2018年8月20日 (月)

WEC第3戦シルバーストーン6時間レースの結果につきまして (トヨタ)

2018年8月20日(月)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

8月18日(土)から19日(日)にかけて行われましたWEC第3戦シルバーストーン6時間レースにおいて、1-2フィニッシュを果たしたTOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDについて、決勝レース後の車検で失格という裁定が為されました。

同レースでは、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソがドライブしたTS050 HYBRID 8号車が1位、小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスがドライブした7号車が2位でチェッカーフラッグを受けました。

しかしながら両車共に、今回のサーキット改修で新たに設けられた縁石を乗り越えた時に発生したと考えられる衝撃により、車体前方下部にダメージを負っていました。結果、レース後の車検の車体剛性検査で不適合と判定され、2台共に失格となりました。

当該の車両部品は2017年初めより使用を開始し、直近では今年の開幕戦のスパで同様の検査に合格しています。
我々は、今後、この判定に対する対応を検討してまいります。

トヨタモータースポーツニュース

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.3シルバーストーン 1-2フィニッシュのトヨタが失格に

8月19日イギリス、シルバーストーンで行われた世界耐久選手権第3戦で、1-2フィニッシュを飾ったトヨタTS050 HYBRID 2台がレース後の車検により車両規定違反とされ失格となった。失格の理由は、トヨタ2台のマシンフロアのスキッドブロックの規定違反とされている。

これにより総合優勝は、LMP1クラスのNo.のレベリオンR13のものとなったが、レース結果は暫定となっている。

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.3シルバーストーン レース結果

No.8 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3シルバーストーン レース結果"

| | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing 2台のTS050 HYBRIDが最前列から決勝レースをスタート

18wec_rd3_q_12018年8月19日(日)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

2018-19年スーパーシーズン WEC第3戦シルバーストーン6時間 予選
8月18日(土)、FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦シルバーストーン6時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO RacingはTS050 HYBRID 7号車がポールポジションを獲得。8号車が2番手グリッドで続き、前戦ル・マン24時間レースに続いて2台のTS050 HYBRIDが最前列に並んで決勝レースのスタートを切ることとなりました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習3回目 : 4番手 (1分40秒033), 28周
公式予選 : 1番手 (平均1分36秒895)

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
公式練習3回目 : 1番手 (1分37秒677), 31周
公式予選 : 2番手 (平均1分37秒306)

今季、第2戦のル・マン24時間レースも含む開幕からの2戦共に、TOYOTA GAZOO Racingはポール・トゥ・ウィンを飾り、チーム、ドライバーの両選手権においても首位につけています。第3戦シルバーストーン6時間レースの予選でもこの勢いは止まらず、チームは前戦ル・マンに続き、2台で最前列グリッドを占めて決勝レースをスタートします。

小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスが駆るTS050 HYBRID 7号車は、2人のドライバーによる平均でトップタイムをマーク。現在ドライバーズ選手権における首位の中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの3名による8号車は、7号車に0.411秒差の2番手となりました。

7号車と8号車、チームメイト同士の予選での争いは、序盤、非常に僅差で始まりました。最初にアタックを担当した8号車のアロンソは、昨年のポールポジションタイムを上回るラップタイムをマーク。7号車のコンウェイは最初のアタックラップでタイムをロスしましたが、その後もアタックを続け、アロンソのタイムを0.02秒上回りました。

その後、ドライバーがロペスと中嶋へと交代し、ポールポジション争いが続きましたが、中嶋の最初のアタックラップは、途中で4輪全部がコース外に出たとしてタイム抹消。その後、中嶋はタイヤの摩耗に見舞われながらもアタックを継続しましたが、最初のアタックラップを上回ることは出来ず、2人の平均タイムで、7号車に続く2番手でレースを迎えることになりました。

ポールポジションを獲得した7号車のドライバーとチームは1ポイントを獲得。しかし、チームの目標は、2台で最大のポイントを獲得することであり、そのためにも日曜日の決勝では、開幕から3戦連続となる1-2フィニッシュを目指します。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "WEC:TOYOTA GAZOO Racing 2台のTS050 HYBRIDが最前列から決勝レースをスタート "

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.3シルバーストーン 予選結果

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.3シルバーストーン 予選結果"

| | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

TOYOTA GAZOO Racing、悲願のル・マン初制覇! 中嶋/ブエミ/アロンソ組TS050 HYBRID 8号車が1位、小林/コンウェイ/ロペス組7号車が2位で1-2フィニッシュ (トヨタ)

(C)Toyota Motorsports 拡大します

2018年6月17日(日)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
2018-19年スーパーシーズン WEC第2戦ル・マン24時間 決勝

FIA世界耐久選手権(WEC)2018-19スーパーシーズン第2戦 第86回ル・マン24時間レースは6月17日(日)午後3時ゴールを迎え、トヨタに悲願のル・マン初勝利が訪れました。TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)が優勝。2位にもTS050 HYBRID 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)が入り、TOYOTA GAZOO Racingは最前列スタートから一度もトップ2を譲らない完璧なレース運びで、ル・マン24時間レース完全制覇を果たしました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
最終結果 : 2位、 386周(トップと2周差)

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
最終結果 : 1位、 388周

TS050 HYBRID 8号車はポールポジションからスタートを切り、全388周を走破してトップチェッカー。ポール・トゥ・ウインでル・マン24時間レースを制覇する快挙を果たしました。8号車の3人のドライバーは、WECのシリーズランキングでも、更にリードを広げることとなりました。

7号車もレースでは度々トップを快走し、2位表彰台を獲得。サルト・サーキットに集まった256,900人のモータースポーツファンの皆様の前で、TOYOTA GAZOO Racingは完璧な勝利を飾りました。

トヨタからはこれまでに、延べ47台のレース車両がル・マン24時間レースに参戦。6度の表彰台を獲得してきましたが、勝利には至っていませんでした。通算20回目の挑戦となった今大会での勝利により、トヨタは日本メーカーとして2社目の、ル・マン24時間レース勝利を達成。また、中嶋一貴の勝利は、ル・マン史上初めての、日本人ドライバーと日本の自動車メーカーによる総合優勝となりました。

今日の圧勝は、トヨタ自動車東富士研究所とドイツ・ケルン市にベースを置くTMGの関係者の弛まぬ努力と熱意の集大成によるものとも言えます。スタッフの絶え間ないハイブリッド電動技術の開発によって2012年の参戦時に対して35%もの燃料消費減を実現しながらも、TS050 HYBRIDを勝利に導きました。

2台のTS050 HYBRIDは序盤から互いに順位を入れ替えながら通算5,286kmを走破する中で首位争いのドラマを繰り広げました。

8号車は速度規制区間での速度違反でストップ&ゴーペナルティを受け一旦は7号車との差が広がりましたが、深夜走行時、アロンソが猛烈な追い上げを見せ、再び7号車と8号車の首位争いが繰り広げられることとなりました。

レース終盤まで8号車と7号車は僅差の同一周回で首位を争っていましたが、終盤、7号車は燃料使用量の上限超過違反により後退。最終的に8号車の中嶋一貴が、2位の7号車に2周差、3位には12周差をつけて、彼自身にとっても念願のル・マンでのトップチェッカーを受けました。

WECの次戦となる第3戦シルバーストーン6時間レースは、9週間後の8月17日から19日にかけて行われます。TOYOTA GAZOO Racingは、ル・マン初勝利の勢いに乗り、次戦でも勝利を目指します。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "TOYOTA GAZOO Racing、悲願のル・マン初制覇! 中嶋/ブエミ/アロンソ組TS050 HYBRID 8号車が1位、小林/コンウェイ/ロペス組7号車が2位で1-2フィニッシュ (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

WEC:Rd.2ルマン レース結果 (暫定)

No.8 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.2ルマン レース結果 (暫定)"

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.2ルマン 20時間途中経過

5b2614e3080a5 (C)WEC

続きを読む "WEC:Rd.2ルマン 20時間途中経過"

| | トラックバック (0)

WEC: 朝を迎えたル・マンでTS050 HYBRID同士の首位争い展開

18wec_rd2_race_18h_1_2

2018年617日(日)

 トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
 2018-19年スーパーシーズン WEC2戦ル・マン24時間 決勝 18時間経過

ル・マン24時間レースは4分の318時間を経過しました。TOYOTA GAZOO Racing2台のTS050 HYBRIDは、またも低速走行区間での速度違反ペナルティを取られることとなりましたが、それ以外には大きなトラブルも無く、「夜のル・マン」を無事走り抜き、朝を迎えました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):

18時間経過時順位 : 2 (トップと41174), 296

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):

18時間経過時順位 : 1, 296

ル・マン24時間レースも、鬼門とされる夜の戦いを終え、朝を迎えました。空には雲が立ちこめ、かなり肌寒いコンディションの朝ですが、夜を徹して走り続けてきたレースカーは、長い戦いの証とも言うべき汚れを身にまといながら、疲労がピークに達するこの時間帯をメカニック、エンジニア、ドライバーが一丸となって戦い続けています。

TOYOTA GAZOO RacingTS050 8号車は、深夜フェルナンド・アロンソの猛烈な追い上げで約215秒あった7号車との差を約40秒まで縮めると、引き継いだ中嶋一貴が夜明け頃に7号車の小林可夢偉をパスし、首位に浮上しました。8号車はその後、中嶋からセバスチャン・ブエミに交代すると約40秒の差を広げトップを快走しています。その間、2台揃って低速走行区間での速度違反ペナルティを科されましたが、後続との差は10周と大きく引き離しており、引き続き盤石の12体制で終盤戦へと突入します。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "WEC: 朝を迎えたル・マンでTS050 HYBRID同士の首位争い展開 "

| | トラックバック (0)

WWEC:Rd.2ルマン17時間目途中経過

Tgr_0002 (C)Toyota Motorsports

続きを読む "WWEC:Rd.2ルマン17時間目途中経過"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

24hours | A1GP | ALMS | BTCC | CCWS | DTM | F3 | FIA-GT | FRE | GP2 | GPM | Grand-Am | GT3 | IRL | LM24 | LMES | NASCAR | Special | WSR | WTCC