2017年7月19日 (水)

NASCAR:デニー・ハムリンが今季初勝利! エクスフィニティではカイル・ブッシュが完勝

2017年7月18日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第19戦ロードン
ニューハンプシャーで行われたNASCARカップ・シリーズでは、トヨタ勢が終始首位を争い、デニー・ハムリンが今季初勝利。エクスフィニティ・シリーズでも終盤独走となったカイル・ブッシュが今季3勝目を挙げた。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第19戦 Overton’s 301

開催日:7月16日

17nascar20_1今季初勝利を挙げたデニー・ハムリン 

 7月16日(日)、米国北東部ニューハンプシャー州ロードンのニューハンプシャー・モーター・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第19戦「Overton’s 301」が開催された。
 ニューハンプシャーは1990年開設と比較的新しいコース。最低2度、最大でも7度とバンク角が低いのが特徴の1マイルオーバルで、愛称は“マジック・マイル”。夏の大会に加え、“プレーオフ”の10戦にも含まれる重要なコースである。
 年2戦行われるこのコースで、トヨタ勢は過去7勝。デニー・ハムリンとカイル・ブッシュが1勝ずつ(それぞれトヨタ移籍以前にも1勝ずつ)、マット・ケンゼスが3勝を挙げている。トヨタ勢は今季ステージ勝利など速さは見せているものの、マーティン・トゥルーエクス・Jr.の3勝のみ。未勝利のカイル・ブッシュ、ハムリン、ケンゼスらの活躍に期待がかかった。

 16日(日)午後3時17分に1.058マイルオーバルを75周、75周、151周の3ステージ合計301周(318.46マイル:約510km)して競われる決勝レースがスタート。今季初のポールポジションからスタートを切ったトゥルーエクス・Jr.が首位を逃げ、その後方から3番手スタートのケンゼス、7番手スタートのカイル・ブッシュ、8番手スタートのハムリン、6番手スタートのエリック・ジョーンズらが続き12周目にはトヨタ勢がトップ4を占めることに。
 しかし、35周目に出されたコンペティション・コーション(主催者によって予定され出されるコーション)からの再スタート直後、7位走行中のエリック・ジョーンズのタイヤがバースト。エリック・ジョーンズは壁にクラッシュし、レースを終えることとなってしまった。
 再スタート後はトゥルーエクス・Jr.にカイル・ブッシュが2位で続き、その後方でケンゼスが激しい3位争いを展開。ステージ終盤の67周目にトラブル車両によりイエローコーションが出されるとカイル・ブッシュ、ハムリンらがピットへ向かうが、トゥルーエクス・Jr.を含む上位数台はコース上に残る選択。
 残り2周での再スタートもトゥルーエクス・Jr.が決め、トゥルーエクス・Jr.は一度も首位の座を譲ること無くステージ1を制覇。シリーズ最多となる14度目のステージウィンを飾った。同じくピットに向かわなかったケンゼスが2位。カイル・ブッシュが5位、ハムリンが9位に入った。
 ステージ2は、ステージ1終盤にピットに入った多くの車両がステージ間のコーションでピットインしなかったため、カイル・ブッシュが首位、ハムリンが3位で再スタート。
 ピットインしたトゥルーエクス・Jr.とケンゼスは24位、25位と後方からの再スタートを強いられたが、猛烈な追い上げを開始。途中、直前の車両がスピンするアクシデントに遭遇するも、間一髪でこれを避け、更に追い上げ。105周目には2台共にトップ10圏内に浮上した。
 首位のカイル・ブッシュは後続を大きく引き離し独走。最後には5秒近い大差をつけてステージ2を制した。その後方でのバトルを制したハムリンが2位。トゥルーエクス・Jr.、ケンゼスが6,7位で続いた。
 ステージ3前のコーションでは、カイル・ブッシュがピット作業で若干のタイムロス。これで首位に立ったハムリンは再スタート直後の3ワイドバトルを制したが、トゥルーエクス・Jr.も離されず僅差の首位争い。その後方にカイル・ブッシュが続き、“トヨタ カムリ”の1-2-3体勢に。
 173周目にトゥルーエクス・Jr.がハムリンをかわし首位へ。182周目にはカイル・ブッシュも2位へポジションアップ。
 ステージ3はイエローコーションの出ない展開となり、残り80周を切って、グリーンフラッグ下でのピットが始まるあたりで、後続に2秒以上の大差をつけて独走していたトゥルーエクス・Jr.がパンクに見舞われピットイン。しかしその後、他の車両もグリーンフラッグ下でのピットを行ったため、トゥルーエクス・Jr.は再び首位に復帰。逆に、カイル・ブッシュはピットロードで痛恨のスピード違反。17位へと大きく後退してしまった。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:デニー・ハムリンが今季初勝利! エクスフィニティではカイル・ブッシュが完勝 "

| | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー レース結果

デニー・ハムリン (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー レース結果"

| | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー 予選結果

カイル・ラーソン (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー 予選結果"

| | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

NASCAR:マーティン・トゥルーエクス・Jr.が今季3勝目! トヨタはケンタッキーの週末3カテゴリーを全制覇

2017年7月11日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第18戦ケンタッキー
ケンタッキーで3シリーズ全てが開催。カップ・シリーズではカイル・ブッシュとの首位争いから独走態勢となったマーティン・トゥルーエクス・Jr.が、最後の“オーバータイム”も制し今季3勝目を挙げた。エクスフィニティ・シリーズではカイル・ブッシュが今季2勝目。トラック・シリーズではクリストファー・ベルが今季3勝目を挙げ、トヨタは近郊に巨大な自社生産工場を持つケンタッキーで、3カテゴリー全制覇を果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第18戦 Quaker State 400
開催日:7月8日

17nascar19_1今季3勝目を挙げたマーティン・トゥルーエクス・Jr. 

 7月8日(土)、米国中東部ケンタッキー州スパルタのケンタッキー・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第18戦「Quaker State 400」が開催された。
 ケンタッキーにはトヨタにとって世界最大となるジョージタウン工場があり、市販車の“トヨタ カムリ”が生産されている。“トヨタ カムリ”にとってはホームとも言える地である。
 ケンタッキー・スピードウェイは2000年開設と比較的新しいコース。開設当初よりトラック・シリーズとエクスフィニティ・シリーズは行われてきたが、カップ・シリーズは2011年からの開催。以来6戦が行われてきたが、トヨタ勢はうち3勝。カイル・ブッシュが2勝、マット・ケンゼスが1勝を挙げている。今季トヨタ勢はステージでの勝利は挙げているものの、レースではマーティン・トゥルーエクス・Jr.の2勝のみ。カイル・ブッシュ、ケンゼスらの初勝利に期待がかかった。

 7日(金)に行われた予選は、本来3ラウンドでのノックアウト方式だが、終盤雷雨に見舞われたために2ラウンドで終了。そんな中、昨年末に路面再舗装がされた影響もあったか、カイル・ブッシュがこれまでのコースレコードを上回る好タイムで今季3度目のポールポジションを獲得。トゥルーエクス・Jr.が僅差の2番手、3番手にケンゼスが続いた。デニー・ハムリンが5番手、ルーキーのダニエル・スアレツが9番手につけ、トヨタ勢は上位グリッドを占めて決勝へと臨んだ。

 7日(金)のナイトレースとして予定されていたエクスフィニティ戦が悪天候のため8日(日)の昼間に順延されたことで、カップ戦との両レースに出場するカイル・ブッシュ、エリック・ジョーンズらは、300マイルレースを終えた同日に、ダブルヘッダーでカップ戦に出場することに。カイル・ブッシュはこのエクスフィニティ戦をポール・トゥ・ウィンで制し、エリック・ジョーンズも首位を争って3位と、勢いに乗ってカップ戦に臨むこととなった。
 8日(土)午後7時50分、1.5マイルオーバルを80周、80周、107周の3ステージ合計267周(400.5マイル:約640km)して競われる決勝レースがスタート。ポールのカイル・ブッシュが序盤首位を逃げるが、2番手スタートのトゥルーエクス・Jr.も離されることなく、ステージ終盤の67周目にカイル・ブッシュから首位を奪うと、ステージ1を制覇。カイル・ブッシュが2位、ケンゼスが6位、ハムリン7位、エリック・ジョーンズが8位に入った。
 ステージ2は再スタートで首位に立ったカイル・ブッシュが40周以上に渡って首位を快走。その後方でトゥルーエクス・Jr.とケンゼスが2位を争ったが、このバトルを制したトゥルーエクス・Jr.は再びカイル・ブッシュを攻め、2台が抜け出しての首位争いに。
 トゥルーエクス・Jr.は133周目にカイル・ブッシュをかわし、ステージ2も制覇。カイル・ブッシュはステージ2までの160周中112周で首位を走行しながら、両ステージ共に2位。ステージ2はケンゼスが3位、エリック・ジョーンズが5位、ハムリンが8位に入った。
 このステージ中に、トゥルーエクス・Jr.は今季最初となる1000リードラップ(首位走行)を達成した。
 ステージ3は全くイエローコーションの出ない展開に。ステージの再スタート直後こそピット戦略で他の車両が首位に立ったが、7番手スタートのトゥルーエクス・Jr.が一気に順位を上げ、4周後の170周目に首位を奪還。その後は後続との差をどんどん広げていき、200周目には10秒以上に。
 イエローコーションが出なかったため、残り50周を切ったあたりからグリーンフラッグ下で各車ピットイン。ここで一旦首位は譲ったものの、全車がピットを終えるとトゥルーエクス・Jr.が首位に復帰。11秒差の2位にカイル・ブッシュが続いた。
 その後もトゥルーエクス・Jr.の独走は続き、249周目には10位を走行していたケンゼスも周回遅れに。2位との差も15秒まで開き、このまま圧勝かと思われた残り3周、他車のエンジンブローによって、まさかのイエローコーション。15秒もの大差は帳消しとなり、レースは延長、最後の2周の“オーバータイム”で決されることとなった。
 このコーションで、首位のトゥルーエクス・Jr.はピットに入らない判断をしたが、後方勢は一斉にピットへ。トゥルーエクス・Jr.は40周も走行したタイヤのハンデを背負って再スタートに臨むこととなった。
 再スタートではトゥルーエクス・Jr.が好ダッシュを決め、その後方でカイル・ブッシュ、ハムリン、エリック・ジョーンズらがバトルを展開。しかし、ファイナルラップに入った直後、周回遅れながら10位につけていたケンゼスがスピン。その直後12位のスアレツが巻き込まれ、多重クラッシュとなった。レースはイエローコーションが出され、そこで順位凍結。トゥルーエクス・Jr.が逃げ切り、全ステージ制覇での今季3勝目を挙げた。
 ハムリンが4位、カイル・ブッシュが5位、エリック・ジョーンズが6位に入った。今レースの全274周中、トゥルーエクス・Jr.が最多の152周、カイル・ブッシュが112周で首位を走行。トヨタ以外の車両が首位を走ったのは僅か10周という、“トヨタ カムリ”の強さを見せたレースとなった。

 次戦第19戦は7月16日(日)、米国北東部ニューハンプシャー州ロードンのニューハンプシャー・モーター・スピードウェイで行われる。

ドライバー マーティン・トゥルーエクス・Jr.:
「(独走していた)後半戦は常にコーション発生を恐れていた。あと30周、20周、10周、とカウントダウンしていって、残り僅かな周回数でのコーション発生だった。“オーバータイム”でのコーションラップ中、自分を除いて後続が全員ピットへ向かったときは、正直なところ終わったと思ったが、幸運にもリスタートで後続を押さえて勝つことが出来た。信じられない。昨年も同じように優勝を狙ったが燃費戦で届かなかったので、雪辱を果たせた。ここで勝てて最高の気分だ」 

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:マーティン・トゥルーエクス・Jr.が今季3勝目! トヨタはケンタッキーの週末3カテゴリーを全制覇 "

| | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

NASCAR:Rd.18ケンタッキー レース結果

マーチントゥルックスJr. (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.18ケンタッキー レース結果"

| | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

NASCAR:Rd.18ケンタッキー 予選結果

カイル・ブッシュ (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.18ケンタッキー 予選結果"

| | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

NASCAR:多重クラッシュ続発の荒れたレースで、ルーキーのエリック・ジョーンズが9位

2017年7月4日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第17戦デイトナ

NASCARはデイトナで今季2度目の開催。リストリクタープレートレースならではの超接近戦で“ビッグ・ワン”と呼ばれる多重クラッシュが多発し、トヨタ勢は上位を争ったもののルーキーのエリック・ジョーンズによる9位が最上位フィニッシュとなった。雨天順延によりカップ・シリーズの直前に行われたエクスフィニティ・シリーズも終盤の“ビッグ・ワン”で波乱。ダコダ・アームストロングが自己最高となる3位でフィニッシュした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第17戦 Coke Zero 400

開催日:7月1日

17nascar18_1トヨタ勢最上位の9位フィニッシュを果たしたエリック・ジョーンズ(#77)

 7月1日(土)、米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第17戦「Coke Zero 400」が開催された。
 NASCAR最大のイベントである開幕戦「Daytona 500」が行われるデイトナではカップ・シリーズ戦は年2戦行われる。開幕戦に続く2度目の開催は、アメリカの独立記念日に最も近い土曜日のナイトレースとして、開幕戦より短い400マイル(約640km)で実施。
 1周2.5マイル(約4km)と長いデイトナでは、タラデガと共にリストリクター・プレートと呼ばれる吸気量を制限する部品を装着し、最高出力を制限する。それでも最高速は300km/hを軽く越えるが、複数台が縦に連なって空気抵抗を低減する“ドラフティング”というテクニックが用いられる。このため、何十台もの車両が2列、3列で縦に連なったまま300km/h以上のハイスピードで走行することとなり、僅かな乱れから多くの車両を巻き込む多重クラッシュ“ビッグ・ワン”が発生することも多い。この“ビッグ・ワン”を避けながら上位を維持し、ファイナルラップに勝負を賭けるという非常に厳しいレースでもある。

 1日(土)午後7時59分、2.5マイルスーパースピードウェイを40周、40周、80周の3ステージ合計160周(400マイル)して競われる決勝レースがスタート。トヨタ勢は13番手のマット・ケンゼスを先頭に、序盤は中団グループを走行。ケンゼスがステージ1を9位で終えた。
 ステージ1終盤にピットインしたデニー・ハムリンとエリック・ジョーンズはステージ2を1-2位で再スタート。これに好調なケンゼスが続き、“トヨタ カムリ”がトップを争う展開に。序盤、ハンドリングに苦しむも調整が効を奏したカイル・ブッシュもこの上位争いに加わったが、他車に接触された際、フェンダーが変形しタイヤに当たったため、71周目にタイヤバーストしスピン。このスピンをきっかけに後続が次々と巻き込まれる“ビッグ・ワン”が発生し、これにマーティン・トゥルーエクス・Jr.も巻き込まれてしまった。
 カイル・ブッシュは車体にダメージを負うも、ピットクルーの懸命な作業により規定の5分以内に2周遅れながらもコース復帰。トゥルーエクス・Jr.はダメージが大きく、リタイアとなった。
 ステージ2は最後まで首位を争ったケンゼスが制し、自身2度目のステージウィン。ハムリンが2位となった。
 ステージ3は、ピットタイミングをずらしたルーキーのダニエル・スアレツが3位で再スタートを切ると、92周目には首位浮上。ケンゼスがこれに続き“トヨタ カムリ”の1-2体勢に。
 ステージ3の序盤は、数周毎にアクシデントが発生する荒れた展開となった。順位も目まぐるしく入れ替わる中、2周遅れとなっていたカイル・ブッシュは2回連続の“ラッキー・ドッグ”(イエローコーション発生時の周回遅れ最上位が1周取り戻せる救済措置)を獲得し、首位と同一周回に復帰した。
 僅かなポジション取りのミスで大きく順位が入れ替わるスーパースピードウェイのレースで、3ワイドでの激しいポジション争いが繰り広げられる中、ステージ3の中盤戦はケンゼス、スアレツ、ハムリン、エリック・ジョーンズの4台がトップ10をキープ。終盤へ向けて好ポジションでの走行を続けた。
 しかし、153周目、残り8周というところで首位争いの車両が接触し、激しくクラッシュ。5位走行から中団に順位を落としていたケンゼスは、この混乱を避けきれず、惜しくもレースを終えることになってしまった。
 6台が巻き込まれたこの“ビッグ・ワン”によりレースは赤旗中断。再開後、エリック・ジョーンズが7位、ハムリンが9位で残り3周での再スタート。しかし再スタート直後、3ワイドでの接近戦の中で、イン側のエリック・ジョーンズが中央列の車両に接触され、スピン。その直後にいたハムリンもバランスを崩した車両に接触され、スピンを喫することに。
 エリック・ジョーンズの車両ダメージは小さかったため、ピットに戻ってすぐコースへと復帰したが、ハムリンの車両はダメージが大きく、ここで戦線離脱となった。
 レースは延長され、最後の2周の“オーバータイム”に。首位と同一周回ほぼ最後列の20位で再スタートを切ったエリック・ジョーンズが、3ワイドバトルの中でみるみるうちにポジションをアップ。この日エクスフィニティとのダブルヘッダーで、合計1000km近くを走り切った21歳のエリック・ジョーンズが、トヨタ勢最上位の9位でチェッカーを受けた。

 次戦第18戦は7月8日(土)、米国中東部ケンタッキー州スパルタのケンタッキー・スピードウェイで行われる。

ドライバー エリック・ジョーンズ:
「浮き沈みの激しい夜だった。何度も上位に立ったが何度も後方にも下がった。全てが学習と挑戦のレースだった。スピンしたときは何が起こったか分からない。イン側に誰かがいたか、誰かがインに入ってきて、不運にもスピンしてしまったのだと思う。スーパースピードウェイでのトップ10フィニッシュは満足いく結果だ。この勢いで次戦に臨みたい」 

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:多重クラッシュ続発の荒れたレースで、ルーキーのエリック・ジョーンズが9位"

| | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

NASCAR:Rd.17デイトナ レース結果

リッキー・ステンハウスJr. (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.17デイトナ レース結果"

| | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

NASCAR:Rd.17デイトナ 予選結果

デール・アンハートJr. (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.17デイトナ 予選結果"

| | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

NASCR:今季初のロードコース戦でデニー・ハムリン4位、カイル・ブッシュが5位フィニッシュ (トヨタ)

2017年6月26日
トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第16戦ソノマ
今季初のロードコース、ソノマでカップ戦が開催され、“トヨタ カムリ”勢は首位を争ったが惜しくもデニー・ハムリンが4位、カイル・ブッシュが5位フィニッシュ。アイオワで行われたエクスフィニティ・シリーズでは、スポット参戦、シリーズデビュー2戦目のクリストファー・ベルがレースの大半を支配したが、終盤痛恨のクラッシュ。同じアイオワで行われたトラック・シリーズでもベルが首位を争ったが、終盤のピットトラブルでタイムロス。“トヨタ タンドラ”は4台がトップ10フィニッシュを果たした。 

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第16戦 Toyota / Save Mart 350

開催日:6月25日

17nascar17_1首位を争い、4位、5位でフィニッシュしたデニー・ハムリン(#11:右)とカイル・ブッシュ(#18:左) 

 6月25日(日)、米国西部カリフォルニア州ソノマのロードコース、ソノマ・レースウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第16戦「Toyota / Save Mart 350」が開催された。
 オーバルコースでのレースが主体のNASCARではあるが、年間数戦ロードコース戦も行われる。カップ・シリーズでは年2戦実施されているが、今大会は今季初のロードコース戦として、ワインで有名なナパ・バレーに近いソノマ・レースウェイが舞台。丘陵地帯に位置する、アップダウンの激しいコースである。
 トヨタ勢ではロードコースも得意とするカイル・ブッシュが2008年と2015年に勝利。マーティン・トゥルーエクス・Jr.も2013年に勝利を飾っている。
 1周1.990マイル(約3.2km)のロードコースは、1周のラップタイムが80秒近くになるため、グリーンフラッグ中のピットインを行っても周回遅れになりにくい。そのため、各チーム様々なピット戦略が採られる。また、重いNASCAR車両でのロードコース戦のため、ヘアピンなどでの追い越しも数多く見られる。

 24日(土)に行われた予選では、トゥルーエクス・Jr.が3番手、カイル・ブッシュが4番手で2列目に並んだ。
 25日(日)午後0時22分、1.990マイルロードコースを25周、25周、60周の3ステージ合計110周(218.9マイル:約350km)して競われる決勝レースがスタート。
 マット・ケンゼスはエンジン交換を行ったため最後尾スタート。また、ルーキーで今大会がソノマでの初レースながら予選11番手につけたダニエル・スアレツは、2周目の最終コーナー進入でブレーキをロックさせタイヤにフラットスポットが出来てしまったために緊急ピットイン。ほぼ最後尾に落ちてしまった。
 3,4番手スタートのトゥルーエクス・Jr.とカイル・ブッシュは首位争いを展開。トゥルーエクス・Jr.は9周目、そして22周目にも首位に立つと、そのままステージ1を制覇。シリーズ最多となる11度目のステージ勝利を挙げた。14番手スタートのハムリンがステージ1は5位。
 最後尾から順位を上げてきたケンゼスはステージ1の終盤にピットインし、ステージ2を上位スタートする作戦に。カイル・ブッシュも同様の作戦を採ったが、ピットイン時に痛恨のスピード違反。大きく順位を落としてしまった。
 ステージ2序盤は、首位のトゥルーエクス・Jr.が逃げる後方で、ハムリンがサイド・バイ・サイドでの3位争いを展開。ステージ中盤にイエローコーションが出されると、ここでピット戦略が分かれ、大きく順位が入れ替わった。
 ステージ2はピット戦略を活かしたケンゼスが3位、ハムリンが4位。ステージ間のコーションでも順位の入れ替わりがあり、ステージ3はハムリンが首位で再スタート。7番手に順位を上げたカイル・ブッシュは接触しながらの激しいバトルで次々に前車をパスしていき、61周目にはハムリンをかわして首位浮上。67周目には追い上げてきたトゥルーエクス・Jr.が首位に立った。
 残り40周前後になると、給油すれば最後まで走り切れる周回ということもあり、各車グリーンフラッグ下でのピットイン開始。何台かがピットを引っ張る中、実質的な2位を走行していたトゥルーエクス・Jr.が痛恨のメカニカルトラブル。25周にわたり首位を走るなど上位争いを展開しながら、惜しくもここでレースを終えることとなってしまった。
 全車がピットを終えた時点で、ハムリンが2位。これを追う3位につけていたカイル・ブッシュは、残り17周というところでグリーンフラッグ下でのピットインを行い、給油と、新しいタイヤに交換して最後の追い上げを図ることに。
 新しいタイヤの優位性を活かし、カイル・ブッシュはじりじりとポジションをアップ。一方、燃料をセーブし、タイヤも厳しいハムリンはライバルの先行を許すことに。ファイナルラップにも1台にかわされたハムリンはそれでもトヨタ勢最上位の4位でチェッカー。終盤のグリーンフラッグピットで15位まで後退しながら猛烈な追い上げを見せたカイル・ブッシュは5位に入り、トヨタ勢は2台がトップ5フィニッシュを果たした。

 次戦第17戦は7月1日(土)、米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる。


ドライバー デニー・ハムリン:
「良いレースだった。我々の“トヨタ カムリ”は好調だったが、最後は優勝には届かなかった。我々はショートランで本当に速かったが、ロングランでやや速さが足りなかった。中盤戦は速さを見せられたし、ピット戦略も上手く行って多くの車両をパス出来た」 

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCR:今季初のロードコース戦でデニー・ハムリン4位、カイル・ブッシュが5位フィニッシュ (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

24hours | A1GP | ALMS | BTCC | CCWS | DTM | F3 | FIA-GT | FRE | GP2 | GPM | Grand-Am | GT3 | IRL | LM24 | LMES | NASCAR | Special | WSR | WTCC