2019年3月17日 (日)

TS050 HYBRID 8号車が今季3勝目、チームは今季5度目の1-2フィニッシュを飾る

19wec_rd6_race_12019年3月16日(土)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
WEC2018-2019年スーパーシーズン第6戦 セブリング1000マイルレース 決勝


3月15日(金)、FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズン第6戦、セブリング1000マイルレースの決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDがシーズン5度目となる1-2フィニッシュを果たしました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
決勝: 2位、 252周、ピットストップ 13回、スターティンググリッド:2番手、最速ラップ(1分41秒800)

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
決勝: 1位、 253周、ピットストップ 13回、スターティンググリッド:1番手、最速ラップ(1分42秒360)

中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの3名が駆るTS050 HYBRID 8号車が、フロリダの熱狂的なモータースポーツファンの見守る中、8時間で終わることとなったレースのチェッカーフラッグを先頭で受けました。今シーズンの3勝目を挙げると共に、ドライバーズタイトル争いでのリードを15点へと拡げました。

小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの7号車はレース中盤、接触による修復を強いられましたが、8号車に続く2位でフィニッシュ。チームに取っては今シーズン5度目となる1-2フィニッシュを達成しました。小林はレース中、1分41秒800の最速ラップタイムをマークし、前日、フェルナンド・アロンソが予選でマークしたコースレコードに続き、新たにセブリングでの歴史に名を残すこととなりました。

チームに取って初めてとなるセブリングでのレースは、強い日差しと、28度というやや暑い気温の下で開始されました。ポールポジションの8号車はブエミがステアリングを握り、序盤からレースをリード。これを2番手につけたロペスの7号車が追い、プレッシャーをかけ続けました。

その展開のまま2時間を迎えようかというあたりで降雨があり、SMPの17号車が激しくクラッシュ。フルコースイエローに続き、破損したタイヤバリアの修復のために、セーフティカーが導入されました。これで一旦レースは仕切り直しとなりましたが、15分ほどのセーフティカーランを経ての再開後は、7号車の小林が8号車のアロンソを僅差で追う展開に。

近郊で強い雨が降り始めましたが、雨雲はコースを避けて路面はドライのまま。暗くなっていく中でもTS050 HYBRID同士によるバトルが続きました。レースが半分の距離を過ぎたとき、8号車の中嶋は数秒差で7号車のコンウェイを抑えての走行。3位のレベリオンには3周差がついていました。

しかし、4時間半を過ぎたところで、ロペスの駆る7号車がGTクラスの車両と軽く接触。この影響で7号車はエンジンカバー及び車両後部のボディパーツ交換を強いられ、4分間のタイムロス。7号車は首位の8号車から1周遅れとなり、2台のTS050 HYBRIDの首位争いはここで終わることとなりました。

これにより8号車は充分なマージンを持っての首位走行に。ブエミは難しいことで有名なセブリングのコース上での混雑を、大きなリスクを負うことなくかわしながら首位をキープ。7号車も諦めることなくハイペースでの周回を重ね、3位以下との差を更に広げていきました。

終盤の3時間、2台のTS050 HYBRIDは、ドライバーにも車両にも厳しいセブリングのコースで高い信頼性を示し、ノートラブルで周回を重ねていきました。しかし、レースが残り30分ほどとなったところで、コース上では雨が降り始め、最後の試練が待っていました。

チェッカーまであと僅かというところで、雨脚は強さを増していき、2台のTS050 HYBRIDは残り20分あたりで同時にピットインし、ウェットタイヤへと交換。しかし、コンディションは更に悪化し、チームは再度のピットインを決断。最後まで着実に走り切るべく、共にエクストリームウェットタイヤへと交換しコースへ復帰しました。

残り12分というところで、LMP2クラスの車両がクラッシュを喫し、セーフティカーが導入。その後も雨脚は弱まることなく、セーフティカー先導のまま、最後のステアリングを託された8号車の中嶋がトップでチェッカー。7号車のコンウェイがこれに続き、TOYOTA GAZOO Racingは1-2フィニッシュでセブリングのレースを制しました。

2018年から2019年にかけて戦われているWECのスーパーシーズンは残り2戦となりました。TOYOTA GAZOO Racingはチームポイントにおいて2位に53点差で5月4日(土)に決勝が行われるスパ・フランコルシャン6時間レースへ挑みます。チームはこのレースで、最終戦を
待たずしてのチーム選手権タイトル獲得を狙います。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "TS050 HYBRID 8号車が今季3勝目、チームは今季5度目の1-2フィニッシュを飾る "

| | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

TS050 HYBRID 8号車がコース記録更新でポールポジシン獲得

19wec_rd6_q_1_2

2019年3月15日(金)

トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company
WEC2018-2019年スーパーシーズン第6戦 セブリング1000マイルレース 予選
TOYOTA GAZOO Racing
TS050 HYBRID 8号車がコース記録更新でポールポジション獲得
FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズンの第6戦セブリング1000マイルレースの予選が現地時間3月14日(木)深夜に行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDが1,2番手タイムで最前列グリッドを独占しました。
TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習3回目 : 1番手 (1分41秒448), 27周
公式予選 : 2番手 (平均1分40秒803)
TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
公式練習3回目 : 2番手 (1分42秒101), 29周
公式予選 : 1番手 (平均1分40秒318)
TOYOTA GAZOO Racingは今大会も予選でトップ2を独占する速さを見せました。現在ポイントリーダーの中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの3名が駆るTS050 HYBRID 8号車は2人の平均タイム1分40秒318でポールポジションを獲得しました。
小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車は2人の平均タイムで8号車に0秒485差の2番手で、TOYOTA GAZOO Racingは決勝レースを最前列から2台が並んでスタートすることとなりました。
最初のアタックを担当したアロンソは、1分40秒124というタイムを叩き出し、セブリング・インターナショナル・レースウェイにおける予選での公式コースレコードを更新。アウディが2013年に記録したこれまでの記録を3秒762上回って見せました。明日15日(金)に行われる決勝レースでは、1950年代からトップクラスの耐久レースが行われてきたセブリングの現行レイアウトにおける、レース中のラップレコード更新にも期待がかかります。
予選は現地時間の午後10時過ぎに開始されました。壁が迫り、縁石も難しく、コース上の混雑も激しいことで有名な1周6.019kmのコースで、ドライバーにとってはコース上の空間を見出すだけでなく、暗いという更なるチャレンジが加わる中でのアタックとなりました。
3回の公式練習中2回にわたってトップタイムをマークした7号車でしたが、予選では2番手に甘んじることとなりました。最初に担当したコンウェイはアタックラップで充分なタイムをマークすることが出来ませんでした。代わって7号車に乗り込んだロペスは、1周目はコース上の混雑に阻まれ、2周目のアタックではミスによりコースオフしたため、時間ぎりぎりとなった最後のアタックを慎重に決め2位を確保しました。
8号車は大きな問題無くセッションをこなし、最初のアタックで最速タイムをマークしたアロンソは、セブリングの公式記録にその名を残すこととなりました。続いてステアリングを握った中嶋も、コース内での空間を上手く見出し、2人の平均タイムで8号車はポールポジションを獲得しました。
TOYOTA GAZOO Racingは最前列グリッドから1000マイル(約1600km)の長いレースに臨み、今季5度目となる1-2フィニッシュを達成して、現在29点差をつけている選手権でのリード拡大を目指します。
トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "TS050 HYBRID 8号車がコース記録更新でポールポジシン獲得 "

| | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

WEC:Rd.6セブリング1000mile 予選結果

No.8 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.6セブリング1000mile 予選結果"

| | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

WEC:2019-2020年WECカレンダー

■2019~2020年 FIA World Endurance Championship

(C)WEC 拡大します

Rd. Date Race Circuit Country
1 09月01日 Silverstone 4 Houres Silverstone GBR
2 10月06日 6 Hours of Fuji Fuji JPN
3 11月10日 4 Hours of Shanghai Shanghai CHN
4 12月14日 8 Houres of Bahrain Bahrain BRN
5 02月01日 6 Houres of Sao Paulo Sao Paulo BRA
6 03月??日 1000 Miles of Sebring Sebring USA*
7 05月02日 Total 6 Houres of Spa-Francorchamps Spa-Francorchamps BEL
8 06月13-14日 24 Houres of Le Mans Le Mans FRA
* To be confirmed

| | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

TOYOTA GAZOO Racing 雨中の上海で1-2フィニッシュ!TS050 HYBRID 7号車が2連勝

18wec_rd5_race_12018年11月18日(日)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

WEC2018-19スーパーシーズン第5戦 上海6時間レース 決勝
11月18日(日)中国・上海国際サーキットでFIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズン第5戦となる上海6時間の決勝レースが行われました。悪天候の中、赤旗やセーフティカー多発の荒れたレースとなりましたが、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車が勝利。8号車が2位で続き、2戦連続での1-2フィニッシュを果たしました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
決勝: 1位、 113周、ピットストップ 8回、スターティンググリッド:1番手、最速ラップ(2分01秒995)

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
決勝: 2位(トップと1秒419差)、 113周、ピットストップ 9回、スターティンググリッド:2番手、最速ラップ(2分01秒381)

前戦富士に続く2連勝を飾った7号車の小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスは、ドライバーズタイトル争いで首位を行く8号車との差を5ポイントへ縮めました。

中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの8号車は差を詰められたもののドライバーズランキング首位を堅守。また、チームは今季4度目の1-2フィニッシュを飾ったことで、チームランキングでもライバルチームとの差を28ポイントへと拡げました。

この日、オーストラリアで行われていたFIA世界ラリー選手権(WRC)最終戦で、TOYOTA GAZOO Racingはマニュファクチャラーズタイトルを獲得。スタート直後にその吉報を受けて臨んだ6時間レースは、変わりやすい天候による難コンディションでの厳しい戦いとなりました。

朝から降り続く雨により、レースは現地時間11時にセーフティカー先導で開始されましたが、それでもアクシデントが発生するほどの悪コンディションのため、まもなく赤旗が振られレースは中断。

スタートから1時間10分ほどが経過したところで、ややコンディションが回復したこともありレースは再開。グリーンフラッグが振られ本格戦が開始されると、首位を走っていたロペスの7号車が僅かにコースオフした隙を突き、ブエミの8号車が首位に浮上。まもなく再び悪化したコンディションに、レースはセーフティカーが導入され、2度目の赤旗が出されました。

2時間を経過してまもなく再度セーフティカー先導でレースが再開。2台のTS050 HYBRIDはここでピットインし、7号車は小林、8号車はアロンソへとドライバーチェンジ。ピット戦略の違いで一旦順位を落とすこととなりましたが、レースが折り返しを過ぎる頃には、アロンソは周回遅れのGTカーをかいくぐりながら、レベリオン1号車を猛追し首位を奪取。ピット作業でタイムをロスし4位へと後退していた7号車の小林も、ジェンソン・バトンが駆るSMP11号車とのバトルを制し、2位へと浮上しました。

残り2時間になろうかというタイミングで、ストレート上でのアクシデントにより更なるセーフティカー導入。小林は55周目に給油のためにピットイン。天候が更に悪化し、更なる赤旗でレースが途中終了してしまう可能性を考え、チームはピットタイミングをずらす作戦を採り、アロンソの8号車は1周後にピットへ。この結果、8号車は3位に後退、7号車との差は25秒に広がりましたが、アロンソはSMP11号車をパスし再びTS050 HYBRIDの1-2体制に。

その後はコースコンディションが徐々に良くなっていき、2台のTS050 HYBRIDは着実に後続との差を広げていきました。残り70分ほどになったところで2台はピットインし、7号車はコンウェイ、8号車は中嶋へと最後のドライバーチェンジ。中嶋はプッシュを続け首位7号車との差を縮めていくと共に、ファステストラップも記録しました。

終盤の30分ほどになると、再び天候が悪化。クラッシュによるセーフティカーが導入され、残り7分弱で再開されましたが、コンウェイの駆る7号車が1.419秒差で逃げ切り、今季2勝目。8号車が2位でチェッカーを受け、今季4度目の1-2フィニッシュ、を果たしました。

これで2018年のWECシリーズ戦は終了。長い冬のインターバルを経て、次戦は3月15日(金)に米国フロリダ州セブリングで1000マイル(約1600km)レースとして行われます。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "TOYOTA GAZOO Racing 雨中の上海で1-2フィニッシュ!TS050 HYBRID 7号車が2連勝 "

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.5上海 レース結果

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.5上海 レース結果"

| | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

WEC:TOYOTA GAZOO Racing 僅差の予選で2台のTS050 HYBRIDが最前列グリッド確保

18wec_rd5_q_12018年11月17日(土)
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

WEC2018-19スーパーシーズン第5戦 上海6時間レース 予選
11月17日(土)中国・上海国際サーキットでFIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズン第5戦となる上海6時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車がポールポジション、8号車が2番手で続き、僅差の争いとなった予選で最前列グリッドを確保しました。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習3回目 : 4番手 (1分45秒321), 27周
公式予選 : 1番手 (平均1分42秒931)

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
公式練習3回目 : 3番手 (1分45秒164), 26周
公式予選 : 2番手 (平均1分43秒159)

予選では、前戦富士の勝者である小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車が着実にタイムを更新していき、ポールポジションを獲得しました。

7号車に0.228秒差の2番手につけたのは、ドライバーズランキング首位につける中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの8号車。この予選では、ノン・ハイブリッド勢が速さを見せ、レベリオン1号車が8号車に僅か0.059秒差に迫りましたが、8号車は2番手グリッドを確保し、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは最前列に並んで決勝レースをスタートすることとなりました。

前日16日(金)は一日雨模様でしたが、この日は終日好天に恵まれ、午前中1時間にわたって行われた公式練習3回目が,予選へ向けてドライコンディションでのセッティングを詰めて行く唯一の機会となり、全てのチームにとって重要なセッションとなりました。

ル・マン以外のWECの予選は、2人のドライバーがアタックし、それぞれの最速タイムの平均で決定されます。午後2時半から開始されたLMPクラスの予選では、小林とアロンソがまずアタックを担当。翌日の決勝レースは雨が予想されているため、惜しげもなくそれぞれ新品のドライタイヤへと交換してコンウェイと中嶋へ交代し、2人目のアタックへ。

予選セッションが進んでいく間にも、コースコンディションはどんどん良くなっていき、それに伴ってラップタイムも向上。そのため、チームはいつもとは異なり、小林とアロンソに再度のアタックをさせることに。新しいタイヤと予選用のハイブリッド・パワー・セッティングでアタックした2台は更にタイムを更新しました。

ライバルもタイムを更新しましたが、この再アタックが効を奏し、7号車がポールポジションを獲得。TOYOTA GAZOO Racingは今季ここまでの5戦全てでポールポジション獲得を続けています。しかしながら、今大会はライバルの追撃も激しく、TOYOTA GAZOO Racingの2台を含むトップ4は1秒以内という僅差の争いとなりました。

小林可夢偉(7号車):
素晴らしいTS050 HYBRIDを仕上げてくれたチームに感謝します。午前中、コースの路面はとても汚れていたのですが、予選セッションの間に良くなりました。マイクが素晴らしいラップタイムをマークした後、私も再度アタックし、更にタイムを更新することが出来ました。自分のラップタイムには満足していますし、ポールポジションからスタートできるのは嬉しいですが、明日の決勝レースはタフなものになると予想しています。

マイク・コンウェイ(7号車):
またポールポジションを獲得出来て嬉しいです。僅差の戦いで、セッションが進むごとにタイムは塗り替えられ、新しいタイヤへと交換することで更にラップタイムを縮めていきました。我々はセッションを通してレベリオンやチームメイトの8号車よりも速いタイムを刻み続けることが出来ました。先頭からスタートが切れるのはいつでも良いものです。明日はこのポジションを守るべくベストを尽くします。

中嶋一貴(8号車):
7号車に対しては少しスピードが足りませんでしたが、予選ではベストを尽くしましたし、TS050 HYBRIDの出来には満足しています。驚くべきことはノン・ハイブリッド車が非常に速かったことです。我々は予選用のハイブリッド・パワー・セッティングで走りましたが、彼らはほぼ同じペースでした。それがなければ負けていたかもしれません。明日のレースでは適切なタイヤ選択を行い、ミス無く走ることに集中します。

フェルナンド・アロンソ(8号車):
予選を1-2で終えることが出来たのはチームに取って非常に良い結果です。ただノン・ハイブリッド車とは非常に接戦で、予選用のハイブリッド・パワー・セッティングに加えて、リードを保つため、走行のたびに新品タイヤを使いました。明日は雨が予想されるので、難しいレースになりそうです。

トヨタモータースポーツニュース

 

続きを読む "WEC:TOYOTA GAZOO Racing 僅差の予選で2台のTS050 HYBRIDが最前列グリッド確保 "

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.5上海 予選結果

No.7 Toyota TS050 HYBRID (C)Toyota Motorsports 拡大します

続きを読む "WEC:Rd.5上海 予選結果"

| | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

WEC:Rd.4富士6時間フォトギャラリー 2

(C)Katsuhiko Kobayashi 拡大します

| | トラックバック (0)

WEC:Rd.4富士6時間フォトギャラリー 1

(C)Katsuhiko Kobayashi 拡大します

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

24hours | A1GP | ALMS | BTCC | CCWS | DTM | F3 | FIA-GT | FRE | GP2 | GPM | Grand-Am | GT3 | IRL | LM24 | LMES | NASCAR | Special | WSR | WTCC