« WEC:Rd.1セブリング 予選結果 | トップページ | F2:Rd.1サクヒール 予選結果 »

2022年3月18日 (金)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing 厳しい予選で4番手、7番手グリッドから決勝レースへ

(C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

2022年3月18日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2022年シーズン第1戦 セブリング1000マイル 公式予選

3月17日(木)、米国フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイでFIA世界耐久選手権(WEC)第1戦セブリング1000マイルレースの予選が行われ、厳しい戦いとなったTOYOTA GAZOO Racingの2台のGR010 HYBRIDは、4番手、7番手グリッドから明日の決勝レースに臨むこととなりました。

この開幕戦に向け変更された性能調整(バランス・オブ・パフォーマンス)の影響は、赤旗で短縮された予選の結果に明瞭に表れました。

セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮の3名が駆るGR010 HYBRID 8号車は、ハートレーが予選アタックを担当し、1分49秒217のタイムで総合4番手。マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの7号車はロペスのアタックで7番手のタイムに終わりました。

予選はチェッカーを目前にしたところでLMP2車両がクラッシュし、赤旗が出されてそのまま終了。このためアタックに入っていた2台のGR010 HYBRIDは更なるタイム更新のチャンスを失い、ライバルとなるアルピーヌがポールポジション、グリッケンハウスが2番手で続き、LMP2車両が総合3番手に入りました。

GR010 HYBRIDは昨年、6戦中5度のポールポジションを獲得していますが、今大会、前輪を電動モーターで駆動する4輪駆動モードの作動速度が性能調整により制限されたこともあり、6度目を目指したポールポジションへの戦いは厳しくなることが予想されていました。

しかしながら、ロペスとハートレーは、米国耐久レース生誕の地であるセブリングで、沈みゆく夕日に照らされながら行われた予選セッションを、ひとつでも上位からのスタートを目指し全力で戦いました。

ハートレーはコースインして最初のアタックラップで自身最速タイムをマーク。その後も2周にわたってアタックを続け、チェッカー目前のラップでは第1セクターでタイムを更新し順位アップの期待がかかりましたが、セッション終了直前にLMP2車両がクラッシュしたことで出された赤旗により、その望みは叶わず4番手に留まりました。

ロペスはセッション開始からしばらく待機してコースインしましたが、アタック1周目ではコース上の混雑に阻まれタイムをロス。その後の周回でタイムを更新していきましたが、最後のアタックラップが赤旗で阻まれ7番手に終わりました。

TGRにとっては残念な予選となりましたが、チームは明日18日(金)に8時間の長丁場として行われる決勝レースでの戦略を最適化することに意識を切り替え、GR010 HYBRIDでの7戦連続勝利を目指します。

ホセ・マリア・ロペス(7号車 ドライバー):
最後のラップはかなり上手く行き、コンマ5秒ほど速かったと思ったのですが、赤旗が出てしまいました。赤旗がなければもっと上位のグリッド、恐らくトップ4には入れたと思いますが、結果としてはそんなに変わりません。ポールポジション争いには加われませんでしたが、ダメージは最小限だったと思います。決勝レースは長いので、クリーンなレースをすることに集中します。上手く行けば表彰台か、更なる結果も狙えるかも知れません。

ブレンドン・ハートレー(8号車 ドライバー):
あまりグリップが得られず、スライドしてしまって難しい予選でした。最終コーナーで速度を出し過ぎ、コンマ何秒か失いましたが、それ以外はクリーンなアタックラップでした。とはいえポールポジションを狙うには足りませんでした。明日の決勝レースでは、とにかくできる限りクリーンなレースを戦わなくてはなりません。それこそが耐久レースであり、何が起こるか分からないので、戦い続けます。

TOYOTA GAZOO Racingプレスリリース

WEC第1戦セブリング1000マイル 公式練習第3回目結果(総合順位)
順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 ベストタイム
1 708 オリビエ・プラ
ロマン・デュマ
ライアン・ブリスコー グリッケンハウス・レーシング/
グリッケンハウス 007 LMH 17 1:49.261
2 36 アンドレ・ネグラオ
ニコラス・ラピエール
マシュー・バキシビエール アルピーヌ・エルフ・チーム/
アルピーヌ A480-Gibson 21 1:49.664
3 22 フィリップ・ハンソン
フィリペ・アルバカーキ
ウィリアム・オーウェン ユナイテッド・オートスポーツUSA/
Oreca 07-Gibson 22 1:49.745
4 38 ロベルト・ゴンザレス
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
ウィル・スティーブンス JOTA/
Oreca 07-Gibson 25 1:49.980
5 8 セバスチャン・ブエミ
ブレンドン・ハートレー
平川亮 TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID 28 1:50.169
8 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID 26 1:50.475


WEC第1戦セブリング1000マイル 公式予選結果(総合順位)
順位 No. ドライバー名 チーム/車種 ベストタイム
1 36 アンドレ・ネグラオ
ニコラス・ラピエール
マシュー・バキシビエール アルピーヌ・エルフ・チーム/
アルピーヌ A480-Gibson 1:47.407
2 708 オリビエ・プラ
ロマン・デュマ
ライアン・ブリスコー グリッケンハウス・レーシング/
グリッケンハウス 007 LMH 1:48.741
3 83 フランソワ・ペロード
ニクラス・ニールセン
アレッシオ・ロベラ AFコルセ/
Oreca 07-Gibson 1:49.014
4 8 セバスチャン・ブエミ
ブレンドン・ハートレー
平川亮 TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID 1:49.217
5 22 フィリップ・ハンソン
フィリペ・アルバカーキ
ウィリアム・オーウェン ユナイテッド・オートスポーツUSA/
Oreca 07-Gibson 1:49.388
7 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID 1:49.581

|

« WEC:Rd.1セブリング 予選結果 | トップページ | F2:Rd.1サクヒール 予選結果 »