« 2年連続勝利の8号車がドライバーズタイトル獲得 中嶋一貴は日本人初のWECチャンピオン戴冠 トップ独走の7号車は残り1時間でパンクに見舞われ2位 | トップページ | F2:Rd.5ポールリカール 予選結果 »

2019年6月18日 (火)

WEC:グッドイヤー、ル・マン24時間とFIA世界耐久選手権に復帰

Logo_1 2019年6月17日

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(以下グッドイヤー)は、ル・マン24時間を含むFIA世界耐久選手権(WEC)用の新たなタイヤ開発を行い、欧州と国際スポーツカーレースに再び参戦することを発表しました。

FIA世界耐久選手権は、4つの大陸で開催される長距離レースで構成されており、ル・マンはシーズン最終戦に予定されています。グッドイヤーは過去、このル・マンにて通算14勝を上げています。
グッドイヤーは国際レースへの復帰にあたり、最初のステップとしてこの世界耐久選手権を選びました。これは、グッドイヤーにとって、様々なプロトタイプスポーツカーやGTカーのタイヤ技術を実証するための理想の舞台となると考えるからです。

「4時間から24時間という長時間にわたる耐久レースの特性上、タイヤの選択と戦略が重要視されますが、それは、我々の欧州イノベーションセンターの技術チームにとって、今後のレースに挑戦していく大きなモチベーションとなります。」
(ベン・クローリー グッドイヤー モータースポーツディレクター)

グッドイヤーはドイツのハナウとルクセンブルグのコルマーベルグにあるイノベーションセンターで、1年以上にわたりル・マン用のプロトタイプ・タイヤを開発してきました。このレース用タイヤは、グッドイヤーの最新フラッグシップ「Eagle F1 SuperSport(イーグル エフワン スーパースポーツ)」と並行して開発・製造します。これにより、市販用タイヤとレース用タイヤそれぞれの開発上で得られる技術と知識が融合し、双方のタイヤのパフォーマンスが向上することが期待できます。 グッドイヤーのレースタイヤは、イギリスのシルバーストンで開催される2019/2020 WEC開幕戦で再デビューする予定です。

今回の復帰は、モータースポーツ界において名だたるタイヤブランドが、その最も象徴的なモータースポーツの聖地のひとつで復活する、ということを意味します。特にル・マン24時間耐久は、25万人以上の観客を動員する世界最大のスポーツイベントのひとつです。 「モータースポーツは、今でも世界で最も人気のあるスポーツのひとつであり、それは、レースシーンでのグッドイヤーの物語を形成するブランドの伝統、情熱、革新、技術を持って、お客様と関わることができる理想の舞台と考えています。我々は、これまでに培ってきた知識と経験を、まずはスポーツカーレースに注力します。その後の展開として、耐久レースやその他のレースカテゴリーに取り組んでいきます。」(ベン・クローリー)
グッドイヤーには、モータースポーツにおける輝かしい歴史があります。ル・マン24時間における通算14勝に加え、未だ破られていないF1での368勝があります。また、アメリカのIMSAレースにて数十年にわたり収めてきたスポーツカーレースの経験も豊富です。
なお、日本グッドイヤー㈱では、既に、このレースタイヤ開発チームにより開発された、EAGLE RS SPORT V3 を本年度よりTOYOTA GR 86/BRZ レース プロフェッショナルクラス用に販売し、ご好評をいただいております。

≪グッドイヤーについて≫
グッドイヤーは世界屈指の大手タイヤ会社です。従業員数は約6 万4000 人で世界21 か国、47 の拠点を展開しています。米国オハイオ州アクロンとルクセンブルグのコルマーベルグの2 ヶ所に技術開発センターを有し、技術・性能の両面でタイヤ業界の標準を形づける最先端の製品とサービスを開発しています。グッドイヤーと製品の詳細情報はwww.goodyear.com/corporate をご覧ください。

グッドイヤーニュースリリース

|

« 2年連続勝利の8号車がドライバーズタイトル獲得 中嶋一貴は日本人初のWECチャンピオン戴冠 トップ独走の7号車は残り1時間でパンクに見舞われ2位 | トップページ | F2:Rd.5ポールリカール 予選結果 »