« NASCAR:Rd.6アトランタ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.7ブリストル(ダート) スターティングラインナップ »

2021年3月22日 (月)

NASCAR:予選6番手から一進一退のトップ争いを展開。 最後はトップと3秒差の2位でチェッカーを受ける。(HRE)

20210321CAMPING WORLD TRUCK SERIES 第4戦

HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は、Car # 16「United Rentals TOYOPET TOYOTATUNDRA」でCAMPING WORLD TRUCK SERIES第4戦に参戦した。6番手から堅実な走りで第1ステージで3番まで順位を上げ、第2ステージのリスタートでで9番手までドロップしてしまうも、直ぐに4番手まで上げて最終ステージでトップ争いへと加わる。Cupドライバーとの一進一退の攻防を展開して2位でチェッカーを受ける。

Fr8Auctions 200 130周 (200miles)321.8km
決勝の舞台となる Atlanta Motor Speedwayはジョージア州ハンプトンに位置する1周1.54マイル(2.46Km)のクワッド・オーバル(四角い楕円形)コース。インターミディエイト・トラックながら、吸気制限によりエンジン出力を制限する”リストリクタープレート”の装着義務がなく、平均速度が300km/hにも達する、NASCAR最速コースの一つとして知られている。ストレートに5度、ターンには24度のバンク角がつきコース幅も広いため横3列~4列並走での迫力の高速バトルが展開される。

130周 (200miles)321.8km
Fr8Auctions 200
HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は、Car # 16「United Rentals TOYOPET TOYOTATUNDRA」でCAMPING WORLD TRUCK SERIES第4戦に参戦した。6番手から堅実な走りで第1ステージで3番まで順位を上げ、第2ステージのリスタートでで9番手までドロップしてしまうも、直ぐに4番手まで上げて最終ステージでトップ争いへと加わる。Cupドライバーとの一進一退の攻防を展開して2位でチェッカーを受ける。予選6番手から一進一退のトップ争いを展開。最後はトップと3秒差の2位でチェッカーを受ける。

CAMPING WORLD TRUCK SERIES 第4戦
今回のレースのスポンサーであるUnited Rentalsは、1997年に設立された世界最大規模の機器レンタル会社。コネチカット州に本社を置き、約1,200ヶ所(北米49州カナダ全州およびヨーロッパ10ヶ所)に拠点があり、18,000人超の従業員を擁する。『より良い未来を築く』をミッションとし、建設、製造、政府関連、公益事業、各自治体等、幅広い業界に対しサービスを提供している。

決  勝  3月20日 (土) 午後 2 : 30~
3月20日(土)、ジョージア州のATLANTA MOTOR SPEEDWAYでNASCAR CAMPING WORLD
TRUCK SERIES第4戦「Fr8Auctions 200」が開催された。今回のレースも、前戦同様に決勝レースのみを行なうレースフォーマットとなり、決勝グリッドは前戦のレース結果からの抽選により6番手からオースティンはスタートをきることとなった。
午後2時30分にグリーンフラッグが振られ130周(200マイル/321.8km)で争う決勝レースがスタート。今回のレースは、第1ステージが30周目、第2ステージが60周目の各チェッカーの後、最終ステージ130周目のゴールを目指す。3列目、アウト側から隊列を整えスタートすると、オープニングラップで5番手に上げて3周目には3番手に浮上。前戦に続き#4ニーマンチェックと#51カイルブッシュの2台のカップドライバーを追いかける展開になる。15周目に後続のクラッシュによりイエローコーションとなり残り10周でのリスタートとなるもポジションをキープし3番手で第1ステージのチェッカーを受ける。このステージブレイクのピットインで、チームは給油と4本のタイヤ
交換を迅速にこなしコースに戻すと、前のイエローコーション時にピットインを済ませた車両がコースに留まっていたこともあり6番手から第2ステージへと向かう。
38周目にリスタートのグリーンフラッグが振られ残り23周の第2ステージのチェッカーを目指す。オースティンは9番手に落ちるも翌周には6番手、40周目には5番手に上げるとスピードを上げて45周目には4番手まで挽回し、60周目の第2ステージのチェッカーを受ける。このステージブレイクのピットインでも、給油と4本のタイヤ交換をチームスタッフは素早くこなしてコースに戻すと、順位を3番手に上げることに成功して最終ステージへと向かう。

68周目に最終ステージのグリーンフラッグが振られると5番手に落としてしまうも、直ぐに3番手に挽回し、2台のカップドライバーを追う。オースティンは前の2台に離れず32秒前半の速いラップタイムを刻み続け80周を過ぎるあたりには4番手以降を引き離して#4ニーマンチェックと#51カイルブッシュとのマッチレースの展開となる。87周を過ぎるころには、周回遅れが出始めて、いかにラップタイムを落とさずに追い越していくかが重要な展開となってくる。そして一進一退の攻防を続ける中、燃料の限界を迎えた101周目にトップ3台が同時にピットイン。給油と4本のタイヤ交換と空気圧調整をチームスタッフが素早くこなしてコースに戻すと、2番手に上げる事に成功。トップの#51カイルブッシュを追いかけ106周目には3.5秒あった差をジワジワと追い上げ、残り12周のところで2.7秒差まで詰める。終盤を迎え、ここからトップとの差を更に縮める為にスピードアップを目指すが、周回遅れのマシンが出始めた事でペースアップができず、最後は一歩届かず2位でチェッカーを受けることとなった。
カップチャンピオンのカイルブッシュに迫り、前戦に続きスピードを示したオースティン。次戦は、ショートオーバルにダートを敷き詰めた特別仕様のブリストル。経験の少ないダートオーバルレースに果敢に挑む。

チーム代表  :  服部茂章
前戦のラスベガスで掴んだ良い流れを、このレースでも維持する事が出来ました。KBMチームのCupドライバー2人との一進一退のバトルになりましたが、やはりカイル・ブッシュは安定しており、最後までミスを犯しませんでした。しかし少しのミスやマシントラブルで優勝を狙えるこのポジションで常に相手にプレッシャーをかけている事が非常に重要で、残念ながら優勝は出来ませんでしたがドライバー、チームメンバー共に良い仕事をしたと思います。次戦のBristolはNASCARが開催されるサーキットの中でも特殊な800mのハイバンクコースですが、今年はこのすり鉢状のサーキットに土を敷き詰めてダートコースに改良してレースが行われます。26日(金)に練習走行があり27日(土)の予選レースの後に150周の決勝レースが行われる初めての試みです。現状では全く予想がつきませんが、この2戦の流れを維持しベストを尽くしてレースに挑みます。

CAMPING WORLD TRUCK SERIES 第4戦 結果
CAR# 16
ドライバー Austin Hill
予 選 6位
決 勝 2位
ランキング 6位

レースの模様は「FOX Sports1」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで3月20日(土)午後2:30 (現地時間)より生中継された。
HREは3月27日(土)テネシー州・Bristol Motor Speedwayにて開催されるNASCAR CAMPINGWORLD Truck Series 第5戦に参戦する。

Vertex Sportsプレスリリース

|

« NASCAR:Rd.6アトランタ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.7ブリストル(ダート) スターティングラインナップ »