2019年9月 2日 (月)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID シーズン開幕戦を1-2フィニッシュで飾る

Wec_20192020_rd1_253 2019年9月2日(月)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年開幕戦 シルバーストーン4時間 決勝

TOYOTA GAZOO Racingは、2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)の開幕戦シルバーストーン4時間レースを1-2フィニッシュという完璧な結果で終え、順調なシーズンスタートを切りました。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
決勝結果: 1位, 129周、ピットストップ6回、グリッド:1番手、ファステストラップ:1分37秒289

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー) :
決勝結果: 2位(トップと1秒901差), 129周、ピットストップ6回、グリッド:2番手、ファステストラップ:1分37秒349

地元英国出身のマイク・コンウェイと小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名が駆るTS050 HYBRID 7号車は、改定されたレギュレーションにより、ライバルよりも99kg重い車両ながらも、ポールポジションからスタートを切り、チームに取って6戦連続となる勝利を飾りました。

セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴とブレンドン・ハートレーの8号車は、レースを通して7号車と首位を争い2位でチェッカーを受けました。この週末を通して集まった5万人近い観衆の前で2台のTS050 HYBRIDは、めまぐるしく変わる天候とも戦いながら、熱い戦いを繰り広げました。

最初に7号車のステアリングを握り、ポールポジションからスタートを切ったコンウェイは、レース序盤、8号車のブエミを抑えて首位をキープ。しかしながら不運なタイミングで出されたフルコースイエローにより、一旦はレベリオンの先行を許すこととなりました。その後、ピットインで順位を入れ替えた8号車と7号車は、数周後には首位と2位の座を奪還しました。

レースはスタートから1時間半を過ぎた頃、シルバーストーンは急な雨に見舞われました。2台のTS050 HYBRIDは当初、予定外のピットインを嫌いスリックタイヤのまま走行を続けましたが、路面は急速にヘビーウェットコンディションになっていき、2台はウェットタイヤへと交換しました。

今回のレースではピットストップが大きな要素となり、TOYOTA GAZOO Racingはタイヤ交換で貴重な数秒を稼ぐことが出来ました。今季の規則改定によりTS050 HYBRIDの給油時間の優位性は無くなり、ライバルのジネッタ及びレベリオンも、それぞれトヨタよりも50%、61%多くの燃料を給油するにもかかわらず、同じ時間で給油できるように調整されたことが背景です。

8号車のハートレーはワイパーのトラブルに見舞われ、修理で数秒失いながらも首位を維持していましたが、レースが折り返す頃には、すぐ後を走行していた7号車の小林が8号車をパスし、首位を奪還しました。その後、レース後半戦は、セーフティカーの導入により、トップ3台は接近したものとなりました。

23分間でセーフティカーが退去しレースは再スタート。2台のTS050 HYBRIDは1-2体制で3位のレベリオン3号車との差を広げていき、その後、3号車はペナルティを受けたため上位2台との差は約1分に広がりました。

その後も2台のTS050 HYBRIDによる首位争いは続き、7号車の小林と8号車ハートレーは何度もポジションを入れ替えながらのバトルを展開。そして最後の1時間、7号車がロペス、8号車が中嶋へ交代してからも2台は僅差の1-2体制で周回を重ねました。

首位で7号車のバトンを受け取ったロペスは、次々に現れる周回遅れをかわしながらその座を守りきり、トップでチェッカー。最後まで猛追を見せた8号車の中嶋は、わずか1.9秒差での2位で続き、TOYOTA GAZOO Racingは2019-2020年シーズンの開幕戦を1-2フィニッシュという最高の結果で飾りました。

TOYOTA GAZOO RacingはWECのチャンピオンシップをリードして、来月、チームの母国で行われる次戦富士へと臨みます。今大会シルバーストーンとは異なり、伝統的な、6時間のレースとなります。

ホームレースとなる富士において、TOYOTA GAZOO Racingは過去7年間で6勝と圧倒的な強さを見せています。しかしながら。今季より導入された新たなレギュレーションでは、前戦までに獲得したポイントに応じて、ハンデが科されることとなっており、ノン・ハイブリッドのライバル勢に比べTS050 HYBRIDはペースダウンを強いられることになります。また、今大会で勝利を挙げた7号車は、8号車よりも重いハンデを科されることとなります。

トヨタモータースポーツニュース

 

続きを読む "WEC:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID シーズン開幕戦を1-2フィニッシュで飾る"

|

WEC:Rd.1シルバーストーン レース結果

スタートシーン (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.1シルバーストーン レース結果"

|

2019年9月 1日 (日)

WEC:TS050 HYBRID 7号車が3年連続のポールポジションを獲得、8号車と最前列グリッドに並んで決勝へ

Wec_20192020_rd1_229 2019年9月1日(日)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

WEC2019-2020年開幕戦 シルバーストーン4時間 公式予選
TOYOTA GAZOO Racing

FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン4時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車が3年連続となるポールポジションを獲得。8号車が2番手で続き、TOYOTA GAZOO Racingはシーズン開幕の4時間レースを、最前列グリッドに並んでスタートすることになりました。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習3回目 : 4番手 (1分37秒981), 30周
公式予選 : 1番手 (平均1分36秒015)

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー):
公式練習3回目 : 1番手 (1分37秒014), 31周
公式予選 : 2番手 (平均1分36秒315)

暖かな気候のもと、正午過ぎから行われた予選では、マイク・コンウェイと小林可夢偉がアタックしたTS050 HYBRID 7号車が、2人の平均タイムでトップにつけ、2019-2020年シーズン開幕戦でポールポジション、及びボーナスの1ポイントを獲得、選手権をリードすることになりました。また、後半のアタックを担当した小林は、1分35秒992のタイムをマークし、これまでのシルバーストーンにおけるLMP1クラスのコースレコードを大きく塗り替えました。

7号車のポールポジション獲得は、前日の公式練習2回目終盤でモノコックにダメージを負い、チームメカニックによる夜を徹したシャシー交換作業の末に達成されたもので、決して順調ではありませんでした。

中嶋一貴とセバスチャン・ブエミがアタックした8号車は僅差で2番手につけ、これによりTOYOTA GAZOO Racingの2台が最前列グリッドを獲得しました。8号車の3人目のドライバー、ブレンドン・ハートレーは予選には出走しませんでしたが、明日の決勝レースでのTOYOTA GAZOO Racingデビュー戦に臨みます。

2台のTS050 HYBRIDの差は0.3秒。そして、同じLMP1クラスのライバルであるレベリオン・レーシングの1号車はポールポジションの7号車と僅か0.545秒差でした。昨年のシルバーストーン戦では、ノン・ハイブリッド勢最上位とポールポジションとの差は2秒以上ありましたが、今年のライバル勢は大きく性能を上げ、決勝レースも接戦が予想されます。

2019-2020年のWECシーズン、全8戦の開幕戦となるシルバーストーン4時間レースは、明日9月1日(日)の正午にスタートを切ります。そして、世界選手権の長い戦いは、2020年6月14日に、ル・マン24時間レースのチェッカーフラッグが振られるまで続きます。

トヨタモータースポーツニュース

 

続きを読む "WEC:TS050 HYBRID 7号車が3年連続のポールポジションを獲得、8号車と最前列グリッドに並んで決勝へ"

|

WEC:2019-2020WEC:Rd.1シルバーストーン 予選結果

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:2019-2020WEC:Rd.1シルバーストーン 予選結果"

|

2019年8月30日 (金)

WEC:グッドイヤー、WEC 復帰に準備万端!

Pr0830_1 シルバーストーン開幕戦を前に、7 つのサーキットで 12,000kmの走行試験完了

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(以下グッドイヤー)は、9 月 1 日にシルバーストーンで開催される 2019/2020 FIA 世界耐久選手権(WEC)開幕戦のタイヤ仕様を発表しました。グッドイヤーは今回、世界的なレースにカムバックを果たすため、4 種の新型タイヤを開発し、全 8 ラウンドの WEC シーズンに臨みます。

ハイダウンフォース プロトタイプレーシングカーの LMP2 クラスから、3つのトップチームがグッドイヤータイヤを選択しました。イオタ・スポーツ、ジャッキー・チェン・DC レーシング、ハイクラス・レーシングの各チームです。シルバーストーンはオープンタイヤコンペティションを特徴とする唯一の WEC クラスで、グッドイヤーの最新テクノロジーをお披露目する絶好の機会になります。

究極のドライ性能を実現する新しいアプローチ
タイヤメーカーは WEC の規制により、シーズン中に最大 3 種のドライタイヤをチームに提供することができます。グッドイヤーは7つのサーキットで 12,000kmに及ぶテスト走行を実施した後、最初の 2 種を決定しました。
グッドイヤーはシルバーストーンで、A タイヤ(最も柔らかいコンパウンド)および C タイヤ(ミディアムコンパウンド)を 3 つのチームに提供します。これらのタイヤは、様々なシーズンに亘って開催される WEC のサーキットにおいて、運転しやすさとぶれないハンドリングを提供できるよう設計された最新のタイヤ構造を採用しています。

「4~24 時間の長時間に亘るレースにおいて開発の焦点は、様々な温度やピットストップ間の走行時間の長さに対応し、幅広いドライビングスタイルに応えられる汎用性と性能を備えたタイヤの開発でした。」(マイク マックレガー レースセールスマネージャー)

シルバーストーンから始まり、上海、富士と続く最初の3つのレースは温暖な気候が予想されるため、3チームと緊密な連携をとりA タイヤと C タイヤの最適化にまず注力します。その後、バーレーン(12 月 14 日開催)またはサンパウロ(2 月 1 日開催)において、3 つ目のタイヤ導入を検討しています。

シルバーストーンに目を向けると、新しいサーキット路面はレース戦略に大きな影響を与えると予想されます。
「テスト走行により、新しいサーキット路面は、タイヤに大きな負荷をかける非常に高いグリップを生むことがわかりました。また、降雨後の路面の「ラバーイン」に、より多くの時間がかかることもわかりました。ピットストップで新しいタイヤに交換した後、ドライバーが新品タイヤでも思い切り躊躇することなく走行できるために、より柔らかいコンパウンドを採用した理由のひとつです。」(マイク マックレガー レースセールスマネージャー)

FIA はこの新しいサーキット路面を考慮し、各チームがレース中に追加のタイヤセットを使用できるように規制を緩和しました。この変更により、4 時間耐久レースが、ピットストップ間を全速力で駆け抜ける、フラットスプリントレースとなることが予想されます。これが、グッドイヤーが積極的なタイヤ戦略を採用したもうひとつの理由です。

ウェット性能には新しいテクノロジーを採用
英国における夏場のレースは、ウェット性能がその鍵を握る傾向があります。グッドイヤーの LMP2 クラス向けウェットタイヤは、高速で排水させるため、ショルダー部分に湾曲した溝を配置した、まったく新しいトレッドパターンを特徴とするのと同時に、大きなコーナーリング荷重下で安定性とグリップを維持するため、大きく、連続したセンターリブを採用しています。このデザインは、グッドイヤーの最新ウルトラハイパフォーマンスタイヤ、Eagle F1 SuperSport からヒントを得たものです。
C タイヤ(ミディアムコンパウンド)には、A タイヤと同じ構造を採用しており、ウェットからドライへのコンディションチェンジ時のグリップを強化しています。この汎用性をもつ性能により、ピットストップ間の走行時間の最適化が見込めます。
グッドイヤーは、可能な限り多くの異なったウェット環境下でのテストをするために、7 つのサーキットでテスト走行を実施しました。イギリスのシルバーストーン、ドニントン、ロッキンガムのサーキットに加えて、北アイルランドのビショップスコート、ポルティマン(ポルトガル)、モーターランド(スペイン)、セブリング(アメリカ)でもテスト走行を完了しました。

「4℃から 35℃の間で変化するウェット路面でテスト走行したため、ウェットコンディションで勝つための術を深く理解しています。」(マイク マックレガー レースセールスマネージャー)

グッドイヤーのウイングフット
ハイクラス・レーシング、ジャッキー・チェン・DC レーシング、イオタ・スポーツのレーシングカーには、2006 年以来初めてルマンスタイルの耐久レースでグッドイヤーのロゴが付けられています。
グッドイヤーのロゴには、吉報の使者を意味するローマ神話の神 マーキュリーの「ウイングフット」が組み込まれています。この古代ローマのシンボルは、イオタ・スポーツのオレカ車に特別なカラーリングで飾られており、グッドイヤーの歴史的なカムバックを祝っています。

グッドイヤージャパン・ニュースリリース

 

|

2019年7月26日 (金)

WEC:バルセロナテストタイム (7月23~24日)

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:バルセロナテストタイム (7月23~24日)"

|

2019年6月18日 (火)

WEC:グッドイヤー、ル・マン24時間とFIA世界耐久選手権に復帰

Logo_1 2019年6月17日

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(以下グッドイヤー)は、ル・マン24時間を含むFIA世界耐久選手権(WEC)用の新たなタイヤ開発を行い、欧州と国際スポーツカーレースに再び参戦することを発表しました。

FIA世界耐久選手権は、4つの大陸で開催される長距離レースで構成されており、ル・マンはシーズン最終戦に予定されています。グッドイヤーは過去、このル・マンにて通算14勝を上げています。
グッドイヤーは国際レースへの復帰にあたり、最初のステップとしてこの世界耐久選手権を選びました。これは、グッドイヤーにとって、様々なプロトタイプスポーツカーやGTカーのタイヤ技術を実証するための理想の舞台となると考えるからです。

「4時間から24時間という長時間にわたる耐久レースの特性上、タイヤの選択と戦略が重要視されますが、それは、我々の欧州イノベーションセンターの技術チームにとって、今後のレースに挑戦していく大きなモチベーションとなります。」
(ベン・クローリー グッドイヤー モータースポーツディレクター)

グッドイヤーはドイツのハナウとルクセンブルグのコルマーベルグにあるイノベーションセンターで、1年以上にわたりル・マン用のプロトタイプ・タイヤを開発してきました。このレース用タイヤは、グッドイヤーの最新フラッグシップ「Eagle F1 SuperSport(イーグル エフワン スーパースポーツ)」と並行して開発・製造します。これにより、市販用タイヤとレース用タイヤそれぞれの開発上で得られる技術と知識が融合し、双方のタイヤのパフォーマンスが向上することが期待できます。 グッドイヤーのレースタイヤは、イギリスのシルバーストンで開催される2019/2020 WEC開幕戦で再デビューする予定です。

今回の復帰は、モータースポーツ界において名だたるタイヤブランドが、その最も象徴的なモータースポーツの聖地のひとつで復活する、ということを意味します。特にル・マン24時間耐久は、25万人以上の観客を動員する世界最大のスポーツイベントのひとつです。 「モータースポーツは、今でも世界で最も人気のあるスポーツのひとつであり、それは、レースシーンでのグッドイヤーの物語を形成するブランドの伝統、情熱、革新、技術を持って、お客様と関わることができる理想の舞台と考えています。我々は、これまでに培ってきた知識と経験を、まずはスポーツカーレースに注力します。その後の展開として、耐久レースやその他のレースカテゴリーに取り組んでいきます。」(ベン・クローリー)
グッドイヤーには、モータースポーツにおける輝かしい歴史があります。ル・マン24時間における通算14勝に加え、未だ破られていないF1での368勝があります。また、アメリカのIMSAレースにて数十年にわたり収めてきたスポーツカーレースの経験も豊富です。
なお、日本グッドイヤー㈱では、既に、このレースタイヤ開発チームにより開発された、EAGLE RS SPORT V3 を本年度よりTOYOTA GR 86/BRZ レース プロフェッショナルクラス用に販売し、ご好評をいただいております。

≪グッドイヤーについて≫
グッドイヤーは世界屈指の大手タイヤ会社です。従業員数は約6 万4000 人で世界21 か国、47 の拠点を展開しています。米国オハイオ州アクロンとルクセンブルグのコルマーベルグの2 ヶ所に技術開発センターを有し、技術・性能の両面でタイヤ業界の標準を形づける最先端の製品とサービスを開発しています。グッドイヤーと製品の詳細情報はwww.goodyear.com/corporate をご覧ください。

グッドイヤーニュースリリース

|

2019年6月17日 (月)

2年連続勝利の8号車がドライバーズタイトル獲得 中嶋一貴は日本人初のWECチャンピオン戴冠 トップ独走の7号車は残り1時間でパンクに見舞われ2位

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2019年6月17日(月)
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WEC2018-2019年スーパーシーズン第8戦 ル・マン24時間レース 決勝
TOYOTA GAZOO Racing ル・マン24時間2連覇!
2年連続勝利の8号車がドライバーズタイトル獲得
中嶋一貴は日本人初のWECチャンピオン戴冠
トップ独走の7号車は残り1時間でパンクに見舞われ2位

 FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズンを締めくくる、第8戦ル・マン24時間レースが行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車が昨年に続き2連勝。中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの3名はWECのシリーズチャンピオンも獲得。中嶋一貴は日本人として初めて、サーキットレースでのFIA世界チャンピオンに輝きました。レースの大半で首位を走行する速さを見せた小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの7号車は、首位を独走していた残り1時間、突然のタイヤパンクで緊急ピットイン。8号車の先行を許すこととなってしまいましたが、2位でチェッカーを受け、TOYOTA GAZOO Racingは2年連続の1-2フィニッシュを飾りました。

TS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス):
決勝結果: 2位(トップと16秒972差), 385周、ピットストップ37回、グリッド:1番手、ファステストラップ:3分17秒297

TS050 HYBRID 8号車 (セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ):
決勝結果: 1位, 385周、ピットストップ34回、グリッド:2番手、ファステストラップ:3分18秒397

 6月16日(日)午後3時、25万人もの観客が見守る前で、長い24時間レースを締めくくるチェッカーフラッグが振られ、8号車がトップでこれを受けました。続いて7号車が2位でフィニッシュラインを通過。2年連続のTOYOTA GAZOO Racingの1-2フィニッシュとなりましたが、これは、終盤、最後の1時間でのドラマティックな展開の末の結果でした。

 レースが残り1時間となった367周目、2位の8号車に2分以上の大差をつけて首位を独走していたロペスがドライブする7号車が、タイヤのパンクを感知し、7号車は緊急ピットイン。タイヤを交換しました。しかし、コースへ復帰したロペスは車両の異常を感じ、スローダウン。再度ピットへ戻らざるを得なくなり、追い上げていた中嶋がドライブする8号車の逆転を許すこととなってしまいました。

 レースは小林がマークした予選最速タイムによってポールポジションからスタートした7号車を、8号車が追い、24時間という長いレースを通して、2台の1000馬力を誇るTS050 HYBRIDによる白熱した接近戦が繰り広げられました。
 終盤戦に入ると7号車が8号車との差を広げ始め、残り1時間、あとは7号車の初優勝へ向け走り切るだけと誰もが思い始めていた矢先の、信じられないようなアクシデントでした。
 残り1時間、逆に8号車に1分ほど先行されることとなってしまった7号車でしたが、ロペスは諦めることなく、逆転を目指して猛烈なアタックを続け、8号車との差をじりじりと詰めていきました。しかし、その追い上げも僅か17秒及ばず2位でチェッカーを受けることとなりました。
 これで8号車は昨年の第2戦に続きル・マン24時間レース2連勝。8号車の3名のドライバー、ブエミ、中嶋、アロンソはWEC2018-2019年スーパーシーズンのドライバーズチャンピオンを獲得。中嶋は日本人として初めて、サーキットレースでのFIA世界チャンピオンに輝きました。TOYOTA GAZOO Racingは2014年以来となる、マニュファクチャラーとドライバーの両タイトルを獲得しました。

トヨタモータースポーツニュース

 

続きを読む "2年連続勝利の8号車がドライバーズタイトル獲得 中嶋一貴は日本人初のWECチャンピオン戴冠 トップ独走の7号車は残り1時間でパンクに見舞われ2位"

|

2019年6月16日 (日)

WEC:Rd.8ルマン24時間 レース結果

No.8 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.8ルマン24時間 レース結果"

|

WEC:Rd.8ルマン24時間 21時間目途中経過

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)WEC 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.8ルマン24時間 21時間目途中経過"

|

より以前の記事一覧