« NASCAR:Rd.34テキサス 決勝レースは悪天候のため月曜日に延期 | トップページ | NASCAR:Rd.34テキサス 決勝レースは雨のため火曜日に再度延期 »

2020年10月26日 (月)

序盤からトラブルを抱える中、最後まで諦めず度重なるセッティング変更で挽回するも、 車両のメカニカルトラブルで無念のリタイヤを喫する。 (HRE)


202010262NASCAR Xfinity SERIES第31戦NASCAR Xfinity SERIES第31戦

HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は「AISIN GROUP」の支援を受け、 Car # 61「AISIN GROUP
TOYOTA GR SUPRA」でNASCAR Xfinity SERIES第31戦に参戦した。

TEXAS MOTOR SPEEDWAY
200周 (300miles) 482.8kmO'Reilly Auto Parts 300
10月24日(土)、テキサス州 TEXAS MOTOR SPEEDWAYでNASCAR Xfinity SERIES第31戦
「O'Reilly Auto Parts 300」が開催された。決勝の舞台となる TEXAS MOTOR SPEEDWAY は 、
テキサス 州 ・ フォートワースに 位置する 、1周 1.5マイル( 2.41 km )のクワッド・オーバルコース。
コーナーには24度と深いバンク角がつき、Atlanta Motor Speedwayと良く似た特性を持ち、最高
速度は 320km/h 超えを記録するほどの超高速サーキット。テキサスは、前戦のカンザス同様にオ
ースティンとチームが得意とする高速サーキットで優勝を目指して全力で挑む。

今回レースのスポンサーであるAISINGROUPはアイシン精機株式会社を筆頭に世界200社以上
の連結会社からなる総合自動車部品メーカー。グループで手がける製品群は多岐にわたり、自動車
を構成する部品のほとんどすべてをカバーし、世界トップレベルの製品を供給している。HREは今
シーズンも同グループから多くのレースへの支援を受けている。

決 勝
今回のTEXASでも前回レース同様に、練習走行・予選は行わず、決勝レースのみを行うレースフォーマットと
なった。決勝グリッド順はクジ引きにより、14番手7列目のポジションからスタートをきることとなった。
24日(土)午後16時30分、いよいよグリーンフラッグが振られ、1.5マイルのクワッドオーバルを45周、
45周、110周の3ステージ、200周で争われる決勝レースがスタートした。

7列目アウト側14番手からスタートし直ぐに13番手にアップするも、不安定な車両バランスに苦戦し8周目
には18番手に落ちる。10周目、21周目のイエローコーションでチームはバランス改善を狙いピットインを
指示。セッティング変更が功を奏し21番手から18番手にポジションを上げて一進一退の攻防を続けて
行くが40周目に3回目のイエローコーションが出されると再びピットインを指示。第1ステージチェッカー
の直前という事もあり給油と4本のタイヤ交換、セッティング変更を施して、21番手から第1ステージは残り
1周のリスタートで19番手に上げてチェッカー。直前のイエローコーション時に既に給油とタイヤ交換を
終えており、このステージブレイクではコースに留まって第2ステージを迎える作戦もあったものの、更なる
バランス改善を狙って再びピットインを指示。素早くセッティングだけを変更してコースに送り出し14番手
から第2ステージのリスタートが切られる。

52周目に第2ステージ開始のグリーンフラッグが振られると55周目には16番手にまで挽回。マシンの
スピードも上がり、これから更なる追い上げを目指していこうとしていた矢先の57周目、突如として左リヤ
タイヤがバースト、オースティンは暴れる車両を何とかコントロールしてクラッシュを避け、ピットまでたどり
着く。チームは給油、タイヤ交換と同時にマシンチェックをしてコースに復帰させるも、コーナーに入ると
左リアタイヤから白煙が上がり車両は不安定な状況になる。チームは再びオースティンをピットに呼び寄せ、
マシンに出来る限りの応急処置を施しコースに戻す。そこからはトップと遜色のないスピードを取り戻して
第2ステージのチェッカーを受ける。このステージブレイクでも引き続きマシンチェックと応急処置を施して
最終ステージのスタートを迎える。

残り102周の最終ステージの再スタートが切られるとマシンへの処置が功を奏し、トップグループと同じ
タイムを刻みながら追い上げを開始する。順調にポジションを上げて行くオースティンだったが、ターン4の
立ち上がりで再び左リヤタイヤから白煙が上がり始めるとマシンは不安定な状況に戻ってしまう。チームは
ドライバーの安全を考えて再びピットにマシンを戻し修復を試みるが、その場では修復が不可能なマシン
トラブルが発見される。スタートからトラブルを抱えたマシンを何とか調整して上位入賞を狙ったチームと
オースティンだったが、止む無くマシンをガレージに押し戻し107周、33位でレースを終える事となった。
前戦Kansasでのトップ5入りの勢いを維持し、今シーズ最後のXfinityシリーズのレースとなるTexasでの
優勝を目指し全力を尽くしたが、リタイヤという非常に残念な結果となった。

チーム代表:服部茂章
前戦のカンザスでいい手応えを掴み、今回は更なる高みを目指しましたが、左リアのサスペンションを取り
付けているシャーシ側にクラックが入り、パーツが干渉してタイヤがバーストしてしまいました。スタート直後
は非常にいいタイムが出ていましたので手応えを感じましたが、5周目に一瞬タイヤスモークが上がって
からマシンが不安定な状態になりましたので、あの時点でシャーシにクラックが入ったのだと思います。
その後は応急処置を施してレースを戦いましたが、タイヤから煙が上がらない周はトップと同じタイムで走行
出来るので、祈るような気持ちで見守りましたが、残念ながら最後まで走り切る事が出来ませんでした。
スポットで参戦しているXfinityシリーズですが、今年はコロナの影響で練習走行と予選もない、とても
イレギュラーなスケジュールになり、今までのデータのないチームにはとても厳しい戦いになりました。
その中で後半戦からは優勝争いに加われるようになり上位クラスでも十分に戦える手応えを掴むことが
出来ました。Truckシリーズではこの10年間で常に優勝争いが出来るトップチームに成長する事が出来
ました。来シーズンはXfinityシリーズでも常に優勝争いの出来るトップチーム作りを目指してこれから
全力を尽くしたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします。

NASCAR Xfinity SERIES 第31戦 結果
CAR#:61
ドライバー:Austin Hill
スタート:14位
決 勝:33位

レースの模様は「NBCSN」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで10月24日(土)16:30(米国東部時間)
より生中継された。
HREは10月30日(土)バージニア州・MARTINSVILLE SPEEDWAYにて開催されるNASCAR GANDER RV
& OUTDOORS TRUCK SERIES 第22戦に参戦する。

Vertex Sports プレスリリース

 

|

« NASCAR:Rd.34テキサス 決勝レースは悪天候のため月曜日に延期 | トップページ | NASCAR:Rd.34テキサス 決勝レースは雨のため火曜日に再度延期 »