« WEC:Rd.8ルマン24時間 12時間目途中経過 | トップページ | WEC:Rd.8ルマン24時間 15時間目途中経過 »

2019年6月16日 (日)

2台のTS050 HYBRIDが秒差の首位争いのままレース折り返し

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2019年6月16日(日)現地時間午前3時
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2018-2019年スーパーシーズン第8戦 ル・マン24時間レース 12時間経過
TOYOTA GAZOO Racing
2台のTS050 HYBRIDが秒差の首位争いのままレース折り返し

ル・マン24時間レースは午前3時を迎え、12時間を経過。長いレースはようやく折り返しを過ぎました。疲労や眠気と戦いながらの夜間走行で、コースアウトやクラッシュも頻発する中、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは僅差の1-2体制で着実に周回を重ねています。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
12時間経過時順位: 1位, 189周

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ):
12時間経過時順位: 2位 (トップと8秒623差), 189周

 アクシデントによるセーフティカー導入で2台の差は一時1分以上に広がったものの、その後のセーフティカーでマージンが帳消しとなり、レース折り返しの12時間経過時点では、その差は僅か9秒ほど。ドライバーは7号車がマイク・コンウェイから小林可夢偉へ、8号車はセバスチャン・ブエミからフェルナンド・アロンソへと交代し、ノートラブルでの走行を続けています。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
自分の走りは悪くはなかったと思いますが、セーフティカーとその後のスローゾーンで1分半ほどタイムをロスしました。8号車との僅差のバトルとなり、じりじりと差を広げていましたが、オーバーランによりタイヤが汚れてしまったために、気持ち良く走れるようになるまで数周が必要でした。そのためその後は堅実に走行しました。これからの後半戦も我々は僅差の素晴らしいバトルを続けるだろうと確信しています。

中嶋一貴(8号車):
目まぐるしく状況の変わる展開でした。我々8号車と7号車のギャップは、セーフティカーやスローゾーンで何度も大きく変化しました。私は冷静に、とにかくリスクを最小限にして走り続けることに集中しました。多くのことが起こった結果、現時点では2台の差は非常に小さいですが、まだレースは半分を終えたばかりですし、これまでの走りには満足しています。

トヨタモータースポーツニュース

WEC第8戦 ル・マン24時間 12時間経過時順位(LMP1クラス) 

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 トップとの差
1 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
189  
2 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
189 8.623
3 3 トーマス・ローラン
ナタナエル・ベルトン
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
187 2 Laps
4 11 ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ストフェル・バンドーン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
186 3 Laps
5 1 ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
183 6 Laps
6 17 ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
セルゲイ・シロトキン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
163 26 Laps
7 4 トム・ディルマン
オリバー・ウェッブ
パオロ・ルバーティ
バイコレス・レーシング・チーム/
エンソ・CLM P1/01・ギブソン
150 39 Laps
8 10 ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
76 113 Laps

|

« WEC:Rd.8ルマン24時間 12時間目途中経過 | トップページ | WEC:Rd.8ルマン24時間 15時間目途中経過 »