« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID シーズン開幕戦を1-2フィニッシュで飾る | トップページ | F2:Rd.10モンツァ 予選結果 »

2019年9月 5日 (木)

フェルナンド・アロンソ、順調にトレーニングプログラムを遂行中。次週、南アフリカで実戦に臨む (トヨタ)

Dakar_2019_press_009 2019年9月4日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

TOYOTA GAZOO Racing ダカールラリー2020
TOYOTA GAZOO Racingと共にダカールラリー2020参戦予定のハイラックスでの走行トレーニングを重ねているフェルナンド・アロンソは、9月2日(月)から3日(火)にかけ、ポーランドのシュチェチンにて、先週末に開催されたクロスカントリーラリー「バハ ポーランド」で実際に使用されたコースを含む700キロを走破しました。走行トレーニングのコースはチーム運営を担当する「オーバードライブ レーシング」とラリーレイドのスペシャリストにより設定され、砂地や、硬軟と性質の異なる地盤、また凹凸のある起伏に富んだ路面など様々な条件で走行しました。

アロンソは来週、南アフリカのリヒテンバーグに向かい、9月13日(金)から14日(土)にかけて開催される南アフリカクロスカントリーシリーズ第5戦のリヒテンバーグ400に、賞典外で参戦する予定です。第5戦は当初、ハリスミス400ラリーとして開催される予定でしたが、開催地周辺が異常に乾燥し火災の危険性があるため、リヒテンバーグに場所を移して開催される予定です。

チーム代表 グリン・ホール
2週間前にナミビアで実施した走行テストと異なり、フェルナンドにとってハイラックスを使った初めてのヨーロッパでのテストでした。走行トレーニングは、単に走行距離を稼ぐのではなく、ハイラックスでのラリーレイド経験を重ねられる質の高い走行をすることに集中していますが、フェルナンドの習熟はとても早く、今回のテストでは計画していた距離の2倍の距離を走りこむことができました。
来週、リヒテンバーグ400で初めての実戦に臨みますが、TOYOTA GAZOO Racingのエントリーを受理いただいた南アフリカクロスカントリーシリーズの主催者に感謝いたします。

フェルナンド・アロンソ
ここポーランドで行ったこの2日間のテストは、様々な路面を経験することができ、本当に有意義なものとなりました。現段階では、ハイラックスを1キロでも多く運転したいのですが、今回のテストでは計画を大幅に上回る距離を走ることができ、とても嬉しく思っています。TOYOTA GAZOO Racingの一員として、新たなモータースポーツカテゴリーに挑戦できることは本当に素晴らしいことだと思っています。ハイラックスはとても”fun to drive”な(運転が楽しい)クルマです。

トヨタモータースポーツニュース

|

« WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID シーズン開幕戦を1-2フィニッシュで飾る | トップページ | F2:Rd.10モンツァ 予選結果 »