ル・マン24時間レースは、レースの3分の1、9時間を経過。現地は0時を回り、17日、日曜日へと日付が変わりました。ドライバーは首位の7号車が小林可夢偉からマイク・コンウェイ、8号車が中嶋一貴からセバスチャン・ブエミへと交代。2台はお互い30秒ほどの差を保って、3位以下には3周の大差をつけて1位、2位での走行を続けています。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
9時間経過時順位 : 1位, 145周

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
9時間経過時順位 : 2位 (トップと38秒395差), 145周

緯度の高いル・マンでは、夏至に近いこの時期は、午後10時頃に日が沈み、10時半頃に完全に暗くなります。中嶋一貴と小林可夢偉がドライブするTS050 HYBRIDも、闇に包まれたコースでのナイトランに突入しました。小林に交代して9周ほどで7号車が8号車をパス。しかし中嶋も離されることなく、何周かに渡り、1秒以内の差での2台のランデブーが続きました。

その後2台の差は17号車のクラッシュによるスローゾーンの影響でやや開きましたが、同一周回のままトップ2を堅守。TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDの2台は、後続を更に引き離し、約30秒の差を保ちながらリスクを追うことなく、順調に走行。まずは夜明けを目指し走り続けます。

トヨタモータースポーツニュース

WEC第2戦 ル・マン24時間 決勝9時間経過時順位(LMP1クラス)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 トップとの差
1 7 小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
145  
2 8 中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
145 38.395
3 3 トーマス・ローレン
マティアス・ベシェ
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
142 3 Laps
4 1 アンドレ・ロッテラー
ニール・ジャニ
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
140 5 Laps
5 6 オリバー・ローランド
アレックス・ブランドル
オリバー・ターベイ
CEFC TRSMレーシング/
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
129 16 Laps
6 10 ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
126 19 Laps
7 5 チャールズ・ロバートソン
マイケル・シンプソン
レオ・ルーセル
CEFC TRSMレーシング/
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
124 21 Laps
8 17 ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
マテヴォス・イサアキャン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
123 22 Laps
9 11 ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ジェンソン・バトン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
95 50 Laps
10 4 オリバー・ウェッブ
ドミニク・クライハマー
トム・ディルマン
バイコレス・レーシング・チーム/
エンソ・CLM P1/01・ニスモ
65 80 Laps

|

« WWEC:Rd.2ルマン 9時間目途中経過 | トップページ | WWEC:Rd.2ルマン12時間目途中経過 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66838823

この記事へのトラックバック一覧です: WEC:夜間走行突入。TS050 HYBIDは1-2位で着実に周回 (トヨタ):

« WWEC:Rd.2ルマン 9時間目途中経過 | トップページ | WWEC:Rd.2ルマン12時間目途中経過 »