« WEC:Rd.4バーレーン8時間 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.4バーレーン8時間 レース結果 »

2019年12月14日 (土)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing 2台のTS050 HYBRIDが2列目スタートから優勝を目指す

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2019年12月14日(土)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年シーズン第4戦 バーレーン8時間レース 予選

12月13日(金)、中東バーレーン・インターナショナル・サーキットで2019-2020年FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO RacingはTS050 HYBRID 8号車が3番手、7号車が4番手につけて2列目に並んで明日の決勝レースをスタートすることとなりました。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習3回目 : 5番手 (1分47秒700), 32周
公式予選 : 4番手 (平均1分43秒842)

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー):
公式練習3回目 : 1番手 (1分44秒285), 28周
公式予選 : 3番手 (平均1分43秒497)

5台全車が1秒以内に入るという僅差の争いとなったLMP1クラスで、シリーズドライバーランキング首位に立つセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーのTS050 HYBRID 8号車が、ポールポジションのレベリオン1号車から0.518秒差の3番手タイムをマークしました。

マイク・コンウェイと小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車は、チームメイトと0.345秒差の4番手で続き、TOYOTA GAZOO Racingの2台が2列目に並びました。

予想されていたとおり、予選は2台のTS050 HYBRIDにとって、ハイブリッド・パワーと燃料使用量が制限される、厳しいサクセス・ハンディキャップとの戦いとなりました。ハートレーがマークした最速ラップタイムの1分42秒986は、前回2017年のバーレーン戦予選のポール・ポジションタイムに3.902秒及びませんでした。

2人がアタックし、それぞれのベストタイムの平均でグリッドを決定する予選は、暖かなドライコンディションで実施されました。TOYOTA GAZOO Racingは最初にコンウェイとハートレーが新品タイヤを装着し、セッション開始当初の混雑を避け、やや遅れてアタック開始しました。

2台のTS050 HYBRIDは可能な限り上位のスターティンググリッドを目指しましたが、8時間にわたる決勝レースを見据え、ドライバー交代時にタイヤ交換は行わないことを決断。8号車は中嶋が2人目のアタックを引き継ぎ、3番手グリッドを獲得。7号車は交代したロペスが8コーナーまで素晴らしい走りを見せましたが、他車のコースオフによる路面コンディション悪化の影響により僅かにタイムロス。4番手グリッドとなりました。

マイク・コンウェイ(7号車):
1コーナーと8コーナーでタイムをロスしたため、残念な予選となってしまいました。望み通りには行きませんでしたが、ノン・ハイブリッドLMP1勢とのギャップが非常に小さい事は良いニュースです。決勝レースは8時間の長丁場ですし、決勝で良い走りができることに集中してきました。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
サクセス・ハンディキャップによって予選が難しくなることは予想していました。ただ我々はチームメイトよりハンディキャップが軽いため、本来なら我々の方が速いタイムを刻めるはずですが、後れを取ってしまいました。私自身、序盤は良かったのですが、8コーナーでLMP2車両がコースオフを喫したことによりコース上に砂が出ていたこともあり、コンマ3,4秒ほどタイムをロスし、3番手グリッド獲得のチャンスを失ってしまいました。とはいえ予選でのグリッドはさほど重要ではありません。上位を目指します。

中嶋一貴(8号車):
3番手グリッドというのは予想以上に良いポジションです。ハンディキャップを考えれば上出来で、我々はTS050 HYBRIDの性能を引き出せたと思います。今日の結果で、決勝レースへ向けての自信も持てました。もちろん、ライバルがとても速いことは分かっていますが、8時間と長いレースですし、落ち着いて最後まで全力を尽くすことが重要です。

ブレンドン・ハートレー(8号車):
自分のアタックラップにはとても満足しています。この週末の初めから、限られたハイブリッド・ブーストの最適化を行ってきました。TS050 HYBRIDから最大限のパフォーマンスを引き出すために従来とは違うことにもチャレンジし、それも上手く行っています。TS050 HYBRIDはとても好調ですし、ここまで接戦になったことに驚いています。良い気分で明日は上位争いができると思います。

トヨタモータースポーツニュース

WEC第4戦バーレーン8時間 公式練習3回目結果(LMP1クラス)
順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 ベストタイム
1 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
28 1:44.285
2 5 チャーリー・ロバートソン
ベン・ハンリー
ジョーダン・キング
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
26 1:44.389
3 6 マイク・シンプソン
クリストファー・ダイソン
ガイ・スミス
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
28 1:46.886
4 1 ブルーノ・セナ
グスタボ・メネゼス
ノルマン・ナト
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
15 1:47.190
5 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
32 1:47.700


WEC第4戦バーレーン8時間
公式予選結果(LMP1クラス)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 平均タイム
1 1 ブルーノ・セナ
グスタボ・メネゼス
ノルマン・ナト
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
1:42.979
2 5 チャーリー・ロバートソン
ベン・ハンリー
ジョーダン・キング
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
1:43.123
3 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1:43.497
4 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1:43.842
5 6 マイク・シンプソン
クリストファー・ダイソン
ガイ・スミス
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
1:43.887

|

« WEC:Rd.4バーレーン8時間 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.4バーレーン8時間 レース結果 »