« NASCAR:Rd.15シャーロット レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.16ソノマ スターティングラインナップ »

2021年6月 1日 (火)

NASCAR:2位から優勝を狙うも他車のクラッシュによりマシンにダメージを負い失速。 粘りの走りで9 位フィニッシュ、シリーズランキングを3位に押し上げる。 (HRE)

20210530 CAMPING WORLD TRUCK SERIES 第10戦
HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は、Car # 16「United Rentals TOYOTA TUNDRA」でCAMPING WORLD TRUCK SERIES第10戦に参戦した。フリー走行でトップタイムを記録し好調のまま迎えた決勝。優勝争いを展開するもレース終盤に目の前で起きたクラッシュによりマシンにダメージを負うが、不安定な車両をコントロールして9位でフィニッシュ。シリーズランキングを3位に押し戻す。

North Carolina Education Lottery 200
134周 (201miles)323.47km
決勝の舞台となる CharlotteはNASCARの協会本部や関連団体、チームの大半が拠点を構えるNASCARの総本山。ダウンタウンから約15マイル北に位置するCharlotte Motor Speedwayは、1周1.5マイル(約2.4km)のクアッド・オーバル(Quad-oval=四角い楕円形)コース。ターンには最大24度、ストレートにも5度のバンク角がつき、1周をフルスロットルで駆け抜けることができるNASCAR屈指の高速オーバルコースである。予選速度は約184マイル(約296km/h)にも達し、1周をわずか29秒で駆け抜ける。
今回のレースのスポンサーであるUnited Rentalsは、1997年に設立された世界最大規模の機器レンタル会社。コネチカット州に本社を置き、約1,200ヶ所(北米49州カナダ全州およびヨーロッパ10ヶ所)に拠点があり、18,000人超の従業員を擁する。『より良い未来を築く』をミッションとし、建設、製造、政府関連、公益事業、各自治体等、幅広い業界に対しサービスを提供している。

予  選  5月28日(金) 午後 5 : 35~
5月28日(金)午後から行われたフリー走行は、ピットインを繰り返し、セッティング変更の度にタイムを上げて最終的には30秒391のトップタイムを記録。午後18時35分からの予選へ臨もうとオースティンはコックピットに収まるが、コースイン前に雨が降り出し予選は中止。決勝はシリーズランキングからの抽選により3番手スタートとなった。

決  勝  5月28日(金) 午後 8 : 30~
予選から3時間後、午後20:30に、いよいよグリーンフラッグが振られ1.5マイルのクアッド・オーバルコースを30周の第1ステージ、30周の第2ステージ、そして74周の第3ステージからなる134周(201マイル:約323.47Km)で争う決勝レースがスタートした。2列目、イン側から隊列を整えスタートすると、すぐに2番手にジャンプアップしトップを追う展開。トップから4台が連なる拮抗した攻防から、4位で30周目の第1ステージのチェッカーを受ける。このステージブレイクでは給油と4本のタイヤ交換、セッティング変更を行いコースに復帰させ同じ4番手から第2ステージへと向かう。38周目、グリーンフラッグが振られ22周の第2ステージがスタート。オースティンはハイペースでトップに迫るが、50周目イエローコーションになる。このタイミングでピットに向かうマシンもあったが、チームはステージ優勝を狙いコースに留まる戦略を取る。オースティンは残り1周のリスタートでトップに並びかけるも2番手でチェッカー、ステージポイントを獲得する。チームはブレイクでのピット作業を迅速に行うが、前のコーションでピットインした車両の後ろに着く形となり、最終ステージは12番手からのスタートとなった。
69周目、最終ステージのグリーンフラッグと同時にオースティンは見事なスタートで7台を一気に抜き5番手に順位を上げる。75周目に4番手に浮上すると、トップの#4ニーマンチェックと変わらないラップタイムでジリジリと差を縮める。チームは給油のタイミングをギリギリまで遅らせ、101周目オースティンにピットインを指示、給油とタイヤ交換を的確にこなしてコースに送り出すと2番手にジャンプアップ、トップを射程圏内に捕らえる。しかし終盤115周目のターン4の立ち上がりで3台のマシンが絡む激しいクラッシュが発生、場内が一瞬凍り付く。幸いドライバーは無事だったが、クラッシュしたマシンから飛び散ったパーツがコース上に散乱、クラッシュの直後を走行していたトップの2台はマシンにダメージを負い、その映像が場内のスクリーンに何度も映し出される。オースティンのマシンにはフロントから破片が貫通し、右フロントとフロントタイヤにもダメージを受けるが、クルーチーフのスコットは無線でオースティンとマシンの状態を確認して残り周回を走り切る選択を下す。レースは残り10周、今季初優勝を賭けたリスタートを最前列アウト側から迎えたオースティンは果敢にトップに出ようと試みるが、ダメージを負ったマシンはスピードが伸びず、一気に後続に飲み込まれてしまう。そこからチェッカーまでオースティンは後続車の攻めに耐え続ける苦しい展開を何とか抑えきり9位でフィニッシュ、貴重なポイントを獲得する。このレースでチームが見せた粘り強い戦いはステージポイント獲得と合わせ、シリーズチャンピオン争いでオースティンを再びトップ3に返り咲かせる結果となった。優勝を目前にしながら不運な展開により、今回も涙を飲んだオースティン。次戦は、北米トヨタの本拠地Plano 近郊に位置するTexas Motor Speedway。チームとオースティンが得意とする超高速クアッド・オーバルコースに優勝を目指して臨む。

チーム代表 :  服部茂章
今回発生した大きなクラッシュでもドライバーに怪我がなかったのは協会のセフティーチームが車両の安全性を常に進化させてくれている恩恵だと思います。残り周回を考えるとピットに入ると優勝の可能性がなくなり、できる限りの方法でダメージを確認して最後のリスタートにかけましたが、思った以上にダメージが大きくスピードが上がりませんでした。今回も優勝に近づいていましたので残念でしたが、レース後にマシンを確認して完走できただけでも運が良かったと思いました。今年はあと少しの所で勝てないレースが続いていますが、諦めずにドアをノックし続ける事が大切だと思っていますので、最後まで全力を尽くして戦いたいと思います。

CAMPING WORLD TRUCK SERIES 第10戦 結果
CAR# 16
ドライバー Austin Hill
予 選 3位
決 勝 9位
ランキング 3位

レースの模様は「FOX Sports1」にて全米、カナダ、ラテンアメリカで5月28日(土)午後20:30(現地時間)より生中継された。
HREは6月12日(土)テキサス州・Texas Motor Speedwayにて開催されるNASCAR CAMPING WORLDTruck Series 第11戦に参戦する。

Vertex Sportsプレスリリース

|

« NASCAR:Rd.15シャーロット レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.16ソノマ スターティングラインナップ »