« NASCAR:Rd.31タラデガ レース結果 | トップページ | 序盤からトップ集団につき着実に順位を上げてトップ10圏内を走行。 終盤にトップを目指す展開も、不運のクラッシュによりリタイヤを喫する。(HRE) »

2020年10月 5日 (月)

第􀀝1ステージ優勝からトップ争いを展開。不運のクラッシュを喫すも 貴重なポイントを積み重ね、ランキングトップでプレイオフ第2ステージへ!

20201005 GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES第19戦GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES第19戦

HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は「United Rentals」の支援を受け、Car #16「United
Rentals TOYOTA TUNDRA」でGANDER RV & OUTDOORS TRUCK SERIES第19戦に参戦した。

2番手からスタートしトップを快走。第1ステージで優勝を飾り、第2ステージでもトップ争いから
4位でポイントを積み重ねる。最終ステージも序盤からトップ争いを展開するも、不運のピットスルー
ペナルティーで27番手まで後退。最終盤にはトップ集団に追いつき、オーバータイムでの逆転を狙う
も前方のクラッシュに巻き込まれ19位。第1、第2ステージでポイントを積み重ねた事で、ランキング
トップでプレイオフ第2ステージへ。

Chevrolet Silverado 250
TALLADEGA SUPERSPEEDWAY 94周 (250miles) 402.4km
10月3日(土)、アラバマ州 TALLADEGTA SUPERSPEDWAYでNASCAR GANDER RV & OUTDOORS TRUCK
SERIES第19戦「Chevrolet
Silverado250」が開催された。決勝の舞台となるTALLADEGA
SUPERSPEEDWAY
は、アラバマ州北東部に位置する1周2.66マイル(4.28km)のトライ・オーバルコース。バンクが33度の
NASCARが開催されるサーキットでは最大のハイバンクトラックで、常に320km/h近いスピードでブレーキ
はピットイン時以外に必要なく、またアクセルコントロールも必要ない。レース中は壮絶なドラフティング合戦
が繰り広げられる。このドラフティング合戦は、バンクがきつい事からターン中でも最大5列に及び、その姿形
からドラフティング・トレインなどと呼ばれる。この接戦を上手く渡り歩けば一気に10ランク以上挽回できる
可能性もある事から、最後まで分からない、予測不可能なレースとなる。ゴール寸前まで数十台にもおよぶ
超接近戦となることが多く、最後まで勝負の予測がつきにくいコースと言われている。レース終盤でのポジ
ショニングが非常に重要なタラデガで、チーム一丸となって力を合わせW優勝を目指す!

今回レースのスポンサーであるUnited Rentalsは、1997年に設立された世界最大規模の機器レンタル会社。
200ヶ所(北米49州カナダ全州およびヨーロッパ10ヶ所)に拠点があり、コネチカット州に本社を置き、約1
18,000人超の従業員を擁する。より良い未来を築く』をミッションとし、建設、製造、政府関連、公益事業、
各自治体等、幅広い業界に対しサービスを提供している。

決 勝
今回のTALLADEGAでも前回レース同様に、練習走行・予選は行わず、決勝レースのみを行うレースフォー
マット。決勝グリッド順はシリーズランキングによるクジ引きにより、2番手からスタートをきることとなった。
3日(土)午後1時00分、グリーンフラッグが振られ、2.66マイルの三角形のかたちをしたトライ・オー
バルコースのスーパースピードウエイを20周、20周、54周の3ステージ、94周で争われる決勝レースが
スタートした。

第1ステージをフロントロウアウト側2番手からスタートしたオースティンは、ポジションをキープしてレース
を開始。ドラフティング合戦の戦略が勝敗を左右するこのTALLADEGAで後続がピタリと隊列をなしてつい
てくる展開。しばらくはアウト側をキープしていたが、5周目に入ると1列の隊列へと変化しオースティンは
トップに浮上し後続を引き連れて12周目まで快走。第1ステージのチェッカーが近くになるとドラフティング
から抜け出す駆け引きが始まり、チャンピオンを争う#2
SheldonCreedがアウト側からオースティンの前
に出ようとしたところで、#2の左リヤとオースティンの右フロントが軽く接触し失速。これで4番手となると、
後続でも多重クラッシュが発生。イエローコーションからレッドフラッグで中断となる。第1ステージ残り
1周、19周目に4番手からリスタートが切られると、オースティンは一気にトップに踊り出てチェッカー。
ステージ優勝を決めて貴重なポイントを獲得する。ステージブレイクのピットインでは、給油と2本のタイヤ
交換でコースに送り出すも、給油のみでコース戻った車両もあり9番手から第2ステージを迎える。

26周目に第2ステージ開始のグリーンフラッグが振られると、素晴らしいスタートで5番手にジャンプアップ。
1列隊列で進むテールツーノーズでの攻防が続き、第2ステージチェッカーを前にした攻防が始まる。37
周目にオースティンは4番手に浮上すると、またしても後続での多重クラッシュが発生。イエローコーションの
まま40周目に4位でチェッカーを受けステージブレイクとなる。ここでは給油とタイヤ4本を交換してコース
に送り出すと、コースに留まった車両とタイヤ2本交換のみとした車両があり8番手から最終ステージへと
向かう。

45周目に残り49周の最終ステージのリスタートが切られると直ぐに7番に順位を上げるも、48周目に
前を走る#38がエンジンブローで失速。その後ろの列を走っていた車両はその影響を受けて、接触を
避けるようとしたがオースティンの目の前の車両がスピンからクラッシュ。オースティンは何とか接触を
回避して8番手でイエローコーションとなる。54周目にリスタートが切られると見事なスタートダッシュで
5番手に浮上。翌周に3番手に上げると、57周目には2番手に浮上。トップをピタリと捕らえたかたちで
周回を重ね、最後のピットストップのタイミングを探る。グリーンフラッグ下で迎えた64周目、チームは
オースティンにピットインを指示し、給油のみで素早くコースに戻すが、ここで痛恨のピットスピード違反の
裁定を受け、翌周にピットスルーのペナルティで27番手に落ちる。オースティンはトップからは半周遅れの
状態ながら、残り周回で怒涛の追い上げを見せ、85周目には19番手まで挽回、87周目にイエローコー
ションになったところで、トップグループの背後に着く事に成功。チームは最後の逆転を狙い4本のタイヤ
を新品に交換、18番手から残り2周のオーバータイムでのジャンプアップを目指す。92周目にリスタート
が切られると15番手に上げて更なる浮上を目指してスピードを乗せて行くが、最終ラップに入るとトップ
グループのすぐ後ろで6台を巻き込む大クラッシュが発生。オースティンはクラッシュをすり抜けようとイン
側のラインを取るがスピンしたマシンに目の前を塞がれてしまい回避することができず正面から追突。
レースはその時点で終了となったがフロントに大きなダメージを負ったオースティンも車両を止め、19位
でレースを終える事となった。今回はクラッシュに巻き込まれる不運な形でレースを終えたが第1ステージ
での優勝、第2ステージの4位と貴重なポイントを積み重ね、ランキングトップでのプレイオフ第2ステージ
への進出を決めた。

チーム代表:服部茂章
チームが時間をかけてタラデガ用に仕上げたマシンは風洞でもいい結果が出ていましたのでスタートか
ら素晴らしいスピードを発揮しました。第1ステージを制し、ファイナルステージでも優勝の狙える最高
のポジションに着けていましたが、ピットスピードのペナルティーで全ての流れが変わってしまいました。
全車がグリーンフラッグ下でのピットインでしたので、ギリギリまで攻めた結果だと思いますが、Play-Off
に入り1ポイントも落とせない状況では1ミスも犯せないことをオースティンも身を持って感じたと思います。
先週のラスベガスでの優勝と今回のステージ優勝でPlay-off第2ステージにはトップで進むことが出来ま
した。再来週からスタートするPlay-offの第2ステージ、カンザス、テキサス、マーティンズビルの3連戦では
8人から最終ステージに進む4人に絞られます。
チームもドライバーも1ミスが許されないと言う事を改めて心に刻み込みましたので、更に気を引き締め
て第2ステージを戦いたいと思います。

GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES 第19戦 結果
CAR#ドライバー
スタート決 勝プレイオフランキング
16Austin Hill2位19位1位

レースの模様は「FOX Sports1」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで10月3日(土)13:00 (現地時間)よ
り生中継された。
HREは10月10日(土)ノースカロライナ州 CHARLLOTE MOTOR SPEEDWAY ROAD COURSE にて開催
されるNASCAR Xfinity SERIES 第29戦に参戦する。

Vertex Sportsプレスリリース

|

« NASCAR:Rd.31タラデガ レース結果 | トップページ | 序盤からトップ集団につき着実に順位を上げてトップ10圏内を走行。 終盤にトップを目指す展開も、不運のクラッシュによりリタイヤを喫する。(HRE) »