« WEC:Rd.4ルマン24時間レース 予選2日目(ハイパーポール)結果 | トップページ | WEC:Rd.4ルマン24時間レース 1時間目途中経過 »

2021年8月20日 (金)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing 5年連続ポールポジション獲得、GR010 HYBRID 2台並び最前列スタート 小林可夢偉がハイパーカーでの新世代最初のポールシッターに

No.7 Toyota GR010 - Hybrid (C)Toyota Motorsports 拡大します

2021年8月20日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2021年シーズン第4戦ル・マン24時間 ハイパーポール

8月19日(木)FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦となる第89回ル・マン24時間レースの決勝スターティンググリッドを決定する「ハイパーポール」が行われ、TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)のGR010 HYBRID 7号車がポールポジションを獲得。新型ハイパーカー GR010 HYBRIDは新たなハイパーカー時代初となるレースで、歴史にその名を刻むこととなりました。

GR010 HYBRID 7号車を駆る小林可夢偉が、ハイパーポールセッションで3分23秒900というタイムをマークし、記念すべきハイパーカーでの初ポールポジションを獲得。チームに取ってはル・マン24時間レース5年連続のポールポジションとなりました。

小林は2017年の予選で、サルト・サーキットのコースレコードを記録していますが、今年も最速タイムをマーク、新たなハイパーカークラスで新基準を打ち立てました。彼にとっては4度目のポールポジションであり、これにより、小林はジャッキー・イクスが持つル・マン24時間レースでのポールポジション通算獲得回数記録にあと1回へと迫ることになりました。

GR010 HYBRID 8号車でアタックを担当したブレンドン・ハートレーは、7号車に僅か0.295秒及ばず2番手で続き、TGRのGR010 HYBRIDは5年連続で2台が揃って最前列グリッドから決勝をスタートします。

ハイパーポールセッションに先立ち、午後2時より公式練習3回目が3時間にわたって行われましたが、セッション残り25分というところで、8号車を駆る中嶋がインディアナポリスコーナーでタイヤウォールにヒット。車両後部にダメージを負い、残るセッションは走行できず、8号車はハイパーポールへの準備を予定通りには完了できませんでした。しかし、その後4時間にわたるインターバルで8号車は完璧に修復され、8号車は無事ハイパーポールのセッション開始に間に合いました。

現地時間午後9時、まだ明るさは残っているものの、徐々に闇に包まれていくタイミングで、各カテゴリーの上位6台がスターティンググリッドを決定するハイパーポールセッション(30分)が開始されました。

2台のGR010 HYBRIDは共に新品セットのタイヤを装着し、最小限の燃料搭載でポールポジション争いへ向かいました。小林はセッション開始と同時に目覚ましいペースでのアタックを見せ、コースがクリアな状況でトップタイムを叩き出しました。

ハートレーの最初のアタックラップは、コース上の他の車両に阻まれ、また、GT車両のアクシデントにより10分間ほどの赤旗中断となったことで一旦仕切り直しとなりました。セッションが再開されると、小林、ハートレー共に再び新しいタイヤで、更なるタイム更新を狙ってコースに復帰しました。

小林の1周目はベストタイムにわずかに及ばす、2周目は最速タイムを上回るペースでアタックを続けましたが、トラックリミット違反によりタイム更新はなりませんでした。一方のハートレーは連続して自己タイムを更新していったものの、7号車のポールポジションタイムには0.3秒届きませんでした。

チームは2台共にセッション後半ピットで待機し、ライバルチームのアタックを見守りましたが、TGRのタイムを上回る事はなく、アルピーヌ36号車が1.674秒差の3番手となり、7号車のポールポジションが確定しました。

20日(金)は走行がない休息日となりますが、チームにとっては休む間もない忙しい一日が続きます。2台のGR010 HYBRIDはメカニックによって完全に整備し直され、エンジニアは決勝レースの戦略などの準備に集中します。89回目を迎える伝統のレースは、21日(土)現地時間午後4時(日本時間午後11時)にスタートが切られます。

小林可夢偉(GR010 HYBRID 7号車):
ハイパーカーでの最初のポールポジションを獲得できたことは素晴らしいです。日曜日にGR010 HYBRIDでここル・マンを初めて走って以来、調整を続けてきたことで、着実な進化を遂げています。チームが最高の仕事で準備をしてくれたことが、このタイムに繋がったと思います。もう少しタイムを縮めることもできたと思いますが、トラックリミットに引っかかってしまったのは残念です。1周での最速ラップが取れれば良いというものではなく、我々は決勝レースでの成功という目標に向けて準備を行ってきました。我々はここ数年で何度かのポールポジションを獲得していますが、決勝レースでは勝てていないので、この予選の結果は何も保証してくれるものではありません。24時間レースは長いですし、いつもあと少しの運が必要なのです。

ブレンドン・ハートレー(GR010 HYBRID 8号車):
まず感激したのは、燃料搭載を少なくし、新品タイヤで、夜へ向かうコンディション下でのGR010 HYBRIDが素晴らしかったということです。クルマの感触は文句なく、練習走行での一貴のアクシデントから迅速に修復してくれたチームに本当に感謝しています。そして、素晴らしいアタックでポールポジションを獲得した可夢偉に祝福を送ります。私自身は、アタックラップ中にミスしてしまったのでちょっと悔しいです。7速へと一気に2つギアを上げてしまい、タイムをロスしてしまいました。車両には差は無かったので、ポールポジション獲得のチャンスもあったと思います。さらに良いペースだった2度目のアタックではコース上の車両に阻まれ、万事休すとなりました。残念な気持ちはありますが、最前列グリッドを獲得できたことは良かったですし、7号車の結果も嬉しいです。

トヨタモータースポーツニュース

WEC第4戦ル・マン24時間 公式練習第3回目結果(総合順位)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 ベストタイム
1 36 アンドレ・ネグラオ
ニコラス・ラピエール
マシュー・バキシビエール
アルピーヌ・エルフ・マトムート/
アルピーヌ A480-Gibson
29 3:26.594
2 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
34 3:28.064
3 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
27 3:28.260
4 708 ルイス・フェリペ・デラーニ
フランク・マイルー
オリビエ・プラ
グリッケンハウス・レーシング/
グリッケンハウス 007 LMH
14 3:28.728
5 38 ロベルト・ゴンザレス
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
アンソニー・デビッドソン
イオタ/
Oreca 07-Gibson
32 3:30.213



WEC第4戦ル・マン24時間 ハイパーポール結果(総合順位)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 ベストタイム
1 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
6 3:23.900
2 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
7 3:24.195
3 36 アンドレ・ネグラオ
ニコラス・ラピエール
マシュー・バキシビエール
アルピーヌ・エルフ・マトムート/
アルピーヌ A480-Gibson
9 3:25.574
4 708 ルイス・フェリペ・デラーニ
フランク・マイルー
オリビエ・プラ
グリッケンハウス・レーシング/
グリッケンハウス 007 LMH
10 3:25.639
5 709 ロマン・デュマ
ライアン・ブリスコー
リチャード・ウェストブルック
グリッケンハウス・レーシング/
グリッケンハウス 007 LMH
9 3:27.656



WEC第4戦ル・マン24時間 公式練習第4回目結果(総合順位)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 ベストタイム
1 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
27 3:27.994
2 36 アンドレ・ネグラオ
ニコラス・ラピエール
マシュー・バキシビエール
アルピーヌ・エルフ・マトムート/
アルピーヌ A480-Gibson
23 3:28.280
3 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
28 3:29.567
4 709 ロマン・デュマ
ライアン・ブリスコー
リチャード・ウェストブルック
グリッケンハウス・レーシング/
グリッケンハウス 007 LMH
13 3:30.309
5 26 ロマン・ルシノフ
フランコ・コラピント
ニック・デ・フリース
G-DRIVE RACING/
Aurus 01-Gibson
23 3:31.414



|

« WEC:Rd.4ルマン24時間レース 予選2日目(ハイパーポール)結果 | トップページ | WEC:Rd.4ルマン24時間レース 1時間目途中経過 »