« WEC:バルセロナテストタイム (7月23~24日) | トップページ | INDY:Rd.13ミッドオハイオ 予選結果 »

2019年7月26日 (金)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing 新シーズンへ向けた最後のテストを終え、開幕戦への準備完了 (トヨタ)

Wec_20192020_prologue_080 2019年7月25日(木)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年シーズン プロローグ・テスト

TOYOTA GAZOO Racingは、7月23日と24日の2日間、スペイン・バルセロナ近郊のカタルニア・サーキットで行われたFIA世界耐久選手権(WEC)2019-2020年シーズンの公式プロローグ・テストを成功裏に終えました。

WECの2019-2020年シーズンは、9月1日にイギリスのシルバーストーン・サーキットで開幕します。昨シーズン最終戦のル・マン24時間レースからまだ僅か5週間しか経っていませんが、今回のプロローグ・テストには、今季のWECに参戦する全てのチームが参加しました。

TOYOTA GAZOO Racingは、今シーズンへ向け空力パッケージを変更したTS050 HYBRIDを初めて公に披露しました。2016年のデビュー以来踏襲してきたモノコックに、細かな変更を加えた2019-2020年仕様のTS050 HYBRIDは、合計16時間以上にわたるテストにおいて期待通りの高い信頼性を示しました。

暑いスペインの陽光の下、2台のTS050 HYBRIDは合計917周、4,268kmを走破。このテストの後は開幕戦シルバーストーンまでテストの機会がないため、チームは今季の戦いへ備え、空力セッティングやタイヤ評価といったサーキットでしか出来ないプログラムに注力しました。

今シーズンのTS050 HYBRIDは、昨シーズンの開幕時に較べて、規定最低重量が40kg増加した状態での走行となりました。ただし、WECではこれまでにバルセロナで走行したことがないため、タイムの比較は出来ません。

2日間のテストを終え、全4回の走行セッション総合で、2台のTS050 HYBRIDはトップ2を占めました。7号車が1分29秒141でトップタイム。8号車は0.046秒差での2番手。LMP1クラスライバルのレベリオン・チーム1号車が、トップ7号車から0.267秒差の3番手につけました。

今回のテストでは、レギュラードライバーに加えTOYOTA GAZOO Racingのテスト兼リザーブドライバーとなったトーマス・ローランがTS050 HYBRIDを初めて公式な場でドライブ。若きフランス人ドライバーは、彼にとって2度目となるTOYOTA GAZOO Racingのテストで、午前中は7号車、午後は8号車ドライブしました。

小林可夢偉(7号車):
2019-2020年仕様のTS050 HYBRIDで多くの周回をこなしテストはとても順調でした。ここバルセロナでは過去にテストをしたことがないのですが、すぐに良いペースで周回し、様々なプログラムをこなすことが出来ましたので、このテストには満足しています。来るシーズンへ向けてのテストはこれで終わりですが、チームはこれから開幕戦シルバーストーンへ向けて、多くの作業をする必要があります。新たな挑戦へ向けて準備万端にします。

トヨタモータースポーツニュース

 

マイク・コンウェイ(7号車):
これが開幕前の最後のテストというのが不思議な感じがします。バルセロナを走るのは久しぶりで、戻ってこられてとても嬉しいです。ここ数日猛暑に見舞われているためドライバーから見ると厳しい条件でのテストになりましたが、多くの周回をこなすことが出来ました。改良されたTS050 HYBRIDについても多くを学び、開幕戦シルバーストーンへ向けた準備は全てが順調です。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
良いテストになりましたし、TS050 HYBRIDのドライブをとても楽しめました。今回アップデートされた空力パッケージを最適化するために、開幕戦の前に出来るだけ多くのデータを収集する必要があります。私自身はTOYOTA GAZOO Racingで3シーズン目となりますが、またマイクと可夢偉と共に戦えることを本当に楽しみにしていますし、このチームとともに戦うことはいつでも幸せです。シルバーストーンはもうすぐに迫っていますが、準備は万端だと思っています。

中嶋一貴(8号車):
個人的には2009年以来10年ぶりに走ることとなったバルセロナを楽しみました。コースは当時と全然変わっておらず、すぐにリズムを取り戻すことが出来ました。暑くて大変でしたが、テストは順調で、車両セットアップやタイヤについて多くを学ぶことが出来ました。新しいパッケージでの初走行は順調でしたし、今回のアップデートには満足出来ています。

セバスチャン・ブエミ(8号車):
今回のテストにはとても満足しています。開幕戦に向けたパッケージで、多くの周回をこなせたことが重要です。更なる重量を科されたことで、ライバル達との差はさらに縮まりました。それはファンの方々にとっては良いことだと思います。我々のチームに取っては初めてのバルセロナだったため比較が難しいのですが、改良されたTS050 HYBRIDには良い感触を得ています。あとは開幕戦シルバーストーンへ向けてさらに準備を進め、TS050 HYBRIDから更なるパフォーマンスを引き出さなくてはなりません。

ブレンドン・ハートレー(8号車):
この2日間のテストはとても上手く行きましたし、私自身もTS050 HYBRIDを更に学ぶことが出来ました。TS050 HYBRIDは私がこれまでよく知っていたWECの車両とは驚くほど違っていました。新しい車両への理解を深めると共に、速さを引き出せるようになって来ました。私はWECでのレースから少し離れていましたが、今回のテストでコース上の混雑の中でのドライブすることに慣れてきました。チームのエンジニアやメカニック、そしてチームメイトのドライバーも皆歓迎してくれており、これからも彼らと共に上手くやっていけると思います。

トーマス・ローラン(テスト兼リザーブドライバー):
今日はとても上手くいきました。チームメイトと共にドライブするのはいいものです。昨日チームが良いセットアップを見つけてくれたおかげで快適にドライブすることが出来ました。いくつかのロングランテストを行ったこともありラップタイムは最高とは言えませんが、テストは上手くいき多くのデータが取れたことに満足しています。個人としても70ラップ以上走れたことは、4人で車両をシェアしたことを考えると悪くない結果です。

|

« WEC:バルセロナテストタイム (7月23~24日) | トップページ | INDY:Rd.13ミッドオハイオ 予選結果 »