2022年6月13日 (月)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing、ポールポジションからの1-2フィニッシュでル・マン24時間5連覇を達成!

(C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

2022年6月13日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2022年シーズン第3戦ル・マン24時間 決勝
6月12日(日)、フランス ル・マンのサルト・サーキットでFIA世界耐久選手権(WEC)第3戦 第90回ル・マン24時間の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)のGR010 HYBRIDが1-2フィニッシュ。2018年の初優勝以来5連覇を達成しました。

今年のル・マン24時間はレース全体を通して好天に恵まれ、一時、部分的な低速走行区間(以下 スローゾーン)があったものの、セーフティカー出動は1回のみと波乱の少ない、クリーンなレースとなりました。

セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮の3名が駆るGR010 HYBRID 8号車はポールポジションでのスタートから完璧なレースで380周を走破し、現地時間午後4時、スタンドを埋め尽くした熱狂的なファンが見守る中、トップでチェッカーを受けました。

昨年の勝者である小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスのGR010 HYBRID 7号車は8号車から遅れること2分1秒222の2位でフィニッシュ。TGRはル・マンで4度目の1-2フィニッシュを果たしました。

ブエミはこの勝利で自身のル・マン通算優勝記録を4回へと伸ばし、スイス人ドライバーとしての最多勝記録を更新。ハートレーも自身3度目の勝利でニュージーランド人の最多勝ドライバーになりました。平川は3度目のル・マン挑戦、TGRのメンバーとしては初めてのル・マンで見事に総合優勝を勝ち取り、日本人ドライバーとして表彰台中央に上った5人目のドライバーとなりました。

2台のハイパーカー GR010 HYBRIDは、コース上の混雑やスローゾーン、コース条件の変化などに見舞われる中、何度も互いの順位を入れ替えながら、僅差での首位争いを繰り広げました。

TGRの2台による数秒差での首位争いは16時間にも及びました。しかし、256周目に首位を走行していたロペスの7号車がフロントモーター関連の電装系トラブルに見舞われたことで、このバトルは終焉を迎えました。

一旦はコース脇に車両を停めたロペスでしたが、システム再起動で走行を再開しピットイン。さらなる再起動作業などでこのトラブルを解決した7号車はそれまでのスピードを取り戻しましたが、このタイムロスにより、首位に立ったハートレーの8号車からは約1周分の差をつけられてしまいました。

車両性能が拮抗した2台においてこの差はあまりに大きく、ロペスは最後の30分に、最速ラップを叩き出す走りで追い上げたものの、再び追いつくまでには到りませんでした。

9日(木)のハイパーポールで、最終盤にドラマティックな逆転アタックを見せてポールポジションを獲得したハートレーが、8号車の最終走者を担当し、第90回ル・マン24時間レースの栄光のチェッカーをトップで受けました。ロペスの7号車がこれに続き、計5,177kmもの長い戦いをTGRの2台は同一周回の1-2で走り抜きました。

WECのシーズン選手権争いでは、他のレースの倍のポイントを獲得できるル・マンで1-2フィニッシュを果たしたことで、TGRはマニュファクチャラーズランキングで2位のアルピーヌに22ポイント差をつける首位に浮上。ドライバーズポイントでも、8号車の3人は首位のアルピーヌ36号車に3ポイント差の2位と大きく躍進、7号車の3人は首位と20ポイント差の4位につけています。

チームはル・マン5連覇の喜びもつかの間に、2022年シーズンの世界チャンピオンをかけた戦いを続けるべく、7月10日(日)に行われる第4戦、イタリア・モンツァでの6時間レースに臨みます。

小林可夢偉(チーム代表 兼 7号車 ドライバー):
8号車で優勝を果たしたセバスチャン、ブレンドン、亮の3人を祝福します。残念ながら我々の7号車は朝方、トラブルに見舞われリードを失ってしまいました。8号車とはそれまでずっと僅差の良いバトルを繰り広げていただけに、トラブルは本当に残念です。24時間レースではこういうことも時々起こります。とはいえ、7号車が無事にレースに復帰し、TOYOTA GAZOO Racingの2台が同一周回の1-2でフィニッシュできたことはチームによる素晴らしい努力のおかげです。このレースウィーク、本当に頑張ってくれたマイクとホセ、そして、7号車のクルーにも感謝します。1-2フィニッシュを目指してル・マンに挑みましたが、チーム全員の頑張りによりそれを達成することができ、本当に感謝しています。

マイク・コンウェイ(7号車 ドライバー):
ここル・マンにはあまり好かれていない気がします。いつも何かが起こってしまいます。昨年は勝つことができましたが、それまで何度もここで厳しい思いをしてきました。優勝したチームメイトの8号車、特に亮はおめでとう。初挑戦で優勝できるというのは格別でしょう。可夢偉とホセと共にレースを戦うのはいつも喜びであり、ル・マン勝利に全てを捧げてきましたが、あと一歩届きませんでした。とはいえ、チームの1-2フィニッシュと、TOYOTA GAZOO Racingの5連覇は素晴らしい結果で誇りに思いますし、東富士やドイツ・ケルンのチーム関係者全員に感謝します。まだWECのチャンピオン争いは3戦残っているので、気持ちを切り替えてプッシュしていきます。

ホセ・マリア・ロペス(7号車 ドライバー):
ル・マンで優勝できなかったのは悔しいです。しかし、我々はチーム全員が勝利を目指して戦っており、負けを認めてチームが1-2フィニッシュを果たせたという好結果を素直に喜びたいと思います。8号車のクルー、おめでとう。素晴らしい戦いぶりでした。ほぼ完璧なレースを戦う中、ハイパーカークラスのライバルは皆、何らかのトラブルに見舞われたこともあり、我々2台は大きく差を広げることができました。その後も完璧を目指して戦い続け、GR010 HYBRIDの速さも示せて勝利も見えていただけに、トラブルに見舞われたのは本当に悔しいです。しかし、チームのおかげでコースに復帰し、戦い続けることができました。TOYOTA GAZOO Racingの1-2フィニッシュに貢献できたことには満足しています。

セバスチャン・ブエミ(8号車 ドライバー):
亮とブレンドンと共に、表彰台の中央に立つという格別な瞬間を味わい、その後の自分を言葉で表すのは難しいです。初めて8号車のクルーとしてル・マンに出場した亮と共に優勝できたのは最高です。彼は本当に素晴らしい走りで、その功績を称えたいと思います。チーム全員、そして、我々8号車のクルーも一切ミスすることなく、車両にもダメージを負わず、完璧なレースを戦い抜きました。私にとってル・マンでの4度目の勝利、また、TOYOTA GAZOO Racingの5連覇を勝ち取ることができ、信じられない気持ちです。今日達成した偉業を実感するには少し時間が必要になりそうです。

ブレンドン・ハートレー(8号車 ドライバー):
TOYOTA GAZOO Racingのル・マンでの1-2フィニッシュを達成できて嬉しいです。ハイパーポールでアタックを担当し、ポールポジションを獲得した時も素晴らしい気分でしたが、決勝のチェッカーを受けたときはさらに最高でした。ル・マンで最後のドライバーを担当しトップでチェッカーを受けたのは初めての体験だったので、フィニッシュラインを越えたときは感無量でした。レース中は結果については考えないようにしています。レースは、特にトヨタにとっては、最後の最後まで何が起こるかわからないからです。だからこそチェッカーを受けたときには全ての感情があふれ出し、信じられない気分でした。亮は本当に良いドライバーで、彼が初優勝を果たせたことも嬉しいです。我々は皆、彼のことが大好きで、既に彼は強力なチームの一員です。また、7号車のクルーとの関係も良く、レースの大半で、素晴らしいバトルを楽しむことができました。バトルの間はずっと全開でしたが、彼らにトラブルが発生したあとは、リスクを最小限に抑えて走りました。

平川亮(8号車 ドライバー):
伝説のドライバーが並ぶ、ル・マンウィナーのメンバーリストに名を連ねることができ、光栄です。正直なところ、まだ夢が叶ったという実感がありません。ずっと接戦で、特に7号車とは素晴らしいバトルができました。私がチームに加わって以来、沢山助けてくれたセバスチャンとブレンドンには本当に感謝していますし、彼らと同じチームでドライブでき光栄でした。TGRのメンバーとして初めてのル・マンで1-2フィニッシュを飾れたというのも最高ですし、ハードワークを続けてくれたチーム全員に感謝します。我々8号車は戦略もピットワークも完璧でしたし、一切トラブルも起こらないレースでした。これ以上のものは望めないと思います。

(C)TOYOTA GAZOO Racing

続きを読む "WEC:TOYOTA GAZOO Racing、ポールポジションからの1-2フィニッシュでル・マン24時間5連覇を達成!"

|

WEC:Rd.3ルマン24時間レース結果

■トヨタ1-2、8号車の優勝でルマン5連覇を飾る!

 

(C) TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース結果"

|

2022年6月12日 (日)

WEC:Rd.3ルマン24時間レース 18時間目途中経過

(C) TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース 18時間目途中経過"

|

WEC:Rd.3ルマン24時間レース 15時間目途中経過

(C) TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース 15時間目途中経過"

|

WEC:Rd.3ルマン24時間レース 12時間目途中経過

(C) TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース 12時間目途中経過"

|

WEC:Rd.3ルマン24時間レース 9時間目途中経過

(C)WEC 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース 9時間目途中経過"

|

WEC:TOYOTA GAZOO Racing、最前列からル・マン24時間レーススタート GR010 HYBRID 7号車が首位、8号車が2位で走行中

(C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します
2022年6月12日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2022年シーズン第3戦ル・マン24時間 決勝6時間経過
6月11日(土)現地時間午後4時に、2022年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第3戦 第90回ル・マン24時間レースの決勝のスタートが切られました。最前列で並んでスタートを切ったTOYOTA GAZOO Racingの2台のGR010 HYBRIDは、スタートから1-2体制を堅守。時に互いに順位を入れ替えながら、6時間を終えた現地時間午後10時時点で、僅差での首位争いを繰り広げています。

レースは4分の1を終え、コースが闇に包まれ始めた6時間経過時点で、ディフェンディングウィナーである小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスのGR010 HYBRID 7号車が8.049秒差でレースをリードしています。

チームにとって、5連覇を目指す今年のル・マン24時間の序盤戦は大きな波乱なく周回が続けられており、ポールポジションからスタートを切ったセバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮の8号車が2位で続いています。

決勝レース開始直前、スタートセレモニーの一環として、中嶋一貴が往年のグループCカー、トヨタトムス85Cで昨年2021年の優勝トロフィー返還を行い、注目を浴びました。このトヨタトムス85Cは、37年前にトヨタが初めてル・マンに挑戦したとき、中嶋一貴の父である中嶋悟氏がドライバーの一人としてステアリングを握った車両です。

好天に恵まれたル・マン・サルト・サーキットの気温は25度、路面温度は50度を越える暑さとなりましたが、グランドスタンドを埋め尽くした観客が見守る中、現地時間午後4時に、2台のGR010 HYBRIDが62台の出場車を従え、最前列からスタートを切りました。ポールポジションの8号車はセバスチャン・ブエミが順当なスタートを切り、2番手のマイク・コンウェイがこれに続く1-2体制で周回を開始しました。

スタートから40分ほどで、まず7号車が給油のためにピットへ。翌周に8号車がピットイン、コース復帰時には、7号車が前に出て、順位が入れ替わりました。その後、7号車のコンウェイは2スティント、計3スティントを走行し、スタートから2時間を過ぎたタイミングでホセ・マリア・ロペスへとドライバーチェンジ。その1周後に3スティントを走り終えた8号車のブエミもピットへ向かい、ブレンドン・ハートレーへと交代しました。

交代した7号車のロペスは、4時間目に入るときには約20秒まで8号車との差を拡げましたが、8号車のハートレーは最速ラップを更新するハイペースで追い上げ、スローゾーンの不運なタイミングも相まって、2台の差は縮まりました。

さらに、ロペスは3スティント目のピットアウト直後にコースオフを喫し、タイムロス。このチャンスを逃さず、ハートレーの8号車が首位を奪還。2台のGR010 HYBRIDはテール・トゥ・ノーズのまま周回を重ね、ドライバーチェンジのためにピットへと向かいました。

4時間を過ぎたタイミングで7号車は小林可夢偉へドライバーチェンジ。翌周には8号車がピットへ向かい、交代した平川亮は自身初めてとなる、総合首位での周回を開始しました。7号車の小林は2位を走行、3位のグリッケンハウスとは十分な差を拡げました。しかし、8号車の平川がGTクラス車両の処理でタイムをロスしたため、ピットインで2台の順位は入れ替わり、7号車が首位を奪い返しました。

コース上のトラフィックが刻々とレースの状況を変えていく中、2人の日本人がドライブするGR010 HYBRIDの2台は僅差で首位を争いながら、闇に包まれていくサルト・サーキットでの走行を続けています。

マイク・コンウェイ(7号車 ドライバー):
全体として私のスティントは問題なかったです。序盤は攻めようかとも思ったのですが、他の車両がタイヤ摩耗に苦しんでいるのがわかったので、とにかく3スティントを通して着実に、可能な限りタイヤを温存する走りを心掛けました。スタートは上手く行きましたし、ミスのないように走りました。良いペースを維持しながら後続を引き離そうとしました。グリッケンハウスとは十分な差を築けましたが、まだまだ序盤ですのでプッシュを続けます。

ホセ・マリア・ロペス(7号車 ドライバー):
リードを失ってしまったのはちょっと残念ですが、長いレースですし、いろいろなことが起こりえます。コース上のトラフィックをかわすのは大変で、特に2スティント目と3スティント目は良いリズムが掴めずに、ブレンドンに詰められてしまいました。スローゾーンでも大きくタイムを失い、ピットストップ直後にコースオフしたことで彼にかわされてしまいました。とは言え、GR010 HYBRIDはとても好調ですし、首位を争えていることにも満足しています。

セバスチャン・ブエミ(8号車 ドライバー):
私のスティントはちょっと苦しみました。最初のスティントでタイヤを酷使しすぎてしまい、続くスティントも大変でした。バランスも完璧ではありませんでしたが、レースが進んで、夜になって路面温度が下がれば我々も良くなると思います。やや不満の残るスタートになってしまいましたが、GR010 HYBRIDのポテンシャルは高いですし、まだ先は長いです。今のところは全てが順調と言っていいと思います。

ブレンドン・ハートレー(8号車 ドライバー):
私自身のスティントはクリーンに走れました。午前中のウォームアップ走行後、車両のバランスを僅かに修正し、セバスチャンの最初のスティントでリアタイヤにダメージを追いましたが、そこから学びを得られましたし、今後の走行ではリアタイヤを大事にする走りをしていくことになります。車両バランスはこれから夜になって涼しくなれば、改善していくと思います。我々のGR010 HYBRIDは速いです。3度目のスティント序盤にホセをパスし、首位に立つことが出来ましたが、まだ2台の差は僅かです。

(C)TOYOTA GAZOO Racing

続きを読む "WEC:TOYOTA GAZOO Racing、最前列からル・マン24時間レーススタート GR010 HYBRID 7号車が首位、8号車が2位で走行中"

|

WEC:Rd.3ルマン24時間レース 6時間目途中経過

TOYOTA GR010 HYBRID (C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース 6時間目途中経過"

|

WEC:Rd.3ルマン24時間レース 3時間目途中経過

TOYOTA GR010 HYBRID (C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3ルマン24時間レース 3時間目途中経過"

|

2022年6月10日 (金)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing、GR010 HYBRID 8号車がポールポジション争いを制し決勝は7号車と1-2で、最前列スタート

(C)TOYOTA GAZOO Racing 拡大します

2022年6月10日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2022年シーズン第3戦ル・マン24時間 ハイパーポール
6月9日(木)、フランス・ル・マンのサルト・サーキットで、FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦 第90回ル・マン24時間レースのスターティングリッドを決定するハイパーポールが行われ、GR010 HYBRID 8号車がポールポジションを獲得。7号車が2番手で続き、TOYOTA GAZOO Racingは最前列グリッドに並んで24時間レースのスタートを切ることとなりました。

最後の瞬間までスリリングな展開となったハイパーポールセッションで、8号車のブレンドン・ハートレーがTOYOTA GAZOO Racingに6年連続となるポールポジションをもたらしました。

セバスチャン・ブエミ、平川亮と共にドライブする8号車のアタックを担当したハートレーは、最後のアタックで3分24秒408というベストタイムを叩き出し、彼にとっては初めてとなるル・マンでのポールポジションを獲得しました。

マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスと共に2021年のル・マンを制した7号車は、小林可夢偉がル・マン史上最多記録に並ぶ5度目のポールポジションを目指しアタックしましたが、惜しくも8号車に0.420秒及ばず、2番手グリッドに並ぶこととなりました。

4度のル・マン・ウィナーであるTOYOTA GAZOO Racingは、今日の結果で、ポールポジション通算獲得記録を、アウディに並ぶ歴代2位タイの8回へ伸ばしました。

ハイパーポールセッションでは、各車両1人のドライバーが30分間のセッション中にアタックし、そのベストタイムでグリッドを決定します。ハイパーカークラスは、GR010 HYBRIDの2台、アルピーヌ、また、グリッケンハウス2台の合計5台により、セッション中に何度もトップタイムが塗り替えられる、激しいポールポジション争いが繰り広げられました。

タイム更新は最後まで続き、セッション終了のチェッカーフラッグが振られる中で小林とハートレーがラストアタックでフィニッシュラインを越えた瞬間、チームにとってこの6年で5度目となる最前列グリッド独占が確定しました。

ハイパーポールセッションでの接戦の一方で、チームは決勝レースへ向けた準備作業にも焦点を当ててきました。小林が最速タイムを記録した公式練習3回目では、8号車は電装系のトラブルで出遅れましたが、公式練習4回目ではトラブルなく2時間のナイトセッションを終え、7号車のロペスが最速タイムを記録しました。

10日(金)はコース上での走行セッションはありませんが、チームは忙しい一日を過ごすこととなります。メカニックは2台のGR010 HYBRIDを決勝レースへ受け完全に整備し直し、エンジニアも最終的なセッティングと戦略プランを構築、そして、ドライバーはファンとの交流の機会である、ル・マン市内での恒例のドライバーズパレードに参加します。

小林可夢偉(チーム代表 兼 7号車 ドライバー):
私自身、そして、7号車にとっては少し悔しい結果ですが、ブレンドンのアタックは素晴らしかったです。彼と8号車のポールポジション獲得という素晴らしい結果をうれしく思います。彼らはル・マンに入ってから早い段階でトラブルに見舞われましたが、クルーが懸命の作業でこの問題を克服し、ポールポジションという結果に結びつけました。私自身も全力を尽くしてアタックしましたが、コース上のトラフィックにより、タイムを出し切れませんでした。とは言え、こういったことが起きるのも予選です。明日の決勝では、我々TOYOTA GAZOO Racingが1-2で並んで最前列グリッドからスタートできるのは嬉しいことですし、また、好位置からのスタートになるので、パフォーマンスにも自信があります。ハイパーカークラスのライバルとの争いは本当に僅差なので、決勝でもエキサイティングなバトルができると楽しみにしています。もちろん、決勝レースはとても長く、車両信頼性こそがもっとも重要な要素となります。目標は優勝です。

ブレンドン・ハートレー(8号車 ドライバー):
ポールを獲得できたラップは、信じられないような感覚でした。ここル・マンで私にとって初めてのポールポジションを獲得できて本当に嬉しいです。この素晴らしいGR010 HYBRIDを用意してくれたチームと、最高の時間を過ごさせてくれたチームメイトに感謝します。もちろんプレッシャーもありました。特にラスト1周前のラップでコース上のトラフィックに引っかかってしまったため、ラストラップで決めなくてはなりませんでした。それだけに、フィニッシュラインを越え、結果を目にした瞬間の感覚は言葉にできません。ポールポジション連続獲得記録を途絶えさせることになってしまい、可夢偉には申し訳ないですが、彼にはまだこれからもチャンスがあります。決勝レースへ向けて気持ちを切り替える必要がありますが、今はこの最高の気分をじっくり味わいたいと思います。

TOYOTA GAZOO Racing

続きを読む "WEC:TOYOTA GAZOO Racing、GR010 HYBRID 8号車がポールポジション争いを制し決勝は7号車と1-2で、最前列スタート"

|

より以前の記事一覧